ターゲット平謝り。

テーマ:

※【お知らせ】※


今回の記事をもって、アメブロ内での掲載は終了となります。

4/1以降の記事は「別れさせ屋のblog」は別れさせ屋HP内でご覧頂けます。

今後とも宜しくお願い致します。


新しい記事はコチラからどうぞ!→   別れさせ屋のblog


----------------------------------------------------------------



先日、一つ案件が終了しました。


男性ターゲットに向けて女性工作員が関係構築を二ヶ月ほど作り、その結果・・・修羅場となりました。


僕達が見たものは・・・彼女に平謝りするターゲットの土下座!!



自分の過ちを必死に謝罪している様子でした。


駅前だったので注目を浴びまくっていたのですが・・・・


ここまで必死になるターゲットを見られることは、本当に今までコツコツと心理をつくことができていたのだなと感慨深さすら感じました。


詳しく書くことはできないのですが、異性関係のトラブルでここまで来ました。


ちなみに彼の土下座は許されることはなく、別れさせ工作は無事に終わりました。


ターゲットの心理状況を本人に気付かれることなく誘導するのは確かに簡単ではありません。


途中、予想していない反応があったり、うまく会うことができなかったり、色々ともどかしく思うことも多々あります。


しかし依頼者様と一緒に乗り越えて、結果を出せたとき、色々な困難も含めて本当に良かったなと思うんですよね!



別れさせ屋のblog

【弊社監修の小説が始まりました!!】
記事を読むには↓ココをクリック!!

別れさせ屋のblog

目経験豊富な調査スタッフ、工作員がご質問やご相談にお答えします。お問い合わせはこちら
まで

注)文章・映像に関して依頼人様からの許可を得て掲載させていただいております。


AD

不自然さを嫌うワケ。

テーマ:



今日は先日行った初回アプローチの話をします。

これまで何度も調査を行ったのですが、そのうち2回困っている人を助けてあげるという様子を見ることができたものでした。(この回数もなかなか珍しいと思います。)

凄く優しくてお節介?という事が分かりました。

思っていても人を助けるってなかなか出来ないですよね。



此方からアプローチする事は簡単ですが敢えて相手から声を掛けさせられればより良いと判断し、この接触では対象者から声をかけさせる状況を作ることにしました。


おそらく「このターゲットだから通用する方法」だったと思います。


具体的な方法は伏せますが、ある状況を作った工作員がターゲットの隣の席へ…するとすぐにターゲットが「大丈夫?どうしたの?」と声を掛けてくれました。


心配したターゲットは、一緒に電車を降りてくれました。


別れさせ屋のblog


しっかりお礼を告げて別れたところで初回の印象付けは成功です!
次も電車内で会い、今回のお礼と今後の関係を作っていこうと思います。


今回はどちらかというと【待ち】の工作でした。

本当は工作員ががっつくよりも、ターゲットから声をかけてくれる状況が一番いいのですよね!

場所や状況やターゲットの性格も当然関わることですが、今後も可能な限り「不自然ではない」工作を行なっていきたいと思います。


結局工作で作られた出来事が結果的に「別れ」に繋がるわけですから、不自然なことをすればしただけ、結果に影響が出るものだと考えます。


より自然に。違和感を感じさせないこと。を優先して進めるのはゴールを見越しているからなんです。


【弊社監修の小説が始まりました!!】
記事を読むには↓ココをクリック!!

別れさせ屋のblog

目経験豊富な調査スタッフ、工作員がご質問やご相談にお答えします。お問い合わせはこちら
まで

注)文章・映像に関して依頼人様からの許可を得て掲載させていただいております。




AD

小技を駆使して

テーマ:

先日の工作の話です。

ターゲットは30代の男性なのですが、お酒が大好きで、底なしに強い!!


本当にざるのように飲む人です。
依頼者様からの情報でも、「とにかく酒が強くて大好き。タチが悪いのは、一緒に飲む人にも同じペース、同じ量を進めること。私もですが、周りの人間も何度と無く潰されました・・・工作員さんが心配です・・・」と仰っていました・・・


お酒の席というのは工作としてはとても設けやすく、気軽にOKもらえるような内容です。
ある程度仲良くなると、「じゃあ飲みに行こう」という流れは最も自然ですからね。


ただ、絶対的に工作員は酔うわけにもいかないですし、潰れるなんて言語道断です!
何を会話したのか覚えていないとなるのはもはや仕事ではなくなってしまいます。


でも断ると機嫌が悪くなるターゲットもいるわけで・・・


先日の工作員にも、「本当容赦なく飲まされるらしいから気をつけて!」と忠告していました。


当初の予定では2~3時間も飲めば、聞きたい事も聞けるだろうし、翌日も仕事なので終電前に帰るだろうと予想していたのですが・・・


3時間過ぎても、4時間過ぎても一向に出てくる気配がありません・・・やがて終電も無くなり、調査員側は正直冷や冷やしていました。


飲み屋の閉店時間も迫ってきた午前3時過ぎ、対象者と工作員が出てきました!
対象者はほろ酔い?少し千鳥足です。
工作員も酔っているように・・・見える!





対象者をタクシーに乗せ見送った工作員と合流すると、驚いたことに全く酔っていませんでした!


どれだけ強いのか聞いてみると・・・工作員は対象者には絶対バレない方法でお酒は全く飲んでおらず、飲んだように演技していたそうです!!


キャバクラで勤める友人に、方法を伝授してもらっていたようです・・・
食事しながらの席であれば、絶対にバレずにお酒を飲んでいるように見せられるらしい。


ちなみにこの方法は依頼者様にも教えてあげました。
ターゲットと飲みに行く際、もしよければ使って下さい。と。



本当に色んなところで色んな技を使いながら、工作って行なっているんですよ!


もちろん対象者の一言一句を鮮明に報告受けて、今回の工作は無事終了しました。



別れさせ屋のblog


【弊社監修の小説が始まりました!!】
記事を読むには↓ココをクリック!!

別れさせ屋のblog

目経験豊富な調査スタッフ、工作員がご質問やご相談にお答えします。お問い合わせはこちら
まで

注)文章・映像に関して依頼人様からの許可を得て掲載させていただいております。

AD

男性ターゲットへの工作

テーマ:
こんにちわ!

別れさせ工作では色々な接触方法がありますが、男性のターゲットにあえて同性で接触させるケースも多々あるのです叫び

多くの方が男性ターゲットには異性を接触させ恋愛関係を構築というイメージをされていると思いますが、そんな訳ではありません!!男性ターゲットと友人関係を構築したうえで、異性を接触させるという方法を取る事も最近は増えいると思いますグッド!

草食系男子が増えたから!?という理由もあるかもしれませんが、そういった理由だけでなくターゲットによっては同性同士の方がキッカケから、関係構築までスムーズな場合もあるんです。

もしかしたら、男性が女性的になっているのかもしれませんね(笑)

男性は仕事の話が殆どあまりプライベートを話さないイメージを持っていましたが、最近では自身のプライベートに纏わる話をよくするような気がします。無論、趣味の話なども多くなりますが、趣味の話をキッカケにして、プライベートな話をしてくるような気がしていますにひひ

基本、男性ターゲットの方が臆病でシャイなのかもしれません(笑)

ただ、男性が本当に仲良くなっていくにはどうしてもお酒は必要かもしれません!お酒を飲んで腹を割って自身の気持ちをぶつけることで関係構築はスムーズに行きます。女性が相手ですとどうしても男性は格好つけますし、本心をぶつけ難いのかもしれませんねにひひ

男はシラフではなかなか自身を出せない・・・本当に女性よりも駄目ですね。。。

男性同士・・・何を話してるんでしょうかね(笑)ただ、男同士の話は下ネタはあまりありませんし、仲良くなる過程ではかなり深い話をするので関係構築にはもってこいです。

ダイレクトに異性からの接触でも問題ないのでしょうが、あえて同性を入れることによって工作に抑揚つけることもできますし、ターゲットとの信頼関係もかなり強固なものになります!!

【弊社監修の小説が始まりました!!】
記事を読むには↓ココをクリック!!
$別れさせ屋のblog

経験豊富な調査スタッフ、工作員がご質問やご相談にお答えします。お問い合わせはこちら まで。

注)文章関して相談者様からの許可を得て掲載させていただいております。




相談窓口 美音より⑯

テーマ:

こんにちはニコニコ


相談窓口 美音です音譜


今日は別れさせたいというご相談です。



【ケース16】

相談者:K様

相談内容:K様の婚約者と元彼女との別れさせ



婚約をした男性とその元彼女が頻繁に会っている事がわかり、この2人をきちんと別れさせたいというご相談でした。

K様と婚約者の男性とは婚活パーティで知り合い、お互いの両親にも結婚を前提として交際を認めてもらっている状態との事。


交際は順調だったようですが、携帯を盗み見した際に頻繁にメールや電話をしている女性がいる事がわかり、その後も何度かメールチェックを繰り返したそうです。

メールの文面から相手女性は元彼女だそうで、この女性の話は交際当初に聞いた事があり、長い付き合いだったが、結婚感や金銭感覚の違いから別れに至っているとの事だったそうです。


その女性と現状も付き合いが続いており、女性はK様の存在も知りながら彼にアプローチを続け、彼も完全に付き合いを止める事が出来ない状態のようだとの事。


メールの内容から腐れ縁のような付き合いらしいが、結婚をする相手にいつまでもそのような相手と繋がっていて欲しくないという事でした。

現状メールを見た事などは彼には伝えておらず、今後も言うつもりはないとの事。
それを告げた事で彼との関係性が悪くなる事は避けたい部分でもあり、元彼女とのメール内容から、彼の気持ちがK様にある事は確認出来るので、彼女からの誘いさえなくなれば良いとの事でした。

まず彼女の情報が全くない状況という事でしたので、彼から調査を行いターゲットとなる元彼女の特定をしなければならない事をお伝えしました。


彼の携帯メールからターゲットと会う日が特定出来れば、特定調査は短時間で済む事も合せてお伝えしましたが、無理はなさらないようにともお伝えしました。
K様の携帯チェックが彼にバレてしまっては、K様がおっしゃるようにK様と彼との関係性にも問題が出てきてしまうので、その部分は十分注意して頂くようにお願いしました。

元彼女の特定が出来れば、その女性をターゲットとして調査、工作を進める事になり、まずは勤務先や自宅住所を判明させ、立ち寄り先や人間性なども見ていく事になる事をお話ししました。
この調査内容を基にプランを作成し、工作に入っていく事もお伝えしました。

工作内容の例として、ターゲットに女性工作員を接触させ友人関係を構築し、彼女の本音の部分を聴取し、どういう状況になれば連絡を取らないようになるのかを判明させる方法をお話ししました。
これを聞きだす事が出来れば、有効な工作が出来る事をお話しし、この本音聴取がかなり重要だという事もお話ししました。

男性工作員を彼女に接触させ、彼女の気持ちを工作員へ移していく工作も考えられるが、工作員はいずれフェードアウトするので、その後彼女がまた彼に連絡を取るような事になれば工作に意味が無くなってしまう事。
ただ単に寂しいからなのか、彼への未練なのか、そういった部分をきちんと把握し、どういった工作を行えば彼女が彼に連絡を取らなくなるのかを判断する事が重要だとお話ししました。

K様もメールを見る限り、元彼女の誘いがかなり強引で、彼が振り回されている様な感じはわかるものの、やはりこのまま見過ごす訳にはいかず、彼の気持ちがK様にきちんとあるうちになんとかしたいというお考えとの事でした。

メールチェックはかなり頻繁に疑われずに行えるそうで、彼女からの誘いは大抵週明けの月曜日や火曜日が多い事もわかっているとの事。
とりあえず面談で具体的な話を聞きたいとの事で、面談予約となりました。


K様の婚約者は、とても優しく頼まれたら断れないタイプの方のようでした。
元彼女の心理がどの様なものかは判断できませんが、別れに至った原因も浮気や嫌いになってという事ではないようですので、彼女側に未練があり、彼も嫌いではない元彼女に冷たく出来ないという状況が予想できます。

優しい男性=優柔不断といった事は良く聞かれる事ですが、優しいと優柔不断は対極のようでそうではないんですねあせる


優しいが故に人を傷つけてまう事もあります。
一番大切なものがなんなのかをきちんと考え行動する事が大事ですねビックリマーク



別れさせ屋のblog


 【弊社監修の小説が始まりました!!】

 小説を読むには↓ココをクリック!!

別れさせ屋のblog



目経験豊富な調査スタッフ、工作員がご質問やご相談にお答えします。

お問合せはこちら まで


注)文章・映像に関して依頼人様からの許可を得て掲載させていただいております。