うんどうかい

ムスメの幼稚園の運動会がありました。

二学期が始まってから、この日まで体操服で通園してたのは、毎日練習してたから。

幼稚園から帰っても、日焼けした顔で帰ってくるなり「お腹すいた~」とか、ポンポンをもってするダンスの練習をカワいく披露してくれたりとか、土や汚れのついた服と靴下から毎日どんなに一生懸命練習してたかわかります。

お風呂で「徒競走の練習で一番やった」と言ってたので、お父さんは、「幼稚園~小学校~中学校と11年間運動会で一番になったことなんてないよ。1位ってすごいことやね。」

なんて会話も交わしてました。

ムスメだけでなく、親も、いや親族みんながこの日を楽しみに快晴の中いそいそと出かけていきました。


まず親子競技から。

年中組女子7クラスの親子全員が一斉に参加してサーキット競争をするんだけど、なんと1位になりました!

ワタシ自身、一度も味わったことのない「運動会の競技で1位になる」ということが、忘れかけた時を経てこのような形で実現するなんて・・・。

なんと親孝行なムスメなんでしょ。


ヨ~イ!


つづいて、徒競走。

ハリきってるのか、緊張してるのか、紫帽子のムスメは直立不動です。

「用~意!ピーッッッ!!」

スタートダッシュに成功。

両横を見て、自分が1位で走ってるのを確認する余裕もあります。

と、その時漫画みたいにステーンと転んでしまいました。

大晦日のK-1曙のように、両手を広げたまま、そのまましばらく動けません。

泣き声が客席にも聞こえてきますが、「がんばれ~」という大きな拍手でかき消されました。

みんな応援してくれてます。

「1位になったら、どんなに喜んでくれる?」とか、言ってたけど、

普通に1位になってたより、断然目立ってよかったやん。

そう思うしかないです。


本人もかなりショックだったらしく、だいぶふさぎこんでました。

一人で三角座りして、悲劇のオーラを放ってます。

でも、まだ一番楽しみにして、がんばってきたポンポンダンスがあるのです。

なんとか気分を入れ替えて、スマイル満点のチア精神で踊ってほしいのだけどできるかな~。

ダンドリ


できました。

クラスの子や先生が、気にかけてくれたり、はげましてくれたりしたおかげで、

とっても楽しそうに、見てるこっちに元気をくれる素敵なちびっこチアたちのポンポンダンスでした。


楽しいうんどうかいでした。

幼稚園のこどもみんなが楽しそうでした。

幸せな時間が共有できた空間でした。

そういう環境づくりをしてくれた先生方、スタッフのみなさん、本当にありがとう。

この幼稚園に入って、ホントよかったです。



来年、年長さんは、クラス対抗のリレーです。

徒競走の悔しい思いを晴らす大チャンスです。

もうすでに彼女は「やるきまんまんウーマン」です!

(ハイー)!!


AD

コメント(8)