俺だって子供だ!

2
宮藤官九郎の週刊文春の連載コラム、「俺だって子供だ!~ 34才子育て苦行~」が面白い。

「子供が生まれてから、それ以前の記憶(結婚してから子供が生まれる前までの記憶)が飛んでいる」と言うのだが、

ホントにそうだ!

子供が生まれる前は、ふたりで毎日なに喋ってたっけ?

休みの日って、どう過ごしてたっけ?

子供が生まれてから月日の立つのは本当に早い!

そんで、中身が濃い!!
去年の今ごろ、幼稚園の面接行ってたのってついこないのように覚えてるぞ。

で、ショッピングセンター行ったらランドセルが置いてあって、来年の今ごろはこんなん買うようになるんか~。

え~もう小学生になんの?

と思うとおそろしいわ。

学校改革するなら、早くしてね~。






AD

季節外れ 第二章

渋い顔
2歳になろうかとする(正確には1歳と9ヶ月)わがお坊ちゃまは、 “魔の二歳児”と言われるとおりの事をしだして毎日たいへんです。

前にイヤイヤと、ちらかしがたいへんだと言ってましたが、そんなの全然マシやわ。


とりあえず、前にやったことは全てルーチンワークと化してますので、

外出から帰って家に入る前に、今日は時間があるし、暖かいしで、もうちょっと外で遊ばしたろかいなと、裏庭で少し遊ばせようもんなら、

次の雨の日でも、家に入る前は裏庭で遊んでからでないと気がすまない。

時間がなくて、早く家に入らなあかん時も然り。

結局いつも、強制抱っこになるんで、最初からそうしとけってことやな。


で、こっちはちょっとカワイイ二歳児なんだが、

ワタシが寝つかせを担当した日は、いつも風呂上りにすぐなんで、暑いからウチワで扇ぎながら寝てたのですが、

この寒くなった日も、坊やは、わざわざベッドから降りて、

「コレ、忘れてますけど?」

って、ウチワをとりに行ってくれます。

「今日は、寒いからウチワいらんよ」

と言って、元に戻してもまた降りて持ってくる。

扇げと言ってるわけではないので、そのへんに置いて寝ることにしました。

こんなんだけやったら、“魔の二歳児”も乗り越えられるんですが・・・。


あ~、しんど~。


AD

波岡一喜のCM

テーマ:

ライオン丸
最近ちょっと見入ってしまうCM があります。

ニッセイのCMで、作業着姿のチョイコワ兄ちゃんが、バスの中で立っている妊婦を見つけて席替わるやつ。

ほんで、バス停に着いたらヨメさんが迎えに来てて、そのヨメさんもお腹が大きいってオチの。

BGMエンニオ・モリコーネに、田口トモロヲナレーションで、谷川俊太郎の詩がかぶさって、最強です。


ヨメさんが妊婦の頃、あんまりお腹が目立たない人だったので困ったとグチっておりましたが、席替わってくれるのは意外と男の人が多かったと言ってんのを思い出しました。

妊婦予備軍の、若い女性は無関心だということにも憤ってました。

みんな、自分がそういう立場にならないとわからないんです。

ワタシもそうでしたが。

今は、もちろん席替わってますよ~。


このCMに出てる波岡一喜は、好感度が大暴落中の中村獅童枠を食いそう。

「パッチギ」で凶暴でありながら純朴な弟分を演じてました。

今は深夜のTVドラマ「ライオン丸G」で主演やってます。

AD

季節外れ

もうクリスマスプレゼントの下見に行ってるというのに、まだ暖かい!

なんでや~。

日が暮れると、そこそこ寒く感じるんだけどね~。

そんなだから、子供たちふたりとも風邪気味だよ~。

去年は、11月の終わりから、春先までず~っと風邪ひき家族だったので、注意しないと。


近くの公園に行くと、まだ蝶々がいっぱい飛んでる!

秋は、トンボ、バッタ、カマキリのはずなんだけどな~。

久しぶりに、虫取りをしました。

虫師

虫取り

ようけ取れましたよ~。