そろそろ卒乳かな?

ヨメさんの咳が止まらず、痛みや吐き気まで伴うので、病院で診てもらったら、急性気管支炎だって。

薬でなおるとのことですが、おっぱいを理由に薬を飲む事に逡巡してたけど、これを機会に赤ちゃんは卒乳することにしました。

名実ともに、“坊や”になります。


それまで、寝る時に落ち着くからとおっぱいをあげてたんですが、薬入りのおっぱいを飲ますわけにいかんから、もらえなくなった坊やは簡単には寝てくれません。

病気にはもちろん安静も大事なんですが・・・。


で、咳はマシになったんですが、今度は胃痛が伴いでして、今日また病院で診てもらったら、今度は急性胃炎だって。

薬を急に飲みだしたから、胃がびっくりしたみたい。

暑さもキツくなってきたし、なかなか治りそうにないな~~。

AD
アワード

今年で4回目の漫才コンクール番組でありながら、すっかり大注目の真夏の祭典!

「M-1」や他の漫才賞レースとの差別化のためにはかられた、参加資格のデビュー10年以内というのをとっぱらい、しかも昨年からは1000人の現役高校生が審査員という画期的な手法は、高校生に審査させたらビジュアル系漫才師とか有名漫才師が実力に関係なく勝って興ざめという不安は、1000人でやるということでならされる統計学に基づいた?か、あるいは全員が漫才師になりたいと一度は思ったことのある関西の高校生なのか、それはもう全くウラのないきっちりしたガチンコ審査でありました。

決勝戦は、12組が抽選により対戦相手を決め、1000人の審査でどっちが面白かったかを即座に決めるので100対900とかあって、芸人にとってはそれはそれは恐ろしいモノ。

大差で負けると半年くらいこたえるらしい。

残る6組が再度この方法で対戦し、ラスト3組でファイナルを決めるので、対戦相手(去年はとろサーモンVS南海キャンディーズがあったりした)のアヤがあったり、ネタを3本揃えないといけないのでイッパツ屋は通用しないシステムが、結局納得のいくチャンピォンを生み出しているんだと思います。

ちなみに会場の空気を掴み取るのは大アリです。


決勝進出者12組を見ましょう。

昨年大旋風を巻き起こし、高校生にウケたことで涙を流すほど大喜びした、漫才歴17年(36歳と35歳)の矢野・兵動は、今年は2次予選1位突破で、引き続き高校生からも抜群にウケ優勝候補筆頭。

矢野・兵動に触発され?参加の漫才歴13年の$10(テンダラー 35歳と32歳)、

2年連続準優勝のNONSTYLE、

20歳なのに漫才歴が10年を超えてしまったりあるキッズらが4強を形成。

安定どころでは、アジアン、とろサーモン、2丁拳銃、1レベル下の安定どころ青空、にのうらご、ダイアン。

びっくり枠(いわゆる「M-1」でいう麒麟枠)は、「Uooooh~~Yehhhhhhh~~」のアニメ声とドテチン顔が一度見たら忘れられないスマイルと、強力なツカミネタを持っている唯一の松竹芸人にして最小キャリア(2年)のヒカリゴケ。

今度の日曜日は、至福の4時間であります!


ストリーク、千鳥、天津、なすなかにしらは昨年からの進歩が感じられず、納得の2次予選落ち。

COWCOW、OverDriveは、個人的に面白かったけど、高校生にはウケず敗退。

2次予選にも出てこれず敗退していたルート33とせんたくばさみは、一体どうしたんでしょうか?

私の2次予選MVPは、東北弁漫才が斬新で心地よかったU字工事。

「やりすぎ格闘王」でおなじみのバッドボーイズは1次予選で敗退。

方言漫才師の明暗が分かれました。

AD

眼鏡っ娘の盆踊り

盆踊り眼鏡

雨で開催が危ぶまれました幼稚園の盆踊り、いつ降ってもおかしくないドヨーンとした曇り空の中、結局雨も降らずに行われました。

ムスメは、この日がメガネ初披露。

やっぱり、お友達から「どうしたの?」の質問責めと、好奇の視線だかで、泣き出してしまいました。

あとで泣いた理由を聞くと「パパとママに盆踊りを見せるの恥ずかしかったから・・・」と支離滅裂なことを言ってたんですが、たぶんメガネでしょう。

なんとか先生にもなだめてもらって、踊りだしました。

1時間、ず~っと。

動きっぱなしなんで、写真が全部ぶれてしまいましたが、まぁ盆踊りをすごく楽しんだみたいでなによりです。

浴衣なんて1回こっきりのものを買うのにバカらしいと躊躇していたワタシは、ムスメの晴れ姿に来年はまた別の着せたろ~と思いました。

ぴったりサイズなんでもう来年は着れないだろうから、近所のスーパー行く時でも着せていこうっと。


で、盆踊りの後、青空映画上映会があって、解散となったわけですが、浴衣姿の先生と一緒に写真を撮ろうと待ち構えていたら、ムスメはまた泣いておりました。

なにかにヘソを曲げて機嫌が悪くなったんだと思いますが、そろそろ、乙女心が理解できなくなってきた気がします・・・。

AD

暑い夏の風物詩、動物園のホッキョクグマが氷をもらっている映像をニュースで見ましたが、ここ数日は大雨つづきで少し暑さがマシでした。

終業式の日も雨で、来週の幼稚園の盆踊りの日も雨予報。

一学期は幼稚園でなにかある日、雨ばっかりとぼやいてる気がします。


さて、我が家の坊や(そろそろ赤ちゃんをやめて坊やと呼ぶことにします)は、暑かろうが寒かろうが、氷ばっかりほしがります。

勝手に冷凍庫を開けて取ろうとするので、100円ショップで“赤ちゃんのいたずら防止具”を買ってきて取り付けました。

でも、簡単な作りだからか、簡単に壊されてしまいました。

ムスメの時に取り付けてたピジョンか、アカチャンホンポのやつだかは、「ダメ!」がわかる年までもったのに、やっぱり100円ショップのは、アカンわ~。

100円ショップでは、お買い得のモノと、そうでないモノがあるので、気をつけないと・・・。

ice


「カーズ」 イタ公バンザイ!

テーマ:

宮崎駿の真のムスコは、今のところ(「ゲド」見る前なので)、吾朗ではなくジョン・ラセターのようである。

ピクサー大好き!
ディズニーが女の子とそのお母さんを対象にしたアニメ作りをしているのに対して、この会社は男の子とそのお父さんをターゲットにしてる感じがするから。
ちなみにジブリは、男の子、女の子両対応してると思います。
「トイ・ストーリー」では、男の子とおもちゃ。
「バグズライフ」では、ムシの世界。
「モンスターズ・インク」では、怪獣。
なんとなく男の子の好きなもんばっかでしょ。
そして、ついに「ファインディング・ニモ」では、父親と子供についての素晴らしい映画が完成し(ラストで、ニモがわざわざ戻ってきてお父さんに言うセリフに泣かない父親はいない!)、
続く「Mr.インクレディブル」では、父親を中心とした家族の絆が描かれ、
とにかく、我々男親を喜ばせ続けてきたピクサー社の次なる作品は、やっぱり男の子の大好きなクルマ!
機関車に顔を描いたら、「機関車トーマス」(私の世代では「きかんしゃやえもん」なんですが・・・)と刷り込まれてるように、これからの子供は、クルマに顔を描くと「カーズ」!となるでしょう!

ピクサーの映画は、世界観がきっちり作られてるので、去年見た「ロボッツ」のような矛盾を感じることなく入っていけました。
3DCGアニメとクルマの相性の良さは、年々ハイグレード化する家庭用ゲーム機のレースゲームを見てもお分かりの通りで、迫力あるレースシーン&熱狂する大量の観客シーンと、それに反する好きな子とのんびりドライブシーンの緩急が心地え~~。
この映画の白眉である地図から消えた村の秘話は、日本で地図から消えた村である「杉沢村」の語り口ではなく、「クレヨンしんちゃん オトナ帝国の逆襲」の“ひろしの半生”っぽく語られるので、落涙必至!

日本語版は、最近の傾向“有名人起用による話題づくりキャスティング”をやめにしてました。
イタリア人のタイヤ屋にジローラモを起用したくらいで、あとはプロで固めてたのがうれしい。
そのジローラモにしても、イタリア訛りの役なんで適役でしたし、ぐっさんは、もうプロの声優扱いです。
ところが、オリジナルでは、伝説のスリータイム・チャンピォンレーサーにポール・ニューマン、タイヤ屋に立ち寄ったレーサーにシューマッハ本人をキャスティングしてたのに、吹き替え版では対応できてませんでした。
ポール・ニューマンは、日本語版だと近藤真彦になってまうか・・・。
でも本物レーサーは、後藤久美子ラインから、アレジ起用は・・・・、無理やな~。


ムスメは、終了後、面白かったと言ってましたが、本当は結構退屈そうにしていたので、上映中ムスメの様子が気になって映画に集中できませんでした。

やっぱり女の子はクルマ好きじゃない?

あまり映画のことも話さなかったし、グッズ買えとか言わんかったし。

「カブト」と「ボウケンジャー」は、大丈夫と思いますけど・・・。

眼鏡っ子

ムスメが、朝、目やにをいっぱいにして起きてきました。

夏に入ってから、幼稚園では毎日のように水浴びさせてくれるから、結膜炎でも患ったかな~と思って、目医者に行って見てもらったら、「遠視です」と言われました。

ムスメが、目医者に来たのは、遠視の治療で来たと思ったみたいで、えらいこっちゃで~って反応でした。

6歳までに目の成長が決まるらしくって、今から矯正したほうがいいんだって。

眼鏡っ娘が決定しました。

目やにの方は、軽い結膜炎で気にすることなかったみたいだけど、遠視だなんてわからんかったから、なにが幸いするかわかりません。

ムスメは、ワタシが眼鏡野郎なんで、眼鏡に抵抗がなく、むしろかけたがってた方です。

眼鏡を買いに行った時も楽しそうに選んでました。

出来上がり日は、もう夏休みに入っているので、幼稚園での眼鏡っ娘デビューは、先になりそうです。


あせもやん

赤ちゃんは、すっごい汗かきです。

夜寝てると、おねしょしたのかと思うくらいシーツが濡れています。

着替えをさせて、また寝かしますが、昼間も汗かきっ子なんで、だいたい1日に最低6枚はシャツ着替えてます。

日中は、外出から帰ると水浴びさせるんですが、拭かれるのが嫌いなんで、また汗かくほど泣きよる。

それと、頭をボリボリ掻いていますが、たぶん、あせもやろな~。

髪の毛、切ってやってほしいな~。




カーズ

赤ちゃんは、さすがに男の子だけあって、車が好きなようです。

車というか、車輪かな~?

公園で遊びに行っても、一番好きな遊具は、どこかの赤ちゃんのベビーカーの車輪。

自転車を見つけたら、ペダルまで触って油まみれ。

止まってる車のマフラーを触りたおして、服が真っ黒になったことも。

チョロQなら、タイヤのゴムの部分をはずしてしまいます。

だから、走れません。

koma

でも、遊ぶ時はこうして、コマのようにクルクル回しています。


そんな車好きの赤ちゃんにぴったりの映画「カーズ」が始まりました。

見に行くよ~!!

ムスメと!

赤ちゃんは、映画見るの、まだまだ先です。