ライバル不在

インパクト

いやぁ~、強かった!

昨日の競馬、日本ダービーのディープインパクト。

ケガさえなければ、三冠確実ですね~。

三冠馬ナリタブライアンの時以上に安心感があります!

それで思ったんだけど、ナリタブライアンの時も今回も、同世代では飛びぬけて強く、ライバルというべき馬がいないことに。

ナリタブライアンが皐月賞とった時の、2着馬って覚えてます?

サクラスーパーオー。

ダービー、菊花賞の時は、かろうじて覚えている、

エアダブリン、ヤシマソブリン。

同世代牝馬のヒシアマゾンの方がむしろライバルといえたかも。

なんか、今年と似てる・・・。
古馬陣の方を見ても、ライバルと言えそうな強い馬は、タップダンスシチーが今年で引退するから、ゼンノロブロイしかいない。

どうするこの先!?

海外になるのかなぁ~・・・。


ムスメは、今4歳で、朝の公園遊びでも、同い年のお友達は幼稚園に行ってる子が多く、だいぶ様変わりしたメンバーになった。

平日のその時間帯では、ムスメが一番年上。

同い年の子の公園ママと、オムツはずれたとか、箸が持てますかとか、緑の野菜食べたとか、話してるのを、遊んでいながらも、しっかり聞いていて、そういう日はちょっとガンバッタりしてくれた。

同い年の子が、ウンテイをしてたり、鉄棒や木に登って遊んでる姿を見たりすると、自分もできると言わんばかりに、挑戦したりして、はらはらした。


馬もコドモもライバル的存在は必要ですね~。


AD

今日から、イヤな1週間

暑くなってきましたけど、窓を開けると、結構いい風が入ってきてさわやかですねぇ~。



でも、今日から、窓は締め切りにしないといけなくなりました。

それは、選挙カー。

それも、一番うるさい、市議会議員選挙。

50人近く立候補してる上、これらが市内をくまなく巡ってるもんだから、

5分に1回は、家の前をうるさく通る。

さらに側に信号機があるもんだから、赤信号で待ってる間の、うるさいのなんの。

せっかく寝かしつけた赤ちゃんに、

「コドモのために、住みやすい町を!」って、オイ!!起こすな~!!

飛び出して行って、「寝かしてください」って言ってやりたい!

うるさいヤツは、ゼッタイに投票してやらないから、今から「怨みノート」に書いといてやる!


1週間の辛抱です。

でも、この一ヵ月後、さらに県知事選。

あ~、やだやだ。

AD

ふたりでプリクラ~

ぷりくら~

ワタシの姉とムスメがプリクラを撮ってきたそうで、

それを見たヨメが、やきもちをやいてました。


そういえば、プリクラなんかムスメが生まれてから1回しか撮ってない!

2歳の誕生日くらいにしたけど、ムスメがいごいごするし、ちゃんとカメラ見ないしで、もう~ヤメってなった覚えが・・・。

2年ぶりに、プリクラ撮りに行って来ました。


ワカラン・・・。

いつの間に、プリクラは、こんなややこしい機械になってたんだ!

お金入れて撮るだけってのはないのか?

落書きなんかやる余裕なかったわ。

写真選ぶのも失敗するし。

でも、写真映りはすごいもんがありますね~。

ムスメには必要ないのですが、ヨメの○○とか飛んで、まぁ見れる顔に写ってますわ!


ワタシは、ムスメを抱えあげる役をしてましたので、ムスメとのプリクラ、ありません。

台とか置いといてくれよ!

やきもちやくぞ!!

AD

受け継がれたDNA

最近、園芸に興味が出てきました。

名も知らぬ花に初まり、チューリップ 100円ショップのかいわれ大根

園芸なんて、全く興味なかったんだけど、自分が作ったものをコドモに食べさせることが、ちょっと嬉しかったもんで、今回ついにブロッコリーとミニトマトの苗を買ってきました。

早速、手入れされてない庭の土をほじくり返して、イイ土を入れ畑にしました。

と言っても、苗4個分だけのわずかな区画ですが。


思えば、子供の頃、ワタシの父は市民農園を借りていて、そこでトマトやキュウリなんかを栽培していたのですが、年々こりだして、イチゴやスイカなんか作った年もあった。

果実類は、お世辞にも美味しくなかったよ~。

素人レベルじゃ、簡単な野菜にとめておくのが、いいかもね~。

でも確実に同じことしてる自分に、DNAを感じずにはいられません。


そういやぁ、ムスメに対しての怒り方が、

記憶の中にある、子供の頃の父と一緒なんだよ~。

きっと、同じ顔して怒ってるんだろうなぁ~・・・。


おねいちゃん、大好き

仲良し


あいかわらず、赤ちゃん、よ~泣きます。

機嫌のいい顔をみせてくれるのは、1日で1時間あるかないかくらい。

ムスメの時って、こんなだったかな~?

とりあえず、抱っこすると泣き止むから、

どちらか、手が空いてるほうが、いつも抱っこ。

食事時は、泣き声を聞きながら食べると、食べた気がしないので、抱っこしながらか、ママがおっぱいあげながらで。

でも、最近はムスメがそばに居るだけで、機嫌よくしてくれます。

ただ、ムスメの機嫌がイイ時しか、相手をしてくれないのですが・・・。


わたしのお父さん

似顔絵


近所のスーパーでやる“父の日”にがお絵展覧会の絵を描いてくれました。

前まで、髪の毛は「オバQ」の毛みたいに、線を何本か描くだけでしたが(前に描いてくれたパパの絵は、こちら )、ちゃんと塗りたくって、長髪感を表現してくれました。

いまだに、井川同様、毛を切ってもらえてないワタシです~。

ワタシの深夜の仕事、食器洗いと、洗濯物干しの時、毛がうっとうしいので、

ムスメのイチゴ柄のカチューシャをこっそり使ってます。

楽でえ~ですわ。


心なしか、母の日のカード の時より、絵に気合が入ってる気がします。

筆がのった時に、描くハートマークも、それぞれに顔を入れてくれました~。

去年は、丸を描くのがやっとだったから、コドモの成長はスゴイね~!



展示期間が5月28日~6月19日までと、すごく長いので、買い物に行く楽しみが一つ増えました!


「サマリア」 ムスメ持ちは覚悟しろっ!

テーマ:

サマリア

「オールドボーイ」 「カナリア」 で、キッツイ思いをしたと映画の感想を話してたら、「サマリア」は覚悟しときなさいと、アドバイスをいただいた。

ポスターや予告編のイメージがこんなだから、エンコー少女の危うい友情を描いてるんだろうなぁ~。

事実、映画は甘美な音楽と共に、「乙女の祈り」っぽい雰囲気もあったり、こんなん嫌いではない!

三部構成で、二部終了時は、小田原ドラゴンならエンコーの都市伝説“神”として描かれるな~と、

しょ~むないコトを考えておったんですが、ドーンと奈落の底に突き落とされた気分になりました。


それは、父親が、ムスメのエンコー現場を目撃してしまったから。

ここまで、父親は、死別してしまった母親のかわりに、仕事(刑事です)もゼッタイ忙しいはずなのに、

母の不在を感じさせないよう、めっちゃガンバッてきた。

様になってる、エプロン姿。

堂に入ったキンパブの巻き方。

高校生だけど、学校へも車で送るよ~。

大事なムスメだからね~。

ブログなんか書いてたら、ワタシ同様、ムスメがどうしたとか、今日の弁当になに作ったとか、書いてるんだろうなぁ~。

そんなだから、どういう行動をとるか気が気でなかったよ~。


思春期になるムスメと向き合うのはムズカシイ。

だから、今の間に、十分向き合っておかねば・・・。


【ここから】

【ネタバレ】





実は、この映画は前記の2作ほど、キツイ思いはしなかったです。

父親が、“ちん○が本体で男の着ぐるみを着ている”((C)みうらじゅん「正しい保健教育」)男ども、要するにエンコー相手に、

車に石を投げる子供のような嫌がらせから、食事時の一家団欒時に訪問したり、果てはエスカレートして撲殺する復讐譚が、爽快であり、映画的だったから、まさに映画として見れたからです。

ラストの旅行も、先がどうなるかわからない展開の前フリが効ていて、気持ちよくだまされました。

もっといいエンディングを用意していてくれたからね!



変なジンクス

ジンクス

野球選手はジンクス(ゲンかつぎ)にこだわる人が多いそうである。

阪神の元エース仲田幸司も、イチロー同様、ソックスを右から履くか左から履くかにこだわってたそうだし、野村監督も、阪神の監督時代、試合に敗けるたんび、球場への道順を変えてたので、ついには道がなくなったというエピソードまである。


ウチでも、暑くなってきたから、蒲団とか、服をしまうと、翌日から寒くなったりするんですけど、

こういうことって、多いでしょ!

そんなだから、台所のテーブルに、赤ちゃんのミルクセット(ミルク缶、哺乳瓶、乳首、消毒ケース、ミルクポンなど)を置きっぱなしにしてあります。

母乳が出るかどうかわからなかったので、出産前に、一応揃えておいたやつです。

思いのほか、順調に母乳が出てるので、ミルクセットをしまうと、母乳が止まってしまうんではないかと・・・。

邪魔でしょうがないんだけど、お守りがわり。

高くついたなぁ~。

アニメの『アタックNo.1』放送中!

テーマ:

アタック

TV大阪、ナイス!

上戸彩主演のTVドラマ『アタックNo.1』をやってるんで、朝8時30分からの「こどもアニメ」枠で再放送、初まりました!


いや~、久しぶりに見るから、すっかり忘れてた。

最初、中2からやったんだね~。

鮎原こずえが、「親分、親分」と言われてる理由もわかりました。

早川みどりが、登場してきたんやけど、金持ち、ワガママ、自己中のヤな女。

ほー、最初はこんなだったか。

ドラマで演ってる酒井彩名は、そんなとこ一切ないわ。


懐かしいあまり、色々思いだしてきた。

「フランシーヌの場合」の替え歌、「たちきやまとの、場合は~」とか、

骨肉腫のジュン・サンダースとか。

ヨメに話すと、それは「サインはV」だって!

ん?ひょっとして『アタックNo.1』って見たことないかも?

細かいエピソードぜ~んぜん覚えてないわ~!


それにしても、みやすいアニメだわ。

少女マンガでなく、スポ根ドラマのフォーマットで作られてるし、

脇キャラの絵なんか、完全に「アパッチ野球軍」とかのキャラ!

眼鏡とか、出っ歯とか、デブとか。

全104話。

全部やってくれるかな~。

しかし、ドラマ版の唄なんとかならんかな~。

自己満足のカラオケじゃないんだから、気を入れて唄ってよ!

昔の、え~歌のリメイク、ジャニーズ、ハロプロ、こんなんばっかり!

リスペクトしてないから、仏作って魂入れず!

及川光博「愛のメモリー」くらいかな~、最近の及第点は。

唇

ピタゴラ装置を作るのが得意な、見るなと言っても、まずクチビルに目がいってしまう姉、

この手の顔はみんな「w-inds.慶太」に見えてしまう弟、

フレッド・ブラッシーの歯を持つ2歳児というより、「ベイビー・トーク」(喃語に超訳をつける)が得意な2歳児からなる、金持ち三兄弟が、火事で両親を亡くしたトコから不幸ははじまる。

遺産目当てに、「ロッキー・ホラー・ショー」みたいなジム・キャリーが、三姉弟妹をストーキング!

児童文学でありながら、本気で殺そうとしちゃいますが、残酷な感じがないので、安心してし見れます。


「アダムス・ファミリー」MEETSティム・バートンの世界観といえば、聞こえはいいが、「バンデットQ(タイム・バンデッツ)」「グーニーズ」「ネバー・エンディングストーリー」、と言えなくもない。そして最後のシークエンス、不愉快な結婚式は「ルパン三世 カリオストロの城」!でした!!

ぜ~んぶ好きな映画だけどね!


メリル・ストリープが出てきた時は、友近かと思いました。

キミ達、演技が似てるよ~。


「アダムス・ファミリー」でクリスティーナ・リッチをブレイクさせたバリー・ソンネンフェルドが、

PSのゲーム「エコーナイト」みたいな映画「ゴーストシップ」 の白い少女だった、エミリー・ブラウニングをブレイクさせることができるか、今後気になるところである。


劇中、「気分が悪くなるから、心配の人は出て行きや~」とか、

「後で泣いてもしらんで~」みたいなこと言って、イヤな映画っぷりをさんざん仰ってますが、

今は、NHKの朝ドラマ「ファイト」の方が、よっぽど不幸な話だな~と思いました。

不幸にもいろいろあるってことですなぁ~。