駅弁大会に行く!

駅弁好きのワタシは、「コモモママ」さんが駅弁大会に行ったという記事をよだれを垂らしながら読んでましたところ、先週新聞に入ったチラシを見てびっくり仰天!
阪神百貨店が、全国有名駅弁とうまいもんまつり 260種類の駅弁が大集合!」1/27~2/2 という催し物をやるそうだ!!
ヤッター!!

豪華なカラーチラシを眺めること三日、
常陸大子駅「奥久慈しゃも弁当」

和田山駅「地釜炊き釜めし」

デザートに、ずんだ餅を買うと決めました!

昨日は、ポカポカお出かけ日和だったので、ムスメと大阪城公園に行き、その帰り、晩ご飯に駅弁を買うという計画です。
ムスメを楽しく遊ばせ、夕方からは、ワタシの買物時間。
阪神百貨店のエレベーターに乗り込むと、8階催場は混雑のため止まりませんと張り紙が。
イヤな予感がするも、1階上の9階で降りると、もう、い~香りが漂ってます。「いかめし」の匂いや~!!
会場につくと、もう、すご~い人!
駅弁人気日本一の「いかめし」を買う列は、階段の下までのびてました。
そして、「奥久慈しゃも弁当」は30分待ち。
「地釜炊き釜めし」は整理券配布終了。
ムスメを連れて、列に並ぶのは不可能。
あきらめて、他のでも買おうかと見に行っても、おいしそうなのはみんな列ができてました。
舌が駅弁になってましたが、もういいです。
人込みによいました。
ずんだ餅を買えたムスメは大喜びだから、帰りました。
コレを書いてる、今、あきらめきれないワタシは、
月曜日、おばあちゃん(ワタシの母)が、遊びに来る予定なので、買ってきてもらおうとTELしました。
買えるかな~?
AD

お姉ちゃんの自覚 めばえ中!

最近のムスメは、お姉ちゃん発言が連発中で、
「このおもちゃ、赤ちゃんに、貸してあげるの~」
「お顔の絵、描いてあげるの~」
「オムツかえたげるの~」
ホントかな!?
赤ちゃんがえりしない?


ワタシが一人、遅めの晩ゴハンを食べようと用意してました。
テーブルの上に魚の切り身が入ったタッパを置いてたら、
いつのまにか、背伸びして、フタを開けて、箸で魚の身をつまんで、うろうろするムスメがいました。
持ち方がおぼつかないので、落とされたらかなわん。
「なにしてんの!」
と言ったら、
「パパのお皿は~?」
って、どうやら、お皿にのせてあげようとしてくれたみたいでした。
「パパはお皿いらんねん」
後で、洗うものが増えるのが、いやなんで、
「ご飯の上にのせといて~」
と言っときました。
そしたら、今度は、イスを引っ張り出してきて、正座して、箸で切り身をほぐしてくれてました。うまくいかず、イライラしかけてたので、
「ありがとう!もういいよ~。
今度は、赤ちゃんにしてあげてね~」

これは、ぜ~んぶ、ムスメがママにしてもらってるコト。
ちゃんと、いいコトは真似してくれてうれしいよ~!!
真似は、いいコトだけネ!
言葉遣いが乱暴になってきてるので、
パパ&ママは気をつけます。
AD

「H2」 あだち充と堤幸彦は相性が良さそう

テーマ:
トラックバックステーション「新春ドラマどれを見ようかな?」ネタ。

あだち充ブームなんかなぁ~・・・?
「H2」ドラマ化&アニメ化!
「タッチ」映画化!!
ついでに「あだち充コレクション」創刊!!!


「H2」は92年連載開始のマンガで、「タッチ」にいたっては、81年連載開始。連載時に生まれた子供が、もう成人して、結婚なんてこともあるくらい前のマンガだ。当時読んでた学生が、いまだに親と同居の半引きこもりクンもいるでしょうけど。
なぜ、これほど、あだち充作品が不変的人気を博してるのかというと、全く変わらない絵のタッチ(あの、人を誉めない、いしかわじゅんが「BSマンガ夜話」で誉めたほど)と、ワンパターンと言ってもいい位のキャラクター描写が、時代に左右されなかったからだと思う。四分の1世紀もの間、この芸当を続けているというのは、本当にすごい!そして、53歳のおじさんが、今も現役で、中高校生の心ふるわす恋愛マンガを書き、支持されていることも!!

ドラマの話題ですね。
「H2 君といた日々」、今回の堤幸彦監督は「STAND UP!」と「世界の中心で、愛をさけぶ」ドラマ版を足して二で割った感じで、期待できそう。シャラポワのニセモノとか、水島新司のニセモノをチラリとだしたりするので、目が離せません。堤幸彦独特のスカシ方が、あだち充のマンガのコマ割り・転換のテイストと似てるので、イイです。野球シーン監修は「ガチンコ」“男ドアホウ大リーグ”の池田豪氏です。CGを駆使して、まぁ見れます。
問題は、最重要事項であるキャスティング。
山田孝之の高校生姿は正直、妻夫木同様、そろそろ無理が・・・でも、TV版「セカチュー」にハマってましたので、違和感なく見てます。
その「セカチュー」でも友人役を演っていた、田中幸太朗。堤監督は気に入った俳優を連投しますね。
マンガでは、食べるの大好き、「がんばれベアーズ」エンゲルバーグ以来伝統のデブキャッチャー野田君役は中尾明慶。彼はまったく太ってません。眼鏡をかけてるのが唯一マンガの野田君と同じ。マンガの野田君の繊細な心遣いに感動したクチなので、逆にいいかも。
ヒロインの石原さとみは、素晴らしい!彼女の顔立ちが今の若手女優とは一線を画してますので、前時代的なドジっ娘を大げさに演じても、嫌味がない!
そして、もうひとりのヒロイン市川由衣。コレがイカン!どうみても、優等生に見えない!たぶんですけど、彼女の今後の設定はマンガと異なるのではないでしょうか?影が薄すぎます。
柳沢慎吾と石野真子扮する、パパ&ママは、あだち充マンガでおなじみの仲の良い夫婦を好演!たえずチュッチュッしてます。ヒゲはありません。


過去のあだち充作品を実写化した際のキャスティングを、一覧にしました。
「じんべえ」は若干毛色が違う作品なのであまり参考になりませんが、あだち充のキャラを思い浮かべながら思い出してください。
市川由衣のみミスキャストでしょ。



1982年 TVドラマ「陽あたり良好!」
             お調子者男:竹本孝之
             おてんば女:伊藤さやか
             
1983年 映画「みゆき」 監督:井筒和幸
              お調子者男:永瀬正敏
              おてんば女:宇沙美ゆかり
              優等生女:三田寛子

1998年  TVドラマ「じんべえ」
             男:田村正和
             女:松たか子

そして今年、映画「タッチ」 監督:犬童一心
              お調子者男:斉藤祥太
              優等生男:斉藤慶太
              女:長澤まさみ

TVドラマ「H2 君といた日々」
              お調子者男:山田孝之
              優等生男:田中幸太朗
              おてんば女:石原さとみ
              優等生男:市川由衣

          

AD
ブルース・リー直撃世代というより、ジャッキー・チェン世代な私。
予告編とか見てて、カンフーアクションとギャグの融合した傑作アクション映画「プロジェクトA」になりうるんではないかと、密かに期待してました。
実際、ノスタルジックな豪華セットで、繰り広げられるカンフーアクションは、「マトリックス」ばりのCG効果もあいまって、非常に楽しく見ごたえがありましたし、多才なキャラも充実してました。
「プロジェクトAの名シーンの一つ「自転車チェイス」をチャウ・シンチー(周星馳)流に解釈したような、ハッスル小川も爆笑した、「女主人との追っかけこ」。もちろん、時計台ではありませんが、落下して、店のテントにドーンというシーンもありました。
また、自身の監督作「0061 北京より愛をこめて」でやってた、ナイフを投げてあらぬ方向に飛びグサグサというシーンも、より効果的にバージョンアップし、「ゴッド・ギャンブラー3」の「肉まんダンス」を彷彿させる、「斧ダンス」も見事です!

でもね、
主演であるべき、チャウ・シンチーがあまり出ていないのはどうか?
最終的に主人公らしさはあるが、全編出ずっぱり、ギャグ連発を見たいんだけどな~。
それからチャウ・シンチー映画に欠かせない、笑いの名参謀的俳優ン・マンタ(呉孟達)が出演してないのは、何故だ!?「豚小屋砦」の住人にはぴったりの顔なんだが。
結果、今回もチャウ・シンチーの傑作「ゴッド・ギャンブラー3」を超えることはできなかった・・・。
チャウ・シンチー、もっとオモロイはず!ハードルは高いです!


一言で言うと「JOJOの奇妙な冒険」みたいな映画でした。

ネコ娘

ファミリーレストランで、お子様メニューを頼むと、もらえるおもちゃ。
ウチは、子供用に注文をとっても食べきらないので、
親の分を取り分けしてあげてます。
だから、本当はもらえないんだろうけど、
うるさくしていたムスメに見かねた店員さんが、
おもちゃをくれました。

ネコのお面。

さっそく家に帰って付けてみると、まぁよく似合いました。

コドモって、お面よく似合いますよね~。
節分もムスメにガンバってもらおう~っと!

阪神 矢野選手のテーマソング決まる!

テーマ:
阪神 矢野輝弘選手がDJを務めるラジオ番組「矢野輝弘のど~んと来い!」
http://www.abc1008.com/yano39/frame.html
が、11月から始まってましたが、
その番組のコーナーで、矢野選手の2005年シーズンにバッターボックスに立つ時のテーマ曲を募集するというのがありました。
毎週1曲を選び、さらに選ばれた10曲の中から本日めでたく決定しました。

アンドリュー・WK「パーティー・ハード」。

この曲、知ってますか?
私は知りませんが、矢野選手に合った曲でした。
去年の使用曲より絶対イイです!
今日は甲子園のウグイス嬢の声付きで10曲かけてましたが、この曲は群を抜いて似合ってましたよ~。
矢野選手はボストンの「Don't look buck」と最後、悩んでいました。
私はザ・ピーナッツの「恋のフーガ」が、いいな~と思いましたが、「いいけど、唄に入るとちょっとな~」と矢野選手は言ってました。
だったら、曲がかかるとすぐに、バッターボックスに入ったらいいのに!
試合時間短縮にもなるし(清原「とんぼ」は今年も堀内に嫌事を言われてますな~)!!

個人的には、片岡選手が中島みゆき「地上の星」からDJ・DOC(韓国のラッパー)「Run to you」の次に何に変えるか?
そして関本選手がコヨーテ(韓国の人気グループ)「スンジョン」の次に何を選ぶのか?
とても興味があります!

ホラー映画 恐怖の方程式

テーマ:
ロンドン キングスカレッジの数学者アナ・シグラーという人が発表した、
スリラー/ホラー映画の“恐さ”を算出するための方程式があるそうだ。

(【緊張感を高める音楽】+【未知の要素】+【追跡シーン】+【罠】)2乗+【衝撃度】+(【現実性】+【虚構性】)/2+(【登場人物の孤立】+【暗闇】+【場所・設定】)/【登場人物の数】+(サイン関数):【血の量】-ステレオタイプ度

この方程式で、導き出された世界最高のホラー映画は、
スタンリー・キューブリック監督の『シャイニング』だそうである。

今、発売中の老舗映画雑誌「キネマ句報」で、
オールタイム ホラー映画ベスト10をやっていて、
こちらでは、1位は中川信夫の『東海道四谷怪談』。
2位が『悪魔のいけにえ』でした。


私が、一番好きなホラー映画は、
ジョージ・A・ロメロ監督の『ゾンビ』です。
でも、ショッピングセンターに立て篭もるというシチュエーションとか、
アクションシーンが好きなんで、“恐怖”とは言えないかも~。

純粋に“恐怖”だけを言うなら、
黒沢清監督の『蜘蛛の瞳』か。
物凄く、ドキドキした覚えがある。
同監督の『降霊』でも、凍りつく恐怖シーンに「ヒぃ~!」としました。

子供の時にTVで見て、半泣きになり、親に一緒に寝てもらった、
ピーター・フォンダ主演の『悪魔の追跡』はどうか?
これは、大人になって見たら、たいしたことなかった。

初めて体験する“恐怖”というのは、なかなか忘れないもので、
当時のコトを鑑みて、一番恐い映画は、
アルフレッド・ヒッチコック監督の『サイコ』じゃないかな。
ヒッチコック監督のドキュメンタリーを見たんだが、
当時の『サイコ』の恐ろしがられ方は、ただもんじゃなかったよ。
わかる、わかる。
コレに決定!

みなさんのコワイ映画も教えてくださ~い。

キライなトマトの食べ方

ムスメは、トマト、嫌いです。
でも、親としては、意地でも食べてほしいので、
いろいろ考えました。

うちでは、キウイと一緒に食べさせてます。
一緒と言うのは、同じ皿に盛るということでなく、
口の中で、混ぜ合わせて食べるということです。
トマトを一口、口に入れて、噛み砕く前に、
キウイをポイッ!
すると、あ~ら不思議、
トマトが甘い果物みたいになってます。

トマトに砂糖をふりかけて、フルーツ化させる方法もあるけど、
糖分摂取が気になるので、こちらを採用しています。

あれから10年・・・

今日、家の近くでやってた「震災慰霊 鎮魂の祈りとかまくら」を見に行ってきました。
単に、かまくらと雪を見せたかっただけという気持ちでいったんですが・・・・

雪の置いてある所は、みんな楽しそうに遊んでました!
12月31日に雪が降ったとはいえ、遊べるほど積もらなかったもんね!
そして、かまくらは珍しくって、中も以外と広く外の音もシャットアウトされて、なにか研ぎ澄まされる感じがしました。
一昨年も来たけど、さすがに覚えてなくて、「雪、はじめて~!!」といって、楽しそうでした。

ちょうど、日も暮れる時間に差し掛かってきたので、ろうそくを点けて、かまくらのまわりに飾る、ちょっとしたイベントみたいなことに参加できました。
そこで、いやな思いが・・・。
小学生くらいの子でしょうか、友達とちょけあって、火を消しあったりして遊んでいるのです。
このろうそくの火というのは、市内の犠牲者49人の鎮魂の火なんです。
中学生の女の子が、説明してましたが、調子に乗ったガキどもは、やめません。
その、小学生にとっては、生まれる前か、乳幼児期の頃の出来事なんでしょうね。
親とか、学校では、今日、10年前に、この町でなにがあったのか教えてないのでしょうか?
また、教えていたとしても、遠い日のことで、他人事としてしか感じられないのでしょうか?10年というのは、確実に物事を風化させていってます。
語り継がなければならないことは、確実にあります。

ろうそくを雪で固めながら、「お祈りしてな」と言ったら、ムスメは熱心に祈ってくれました。
わからないなりにも、なにか感じてくれたらいいんだけど・・・。






2005年 阪神選手 注目は

テーマ:
ちょっと気が早いですが、私の、阪神球団注目選手を投手、野手一人ずつ。


投手は、三東洋投手。
昨年の成績は5勝0敗。
藤田太陽や、藤川球児が、プロ初勝利を上げるのに、必死だったのにプロ初先発初勝利。
敗数なしというのは中田良弘のようなツキを感じます。
さらに、打者としての素養も高く、ムーア並に打ってました。
後半だけでいえば、左打者のバッティングは、前を打つ藤本以上でした。
肩を痛めたので、無事キャンプを乗り越えられれば、一軍での期待が持てます。
本人はスタミナ面を気にしているようですが、去年の5勝は、交代時がわかりやすく、必勝継投パターンに持ち込みやすかったというのが、おおいにあったと思うので、先発完投型を目指すより、中継ぎ、あるいは6人目の先発枠でいいと思います。
もちろん、打順が回ってくる、先発姿がみたいですけどね。


野手は、鳥谷敬選手。
これは、注目・期待とかではなく、やってくれないとホント困ります。
最低3割。全試合スタメン出場。
コレが最低限のノルマ。
内野手の大コンバートが行われてるが、将来を見越しての鳥谷を中心とした布陣になってるのは明らか。
本人も、やる気になってるのか、去年とは顔つきが全然違う!ムードも違う!雰囲気を醸し出してきた!
今年の阪神は鳥谷しだいと思ってます。


皆さんは誰に期待しますか~?