ムスメのお気に入り、レギュラーのコト

テーマ:
「ドゥドゥビ、ドゥバドゥバ、
ハイ、ハイ、ハイ、ハイ、ハイ、
ワォ!あるある探検隊、あるある探検隊、
あるある探検隊、あるある探検隊」

今、一日、4,5回、やらされる、
ムスメのお気に入りです。

レギュラーという、吉本の若手芸人のネタです。

こないだ、「金八」見てたら、3Bの生徒が、
休み時間に、コレをやってたから、
相当、認知されてるんでしょうな。

「ワーナーDVD、ワーナーDVD」と
同じ節で、連呼してたCMを、やってた時、
松本が荒川良々と間違えられたのが、ウソみたい。

「M-1」でも台風の目に、なるかもね。
AD

3歳児の描線

それまで、線を引くだけだったのが、
丸をかけるようになったかと思ったら、
絵らしきものが描けるようになりました。

本能の赴くままに、書きなぐった、
ふにゃふにゃの、下手下手な描線は、
なんとも、カワイイもんで、
大人には、真似できそうにありません。

コムサのお絵かきコーナーなんかで、
よそのコドモの絵を見てると、
マンガちっくな絵を描いてたりしてて、
こんな純粋な絵を描くのって、
今だけなんだろうな~
と、思ったりしました。

今のうちにいっぱい描かしとこっと!
AD

ヨメと会話をさせなさい!

ムスメが、TVに夢中だから、
ヨメと喋っていると、
「あ~!ワタシに言ってよ!!」
「ママに言わないでっ!」
と、自分も会話に参加させろと主張する。

だから、ムスメとだけ喋っているフリ、
(ムスメの顔をみて、ヨメに話す内容を喋る)
という、まわりくどいやり方を採っているんだが、
わからない単語が、でてくるたび、
「~ってなに?」
と、中断。
ヨメが相槌を、うとうものなら、
「あ~、ダメ、ダメ」
と、会話にならん。

どうってことない話なら、
いいんだけど、
大事な話をしてる時は、
「ちょっと、だまっといて!」
と、大きい声でいってしまう。

そしたら、
「だまっといてって、言わないでよ」
と、涙ポロポロ。

いったい、どうしたら、いいもんだか?
AD
深刻に後悔しているコトがある。
ムズメが、喋り始めの頃、発した喃語に、
毎日ゲラゲラ笑っていたのだが、
今、思い出そうにも、全く思い出せないのだ。

パパを呼びつける時に、「なんなぁ~」
タマゴのことを、「まむむ」
のぶりん(おじいちゃんの愛称)を、「がぐぐ」

ヨメがかろうじて付けていた日記から、教えてもらった。

きちんと採集しておくべきだった。

今、ヨメのお腹の中には二人目が宿っている。
このコのは、キチンと記録しておこうと思う。
ムスメ、3歳半。
先日、「パパ、だ~いスキ」と、言われました。
体がトロけそうになるほど、甘い甘い言葉で、
パパになれて、ホントよかったよ。

~2時間後~

怒鳴りつけている。
理由は忘れた。
毎日、些細なことで、怒っているから、
たいした理由はなかったと思う。

~寝顔を見る~

嫁に「今日の感動は、ゼッタイ忘れへんわ!」と、
自慢げに報告すると、
「アンタ、また、同じコト言ってる!」
そういえば、前にもこんなコトあったなぁ。
え~と、何やったっけ?何に感動したんや?


育児に忙殺してると、
「ゼッタイ忘れない感動的なコト」なんて、
いとも簡単に忘れてしまう。

新しい感動、面白い出来事、ムカツクことが
次から次に、更新されていく。

健忘症ではない。
「メメント」(映画の題名です)な野郎でもない。

ヤバイ。
だもんで、日記付けなきゃ!