DashNewsベトナム <a href=ミーソン バナー.jpg"
【Instagramも毎日更新中!】
2015-04-23 00:39:51

ナカネ、ローカルバスに乗る~赤い舟が目印!トゥンナンのボートクルーズ~

テーマ:歴史・名所
いつもおひさしぶりです。

ローカルバスハンター、ナカネです。


日本への帰国があったり、バンコクへの2か月の異動があったり
バタバタしていて、ここ最近あまりバス旅ができていませんでした。

バンコクでもバスには乗っていたのですが、カオサンに住んでいたので
スクムビットなどの中心地に行くためにばかり使っていたんですよね~
私は田舎好きなので、都会に向かうよりも、田舎に向かう方がわくわく。

そういう点、ハノイはとても良いです。
ちょっとバスやバイクで走るだけで色々な田舎に行き放題!




~過去ログ~

第0段 伝統工芸:バチャン焼きの村へ、ハノイからバスで。

第1段 ナカネ、ローカルバスに乗る~ドゥンラム村を訪れてみた~

第2段 ナカネ、ローカルバスに乗る~ガイドブックにもない、ソンタイへ~

第3段 ナカネ、ローカルバスに乗る~ベトナム最古の城跡、コーロア城へ~

番外編 ナカネ、ローカルバスに乗る~ハノイのバスの乗りかた~

第4段 ナカネ、ローカルバスに乗る~ハノイから2時間で滝がみられます。バビ国立公園~

第5段 ナカネ、ローカルバスに乗る~ベトナムの古刹、筆塔寺へ~

第6段 ナカネ、ローカルバスに乗る~そこ知れぬ魅力。ニンビンへ~

第7段 ナカネ、ローカルバスに乗る~まだ知られていない場所、ヴァンロンへ~

第8段 ナカネ、ローカルバスに乗る~ここはフランス?ナムディンで大教会に感動する(1)~

第9段 ナカネ、ローカルバスに乗る~ここはフランス?ナムディンで大教会に感動する(2)~



しまったぁ、まだナムディンのバスブログ最後まで書き切れていなかった…
でも、今日はどうしても「Thung Nang(トゥンナン)」について書きたいです。








「陸のハロン湾」と言われるニンビン。
実はハロン湾よりもニンビンの方が圧倒的に好きなわたし…
(あくまで好みなので、ぜひどっちも訪れてみてください!)

自然に作りだされた造形美である石灰岩の数々を両側に眺めながら
素朴な手こぎ舟で行く1時間ほどのクルーズが人気です。

クルーズができるところと言えば、一番ポピュラーなのが「タムコック」
2014年6月に世界複合遺産に登録された際、一躍有名になった「チャンアン」
前ブログに書かせて頂いた、竹で組まれた可愛い舟に乗る「ヴァンロン」

そして今回訪れる、「トゥンナン」。

このあたりがニンビンで有名な川下り場所です。
それぞれ景色や雰囲気、舟が異なり、乗り比べると意外に面白いんですよ。
















さて私はいつもTran Phu通りからGiap Bat行きの41番バスに乗り込みます。
並木道が綺麗。





車窓からうっすら。

Tran Phu通りやPhan Dinh Phung通りは並木道が綺麗で、バイクデートにお勧めです。





もうちょっと行くと、左側に文廟があるChu Van An通りです。




文廟はベトナム最古の大学として知られていますが、その大学の初代総長で
ベトナムの科挙試験にいっちばん最初に合格した人が、Chu Van Anさんなんですって。

こういう関連性を知ると、ただごちゃごちゃしているだけに見えるハノイの道も
5割増しで楽しくなります。











さて40分ほどして、ようやくGiap Batバスターミナル(ハノイ南バスターミナル)に到着です。




室内の、最初にトイレットペーパーをもらい最後に2,000ドン払うトイレももう慣れたものです。
ニンビンバスターミナルよりもこっちのがトイレ綺麗です。おすすめです。




いつも通りGiap Batの中距離バスターミナルからニンビン行き70,000ドンのバスに乗り込むと
今日はいつもよりしつこい物売りのおばちゃんがいました。
ガムだけ買いました。






10:40に出発し、確か到着は13:00頃だったかな?
最後のバスターミナルまで行くお客さんは私をいれて3人ほどでした。

ヴァンロンやホアルー、バイディン寺に行く場合はバスを途中で降りた方がいいですし
トゥンナンやタムコック、ビクドンに行く場合は最後のバスターミナルまで行っちゃいます。





バスターミナルから歩いてニンビン駅なんかも見学です。

ニンビン駅へ行く途中、セオム(バイクタクシー)に声をかけられ
トゥンナンまで往復200,000VND(約1000円)と言われたので、OKしました。



バイクタクシーで行くこと15~20分。



トゥンナンの船着き場に到着です。





赤くてかわいらしい舟です。
タムコック、チャンアン、ヴァンロンと、それぞれ舟のデザインが違って、楽しい。
どれもかわいいです。





ゆったりと川くだり。





バナナの木。





洞窟は2つあり、往復で4回くぐります。





洞窟に入る前におもむろにライトを頭に装着するおばちゃん。





本当にまっくらです!
ものすごく低くて、背の低い私でもしゃがむ必要がありました。




地元民も普通に舟で行き来していました。










そして約1時間のボートクルーズも終わるという頃、こぎ手のおばちゃんが
やたらとお金の話をしてくるようになります。



おばちゃん「もう舟代は払った?」

私「まだだよ。値段わかんないんだよね。いくら?」

おばちゃん「まだ払ってないなら私に払ってくれても良いよ。30万ドンね」



本当に値段は知りませんでしたが、30万ドンはあまりに高すぎです。
おかしいと思ってすぐに調べると、入場料が一人3万ドン+舟代が一隻6万ドンとのこと。



私「9万ドンだよね?」

おばちゃん「あ~そうそう9万ドン。あそこの窓口で払えばいいよ。私にはチップ頂戴ね」



バレたらころっと認めるんだから…
良い人そうに見えても、油断もすきもないです。

チップは、一人だけで乗ったので少し高めの5万ドン渡しました。



例えば2人で乗ったら、入場料3万ドン×2人、舟1隻6万ドンで計12万ドンのはずです。
チップはおそらく一人3万ドン×2人の6万ドンくらいが相場かな。

皆さんもお気をつけください。









さて川くだりも終わり、バスターミナルに戻ってハノイGiap Bat行きのバスに乗ります。
ニンビンのホテルなどからは、ホアンキエム湖近くまでいく12万ドンのツーリストバスもあるそうです。
乗り継ぎが面倒だったり、ハノイやローカルバスに慣れていない人には圧倒的にお勧め。
Giap Batは中心地からかなり距離がありますからね…



今回乗った帰りのバスは65,000ドンで、なかなか座り心地の良い椅子でした。








バスが出発する際、セオムのおじちゃんに手を振っていると
このあと隣のぜんぜん知らないお兄ちゃんたちも勢いよく私に手を振ってくれました。

ベトナム人のそういうところが大好きです。








さて皆様も楽しいバスライフを~♪
ナカネでした!





☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆
「陸のハロン湾」と称される景勝地、「タムコック」他ニンビンへ行きませんか!?
ツアー詳細はこちら
ツアーは毎日催行☆お申し込みはこちら


☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

↓↓ベトナムについてさらに知りたい方はこちら↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ

こちらもポチッと!!↓↓


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

@旅ぷら APT&TNKトラベルJAPAN ハノイ支店さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。