New teacher

テーマ:

今日、新しい先生のレッスンに行きました。

私より1歳年上のカナダ人の女性。

旦那様の仕事で7月に日本に来たばかりの方です。


前のアメリカ人の男の先生は、これぞアメリカンといわんばかりの

明るい人でしたが、今度の先生は静かな感じの方です。

以前と違ったタイプの方だということと、初めてということで

少し緊張気味でした。


いきなりテキストを読んでと言われ、自己紹介もなしかよ~と

最初はびっくりでしたが、読み終わると雑談に入って、残りは

ずっとおしゃべりで、どこの出身かとかお互いの話ができて

ほっとしました。


もともと同年代の女性の先生が希望だったので、まずは

希望通りの条件の方。

お宅もきれいだし、猫もいるらしいし(今日はみなかった)、

これから楽しみです。


しかし・・・

聞き取れないところが結構ありました。

人が変わると発音もだいぶ違うので、

慣れるまではちょっと苦労しそう。


AD

デザイン変えてみました

テーマ:

久々の更新。

といってもデザインを変えるだけ。


ちょっと留守にしてる間に、amebloもずいぶんデザインが増えたんですね。

前の鳥のデザインも捨てがたかったけど、ちょっと気分一新。


今週末から新しい先生で英会話再開です!


AD

a piece of cake

テーマ:

意味: easy


用例: He thinks it'll be a piece of cake.


がんばるつもりが、またさぼってしまいました。

レッスンのidiomもどんどんたまってしまう。


a piece of cakeがなんでeasyの意味になるんだか。

ピンとこないんですが・・・。


AD

wild cat

テーマ:

意味:野良ネコ、ヤマネコ



気づいたら3ヶ月もさぼってしまった!

それというのも、7月初めから野良の子猫育てに熱中してるせいでした。

英会話レッスンは続けてて、前に使ってたテキスト終わって新しいテキストに入ったところ。

今度もidiom満載のテキストだから、復習しっかりやんなきゃなあ。

右から左へ出てって終わりだぞ。


先週、レッスンで雑談のときに猫の話をしました。

そのとき先生がwild catがどうこうと言ったのを聞いて、

あーそういえばノラ猫ってwild catっていうんだった、

と思い出しました。


辞書引いて確認したら、ヤマネコ、野良ネコと書いてあって、ヤマネコのところに

括弧してbobcat と書いてある。

奇しくもうちの子猫の1匹につけた名前、Bobなんですよね!

pamper

テーマ:

意味:

至れり尽くせりサービスする


文の中に出てきたこの単語、わからないけど

まあいいかと思ってたのに、先生に

「意味はわかってますか?」と聞かれてしまいました。

(見抜いてる)


pamperというと、どうしても、あの有名なものが

思い浮かんでしまったので、

"I know the PAMPERS ! "

と答えときました。

For a song

テーマ:

意味:

激安で


説明:

for very little money


The lamp was slightly damaged, so the manager let me have it for a song.


moneyに関するidiomその2。

cleanersに続き、今度はsong ?

うーん、これも何でだろう。

想像力が働かないなあ。


Take someone to the cleaners

テーマ:

意味:

ぼったくる


説明:

to overcharge or to cheat someone willfully out of his/her money.

Only people can be subject of this phrase.


Example:

It has been suggested that many auto mechanics will take their female customers to the cleaners because women aren't generally well-informed about their cars.


cleanerへ連れてくのが、ぼったくる意味とは、おもしろい表現。

なんでだろう?

Mean beans

テーマ:

意味:

ささいなこと、意味がないこと


説明:

to be totally insignificant;

to mean nothing.

This idiom is used both in a negative and positive form, with no change in meaning.

It should be used in very informal contexts, mostly in spoken English.

Example:

This job doesn't mean beans to me.

OR

This job means beans to me.


beansというのが何となくかわいくて、

記憶に残せそうなidiomです。

レッスンでは、最初にidiomを予習なしで読んで

どんな意味かを考えるところから始めますが、

単語の意味から何となくわかるものと、

全く想像がつかないものとに分かれます。

このmean beansは、

beans = 豆 = 小さい

という連想から、おおよその見当がつきました。



テキストの The Idiom Advantage: Fluency in Speaking and Listening

は、idiomを使った広告ポスターを紹介しながら、

用例を学べるから非常に楽しい。

Is this idiom in this ad used literally, or idiomatically ?

という質問が必ずついている。

答えは大体"both"なんだけど!


mean beansを使った広告:

Does Easter mean beans to your kids?

というキャッチコピーと、ジェリービーンズが

小さなバスケットに入った写真。

教会の宣伝ポスターでした。

イースターには、最近絵を描いた卵でなく

ジェリービーンズを子供達に配ることも

あるらしいです。

子供達にとっては、

イースターはjellly beansをもらえる楽しいお祭り。

同時に、

イースターは子供達にとって意味のないことですか?

と親達へ教会のPR。










A Pain in the neck

テーマ:

意味:いらいらするもの


A Pain in the ass ともよく言う。

同じ意味。


このイディオムをレッスンでやった数日後に

テレビで映画を見ていたら、これを言ってるのが

聞き取れた時はやった!と思いました。

クリントイーストウッドが映画監督役で

アフリカロケそっちのけで象を打つことに

夢中になってる映画。

ハリウッドから到着したプロデューサーが

「まーったく彼はいつも頭痛の種さ」とぼやく

シーン。

先生がassのほうがよく使うと言っていたが

そのとおりのようだ。


How was Tokyo?

テーマ:

英語の先生の帰国が近づき、レッスンも残すところ

あと1回になりました。

2年近くお世話になったので、ちょっとさびしいです。


今日、「東京はどうでしたか?」と質問してみたら


LOVE Tokyo.

「アイ ラァーーブ トウキョウ」

と、loveをかなり強調して言ってました。


東京は外国人の方に住みやすいのかなあ、

当の日本人達は、とかくストレスを感じてる

都会の生活なのに、どういうところがいいのか

聞いてみようと思いました。


What is the reason ?

と言ったのですが、これは

ちょっとずれた聞き方だったのかも。

"Reason ? Why?(って聞きたいの?)"

と確認してきたので、あーとかうーとか

言ってたら

"What makes you like it・・・

or

What is the point ・・・"

という聞き方があるよと教えてくれました。

(メモ取らないので正確に思い出せない (・・;

 これだからいけない・・)


理由は?と気軽に聞くには

reasonはニュアンスが違うのかな。

あとでちゃんと調べてみよう。


東京を好きな理由

Peaple are friendly, it's the greatest point,

it's clean, it's safe,

transportation system is so ・・・(整備されている)

the weather is good,

and  I'm employed!(smile)

I like doing this job.


正確に再現できてないんですが大体こんな

感じの答えでした。

写真を撮るようなbeautiful spotがいっぱいある

とも。

ふーんそうかねえ。と

こちとらは思っちゃうわけですが。