雨降って決意固まる 2

テーマ:
さてと、「雨降って決意固まる」の続きです。
ちょうど今アメトピであげていただいているようで多くの皆様にご訪問いただいています。

私たち夫婦の他愛もない私事の件ですが、やはり同居って女に産まれ嫁いだ身には永遠の課題のようで…

今同じように局面に立たされている嫁の皆様方(笑)にはこんな考えもあるんだなぁって一例として見ていただければ嬉しいです。


***

私は長女と次女を自室で寝かしつけ、夫は息子と子供部屋で寝ているとき、
そんなこんなで


もういいや、同居ぐらいやってやろうぞ!
その気持ちで結婚したんじゃん、私。


という結論になりました。


ほんの数十分前までは

同居なんて嫌で嫌で、
死んでも嫌!!

だったのに、この変わりよう。
あまりの自分の気持ちの変化に我ながらびっくりですが、なんだか妙にしっくりきちゃったのです。

胸のつかえがとれたというか。

なんかもう今後義母のこととか、小姑のこととか、同居を案じて気を病む必要ないんだ!
となったらすっと気が楽になって。


結婚当初の初心に戻っただけというか、ある意味契約遂行したまでですがね。笑



でも、そうと決めたらすぐにでもその気持ちを夫に伝えたくて、ものすっごいセッカチなので。
夫の寝ている子供部屋をノックしました。


返事なし


またノックする


返事なし


ドアを開けてみる

ガチャガチャ


んっ??
鍵かけてるしーっっムキームキームキームキームキー


ってここで怒っちゃいけないので、ドア越しに開けてくれと頼んだら超怒り顔の夫が出てきました。

あーまだ怒ってるよ…

怒っている時は聞く耳もたない、放っとかれた方がいいタイプなのですがこの日は私も今フグにでも話したくて無理やり手を引っ張ってリビングに連れて行きました。



ものすっごいイヤーな感じで、

What???


と言われたけど怯まずに、とにかく私はまずはじめにきちんと謝りました。

これまでの義母さんや同居に対しての私の態度や言動について、正直に嫌だったから態度に出てたと認めました。





そこからは夫も聞く耳を持ってくれて、これまでのこと、これからのことをきちんと話してくれまして。

あちらも相談なしに同居のことを決めて悪かったと謝ってくれました。


その中でやはり再確認できたことは、

育ててくれた親の面倒を見るのは
子供の義務

という考えは、日本以上に中華系の家族では確固としてあるなぁと再確認。

(建国の父リークアンユーもそう言ってたぐらいだしね。シンガポールには日本ほど老人ホームが一般的でなくメイド文化があるので自宅で高齢者のお世話をするのがより一般的なのです)

でもそれってちっともダメなことじゃない。
ステキなことだわ。
かといって私は自分の子供に迷惑はかけたくないから老後のためにお金貯めようと思いますが…笑

もうこのときにはいろいろ感情錯綜していてなんだかボロボロと泣いてしまっていたのですが…


そして聞きました。

「マミー(義母)は私たち家族と近い将来住むことを知ってるの?」


「伝えたけど、僕たちに迷惑かけたくないって言ってたよ」

と。
それを聞いて私、さらに涙が出てしまいまして…

「だったら私が今伝えて来る」

と言って泣きながら義母が泊まっている部屋に突入。


突然嫁が夜に侵入してきてビクッと義母さん。

そこから私の拙い中国語と英語とジェスチャで

Mummy, next year, we live together. Okay???

と聞きました。
何がなんだか分からず首を振っている義母。

さっきまで息子夫婦が大喧嘩していたのを知っているし、その直後で私が大泣きしながら突然訳のわからないことわ言っているから相当困惑。



それでも私めげずに

夫、私、息子、娘2人の名前 
and mummy, 6 of us live together. Okay??

と続けました。


そしたら、後ろに夫が立っていて、困った顔で義母に通訳してくれました。

そしたら義母さん、にっこり笑ってこう返してくれたのです。

分かった分かった。ありがとう。
とにかく泣かないで。
泣くな、泣くな。

と。私の頭をポンポンしてくれたのでした。




その後は気持ちを落ち着けて夫とは平穏におやすみをして床についたそんな夜でした。

夫婦喧嘩も無事解決。



めでたし、めでたしコーヒー

なのかな?笑


なので、2018年にはとうとう姑との

同居生活
始まります〜

いろんな意味で楽しみだわ。強がりじゃなくてニヒヒ
頑張らずに頑張ります。

いい嫁演じることもせず、義母の前でも自然体でいきます。


***


結婚ってほんと夫婦2人だけの問題じゃないなぁって、子供3人できてよりそれを実感。


そんなご主人様はフライトでなんとモスクワ〜

「気温マイナスだよ。マイナス!
雪だったらいろいろ大変だぁ

なんてぼやいていたので、

「昼間散々シンガポール暑い暑い。12月なのにおかしいって文句言ってたのに?
ラッキーじゃないー氷点下なんて❤️
うらやましいわ」

と返しておきましたニヒヒ



モスクワかぁ、モスクワ土産って何だ?
マトリョシカ??





AD