ちょっと前、ディーンフジオカが日本の番組で、

シンガポールの本格バクテーが食べたい

とそれを探す旅をしていました。


そこに出てきたバクテーが、これまたなんでしょう。
シンガポールでよくあるローカルの安い回転寿司を見たときときの同じような衝撃がありました。

バクテーは私、家でよく作りますが難しくないのですよ。あの市販の素を使ってしまえば。

ディーン様が来店してくれるなら日本でバクテー屋さんでも開こうかしら?


***

で、本題。

こちらもバクテー。

あ、ちなみにバクテーとはシンガポールのローカルフードで肉骨茶と書きます。

骨つきのポークリブを柔らかく煮たスープです。
シンガポールのバクテーは胡椒が効いていて、マレーシアのバクテーはもっとハーバル薬膳系。
私はどちらも好き♡


シンガポールでこのバクテー、たくさん有名店がありますが、やはり私の一番はBalestierにある


です。

以前はこの本店によく通っていましたが、実は最近支店をオープンしたのですよ。

LavenderとBugisの間に。

{E2669111-3708-469F-AE5D-6D72154A7CC5}


Hotel Bossの1階角にあります。
車はホテルの駐車場に停められるので楽チン。
{7275C4DE-E79B-45EE-91D4-2FEA1E4A76EA}


店内ひろい!
子連れではぜったいこちらのお店が便利。
広いし、店先に本店のような階段もないし。

お値段はちょいと高い気が?気のせい?
{4356F9EE-48ED-4329-B588-D4294C28E93E}


ここではぜひ一番高い
PremiumRib 11.8ドル
を頼んでください!ショートリブのものなどもるあるのですが、ここのウリはこの長い骨つき肉です!
⬇︎⬇︎⬇︎
{A8DC367E-BE5E-4404-887A-F8F56D80C525}
ラブラブラブラブ

ほろほろに煮込まれたお肉。
はい、もちろん手で持ってかぶりつくのがお約束♡
骨から簡単に外れます。  

お供に私はぜったい白飯!
麺派の方もアリ。
この前ボンビーガールで水トアナはこのバクテースープをがっつりご飯にかけて召し上がってました。
はい、それ正解!一番美味しい食べ方♡

ここのスープは胡椒ベースですがSongFaよりはマイルド。
息子はそのまま飲めるし、娘は別にオーダーしたミネラルウォーターでやや薄めて食べさせてちょうどいいぐらい。
子供用に味を薄めるためにお湯を頼めばくれますが、私はめんどくさがりやのセッカチなので、水です。
いつも、水!笑

だって温度も下がって一石二鳥。

ちなみに子供用のカトラリーの用意もありました。

バクテーで忘れてはならないこの菜⬇︎ salted veg
大好き♡
{2E2AB4B3-8D73-440B-9F50-CC9EE6706C24}


1枚目の写真にありますが、揚げパン(油条YouTiao)はスープに浸して食べてね♡


ここは母と叔母を連れて行ったのです。
もうシンガポール何回も来ているのにバクテーは初めて。
感動してました。

このお店は他にもホルモン系の
胃とか、腸(モツ)のスープもあるので、ホルモン好きの方にはこちらもオススメ。
さらにあっさりしていて美味しいです。

{1D85E153-658E-4641-8596-EDCA7AD8B588}

{AA7125B5-5AB7-47D6-B0F9-54AEB04118BA}


見てたら食べたくなってきた…


バレスチア店は午前2時まで、こちらの新店舗は朝5時までやってるよ…
すごくない?ポーンポーンポーン
独身の頃は飲みの後のラーメンみたいな感覚でよく行ってました。
シンガポールのローカルもそんな感じで使ってましたよ。

{FD574300-B64D-40D2-9061-CB3A83F34D9C}

ちなみにバクテーの起源は
その昔中国からの労働者(苦力)が短時間で手っ取り早く栄養補給できるようにと作られたのが始まりだそうです。
いらないと捨てられそうな豚肉の骨を煮込んで、そこにわずかについているお肉を削って召し上がったそうな。
それが今ではみんなに愛される国民食に。

日本人の口にも合うローカルフードなのでご旅行の方はぜひお試しアレ♡


AD