そういえば最近、ケータイのキャリアをM1からSingtelに変えました。
(ね、そいえばいまってケータイじゃなくてスマホって呼ぶの?そこに慣れないー!英語でわざわざsmart phoneと呼ぶ人いなく、まだみんな従来通りmy phone, my mobile phone って呼ぶので未だに私も日本語ではケータイと呼んでしまう…)

契約期間が満了していたのを期に、夫が使っているSingtelへ番号そのままでのりかえ。

シンガポールでも番号そのままでできるんですねー。夫の会社のコーポレート割引があるので夫名義で契約しているので、夫が出向かないといけないのですが、新しくしたい会社に出向けばそれだけでオッケー!

既存の会社に解約の手続きもしなくて良いらしく、あとは全てお任せとのこと。


今回変えた理由としてはまた新しいケータイがもらえるから♡←


前回自分の機種変を私に譲ってくれ、いま私はiPhone6S plusユーザーなのですが、夫は未だに古いsamsungを使っていて、やはり機種変したくなったらしく今回これを期に、

{6C6FEA80-A8EB-42AB-9722-7A111B918773}

Galaxy S7 edgeに替えていました。
見た目このケータイ、すっごいかっこいい!!
夫はめっきりandroidに惚れ込んでおりまして。
(でも、私はiphoneが好きっちゅー)



番号そのままで乗り換えの場合、すぐその場で新しいSIMカードがもらえますが、完全にサービスが移行完了には数日間かかります。

この移行期間、ひとまずダミーの仮番号があてがわれているようで、発信すると、着信側は知らない番号が表示されます。

けど受信は問題なくこのダミー番号への転送がかかるので、電話の受信、電話番号に紐付いたwhat's appも問題なく利用できました。


ちなみにシンガポールでのキャリアは

1. Singtel
2. Stathub
3. M1

と3会社あり、日本でいうNTTがSingtel, KDDIがStarhubで、SoftbankがM1というとイメージつきやすいかも?

もうすぐ4つ目のキャリアもシンガポールにお目見えしてくるらしいです。



それとインターネット

だいたいのご家庭では、ケータイどうようにいずれかでインターネットも契約されてる方が多いかとおもいます。シングテルと、スターハブはケーブルテレビもあり、スターハブにおいてはNHKも見られるので。




正直、使い心地はどこも大差ないかなぁ。ケーブルの太さもシンガポール国内ではどの会社も代わり映えないような気もします。



ただ、日本のサイトへアクセスしたり、日本のテレビをご家庭でストリーミングされたりしている方へのおすすめは、
NTTComがシンガポールでも個人向けにインターネットサービスも提供しているので、独自の日本向けの海底ケーブル持ってるこちらのほうがサクサクいく可能性は大!
断線しても迂回路もあるので。
日本語サポートもあるそうなので、ご自宅での快適なインターネット環境が重きをおく方には向いていると思います。


と、今日はちょっとマニアックな話してみましたニヤリ





AD