発達障害(元・知的障害)1年生の息子とママの日々!毎日更新中~!

4歳で広汎性発達障害(知的障害あり)と診断された息子、幼稚園では、加配の先生を付けてもらっていました。
その後IQが上がり、6歳で「知的障害」は取れたので、元・知的障害と書いています。
最近の診断では、自閉症スペクトラムです。

NEW !
テーマ:

息子の靴を買いにいったのは、大型ショッピングモール。



フードコートでお昼を食べる予定だった。





フードコートをぐるっと見ると、


あれ?


ハンバーグがない。




前回来たときは、「お子さまハンバーグランチ」があったのに。





息子は食べるものが決まっている。



外食では、ハンバーグか、牛丼のみ。


(家では他にも食べられるものがあるけど、外食だとこの2つのみ。)




一応マクドナルドのハンバーガーも、ピクルスを取り除けば食べることができる。



が!





マクドナルドがあると思っていたら、私の勘違いで、モスバーガーだった。


息子は断固拒否。


「モスバーガーは、食べません!」



(モスバーガー、おいしいのに。)






仕方なく、フードコートはあきらめて、レストラン街へ。



ぐるっと周るも、ハンバーグがない。





まさか、ハンバーグがないわけないよね~



と思いつつ、もう1周。



お肉のレストランはたくさんある。





ステーキ、焼肉、串焼き、カツ丼、


あとは、パスタ、ピザ、お寿司、中華・・・


でも、ハンバーグが、ない。



お店の中のメニュー表には載っているのかもしれないけど、入り口の、メニューサンプル(蝋のやつ)には、ハンバーグが見当たらない。





私;


「ハンバーグ、ないねぇ。


どうする?他のお肉を食べてみる?」







息子;


「ぼく、お昼ご飯は、たべません。」
















そうなんだね~、


息子は食べられるものがないと、おなかがすいてても、食べないんだね。


朝ごはんからかなり時間が経って、おなかがすいているだろうに。






それでも息子は、ハンバーグがないからと怒るわけでもなく。


おなかがすいたとグズるわけでもなく。



普通にその後の用事を済ませて、家に帰ったら3時だったので、おやつを食べた。










そういえば給食も、ほぼ食べていないと先生が言っていたな。



ぐちゃぐちゃかき回して、周りの子にあれこれ話しかけて、時間がきたら終了。



給食費もらっちゃって申し訳ないです、なんて先生はおっしゃっていた。








確かに、


「食べたいものがない=食べない」


という選択肢も、あるには、あるよね~






でも、ハンバーグも牛丼もないからお昼は食べません、て、すごいな~




「ジャムパン少年」みたいだ。


ジャムパンしか食べられないけど、すくすく育ったイギリスの男の子


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「1年生」 の記事

テーマ:

息子の靴(19cm)が、どう見ても、小さい。


息子に靴がキツくないか聞いても、ずっと、「きつくない」との答え。




そう、新しい靴をはくのは、息子にとって、ものすごく抵抗がある。




これまでも、こだわりが強く、靴のサイズが上がるたびにけっこう大変だった。



幼稚園時代は「置き靴」が要るので、合計3足そろえてあった。


けど、


結局その中の1足しかはかない。






子どもの靴とはいっても、お値段はなかなかのもの。


履かないままサイズアウトしていく靴たちに、ちょっぴり切ない気持ちになってきた。







ということで、最近はずっと、同じメーカーの、同じデザインの、サイズ違いを買うことで落ち着いていた。


ブログに書いたら、皆さんけっこうそうしていることが分かって 、買うとき迷いもないからこれはこれでOKだと思ってきた。






「また同じ靴を買えばいいじゃない?」と、


抵抗する息子を連れて、靴を買いに。







ところが!


同じデザインの靴がない!






似たようなデザインのを探すも、サイズ(20cm)が在庫切れ。






うーん、困った。


こだわりきれない。







仕方ないので、私が適当に選んで試着させる。



「あら!似合うじゃない?かっこいいね~!」と、褒めそやしつつ。


(店員さんも一緒になって褒めてくれるので、やりやすい)








今は幼稚園みたいに”置き靴”は要らないので、2足あれば大丈夫。




とってもカッコイイ靴たち。






はいてくれるといいな~

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

夏休み中は、午前中でも行けるので、けっこう予約が取れている、病院の療育。



作業療法(OT)で、きのう、息子の様子がおかしい。


いつも楽しんでやるのに、きのうはキーキー叫んだり、先生の指示を無視したり、勝手にどこかに行ってしまったり。





どうしたのかな・・・?






思い当たることは、



息子は、「下手」、「難しい」、「できない」が、極端に苦手。





きのうは、初めてやる項目が多かった。



・輪ゴムで形を作る教材


色とりどりの輪ゴムを、見本と同じ形になるよう、位置を確認しながら突起にひっかけていく。



 


初めてで、しかも先生が、


「息子くんはできちゃいそうだから、ちょっと難しめのをやってもらおうかな~」


と。


初めてなのに、けっこうな難度の問題。





だいぶ時間がかかってしまい、息子は萎えた。




・トランポリンでケンケンパ


ケンケンパが、もともと苦手な息子。



ケンケンはまだいいんだけど、「パ」のときに、両足が揃わない。



「パ」にならず、片方ずつ、「パパッ」と足をついてしまう。




地上でもできないケンケンパ、トランポリンの上では、もっとできない。





息子はキーキー叫び始めた。






・土管形の遊具でバランスを取る練習。




土管におなかをつけて、勢いをつけて、ころんと前に行き、両手をついて、その先にあるパズルをする。









パズルを1ピースはめたら、手で地面を押して、後ろに戻る。


立って、また最初から、


土管に腹ばいになって、勢いをつけて、前に行く。


またパズルを1ピースはめる。






この繰り返し。






土管に腹ばいになったとき足が付かないので、息子は「怖い」と思ってしまい、動揺。



走って逃走。






「難しい」、「できない」と思うと、不安が一気に出る様子。



そうすると、キーキー叫びっぱなしになり、多動も炸裂するようだ。




そっか~、


興奮すると多動になるけど、不安でも、多動になるんだね。







「初めてのこと」は息子にとって、極端にストレスがかかる。


それに加えて、「難しい」課題の連続。





先生に、不安を上手く伝えられるといいね。





AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
息子がずっと観たいと言っていた、映画『ルドルフといっぱいあってな』



息子と二人で観に行ってきた。




息子は映画館は、これで3回目。



おととし、幼稚園の年中さんのときは、『プレーンズ2』。




プレーンズ 2 
 

薄暗い映画館の雰囲気にビックリして、最初から、「おうち、かえるー!」と言っていた。



夫と二人で、どうにかなだめすかしつつ、一応見ることができた。




でも、手に汗握らない会話のみのシーンでは、


「おわるよー!」


「かえるよー!」




席を立ったりしゃがんだり、


座席の下のほうでもぞもぞしたり、


夫がひざに抱っこしたり、


私がひざに抱っこしたり、


コーラ買いに出る?と聞いてみたり。



エンドロールでもう耐え切れず、通路に飛び出す息子の首根っこをつかんだ記憶がある。







去年、年長さんのとき。


観たのは『ミニオンズ』。



 


そわそわしながらも、ずーっとドタバタのストーリーだったからか、息子は最後まで観ることができた。






さて、今年はもしかして、私一人でも連れていけるかも!?


と、息子に聞いてみた。




「お父さんと、ママと、息子、3人で行きたいですか?」





息子;


「ママとふたり~(でいいよ)」






ということで、ちょっと緊張しつつ、息子と二人で映画館へ。


ファンタとポテトを買って~






映画が始まると、息子は終始、スクリーンを見ていた。


完全には理解していないだろうけど、話の筋を追えるようになってきたかな?






終わった瞬間、


「ママ、長かったね~」





飽きてたのか。







息子はじっとはしていなかった。


けど、そわそわしたり、身を乗り出したりする程度で、一応座席に居られるようになった。


息子と二人でも、映画に行けると分かり、嬉しいな~



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

頭を悩ませていた、夏休みの息子の食事。


とにかくすごい偏食で、食べられるものが、極端に限られている。



野菜とフルーツは完全拒否。




でも、発達相談の医師に、「ムリに食べさせなくていい」と言われてから、特に気にせず、ムリもさせてこなかった。





ちょっと前、テレビかYoutubeか何かで、”ホットドック”を見た息子、


「ぼく、ホットドックを食べてみたい」と言いだした。






ということで、試しに作ってみた。




もちろん野菜は拒否なので、具はウインナーのみ!



ケチャップとマスタードをかけて、


こんな感じ↓







食べてみたら、すごく気に入った息子。






そこから毎日、


「ホットドック、ください」






夏休み料理記録をつけているので、見てみると、


8月16日に、新星のごとく現れたホットドック。









わ~!息子が食べられるものが増えた~


と、喜んだのもつかの間、






毎日毎日食べて・・・、





きのう、ついに、飽きた。


「もう、ホットドック、食べません。」







短い期間だったけど、楽しかったヨ~

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

息子の夏休みの宿題


なんか多いな~と思っていたら、通常級と、支援級、どちらからも出ていたことが判明。



(ずっと支援級で過ごしている、同じ1年生のRくんママと話して分かった)




でもだいぶ片付いてきた。




・プリントの束(通常級)



・プリントの束(支援級)



・自由作品(工作、絵、ポスター、自由研究、読書感想文から1つ以上)


工作





そういえば、同じ支援級ママに聞いた、工作。


洗濯のりで作る、スノードームを作ったそう。


20分くらいで完成する上に、とってもキレイで、オススメとのこと。


作り方をリンク しておきます、ご参考まで。


※「スノードーム 手作り」などで検索しました











・絵日記2日分(通常級)



・絵日記2日分(支援級)



・あさがお観察日記(2日分)



・音読カード(40日分)



・日記(40日分)





ということで、あとは毎日やる音読と、日記のみ。


これらは夏休みの日数分あるので、最後の日までかかる。








勉強が終わってから、ipadの時間。

逆の順番は、存在しないことになっている。



なので、息子は(ipadをやるためだけに)よくがんばって勉強しているねぇ。

息子にとっては、今のところ、運動よりは、勉強のほうが、まだラクなのかも。






本当は縄跳びとか鉄棒とか自転車も、夏休みにやろうと思っていた。


けど、


外に出て運動するのは、息子はすごく抵抗する。



暑かったり、台風だったり、私の抵抗感もあり、なかなか外遊びをさせていないな~





いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

私の実家で、私の父が、息子に手品を披露してくれた。




おじいさん;


「なんにも持っていませんよ・・・」





「鼻の脂をちょいちょいっとつけます」





「それを、ひじに塗って~」





実はここで、ひじに注目させるのがポイント。


衿の後ろに、鉛筆があらかじめ仕込まれている。





「パッッ!」






息子は大喜び。


一生懸命、自分の鼻をこすって、油をひじにつけてみたり。





かわいいな~。






ということで、「手品」を理解した息子。



「ママ、ぼく、手品、できるよ~


両手に何も、ありません。



両手をこすると~!」





「ほら!消しゴムのカスみたいなのが!」








いつもちょっと湿っている息子の手、


それは、アカだよ・・・

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

息子との夏休み、だいぶリズムも慣れてきて、とてもいい感じになってきた。


朝ご飯を食べたら、掃除。



息子の担当は、モップがけと、トイレ。




トイレは今までは、便器周りをビチョビチョにして洗ってくれていた息子。



少しずつ上手になってきて、今では床を濡らさず便器をぴかぴかにしてくれる。



私がやり直すことも少なく、とってもラクになった。





それから勉強ルーティーン。



くもんの宿題と、学校の宿題、それと個人的に私がやらせているのが、問題集とひらがな練習。





・くもんのプリント


・音読


・ひらがな練習


・Z会の問題集(算数)




これらが終わったら、楽しいタブレットの時間。




ipadでYoutubeを見る。



アニメのワンシーンを抜き出して、毎日私に持ってくる。


「これを、描いてください」と、何かしらの絵を描かされる。






で、私が描いた絵を切り抜いて、遊ぶ。





午後はたいてい習い事か、病院の療育へ。


たまにお友だちを呼んだり、プールに連れて行ってみたり。





息子とベッタリ一緒の夏休み。





1ヶ月が過ぎ、正直自分一人の時間が欲しいな~と思うこともある。




うちは息子一人だけど、それでも1日中ずっと一緒だと、「夏休みが早く終わらないかな・・」みたいな気持ちが出る。



なので、二人三人と子どもを見ているお母さん方を見て、本当に偉いなと尊敬する。




自分の子どもの面倒を見ても、誰も褒めてくれないし、ましてやお金ももらえない。

(というか、お金がかかる)




けど、だからこそ、すごく立派なことだと思う。


二人三人、またはそれ以上のママの皆さんを、尊敬、応援しています。








この地域は、8月末まで夏休み。



まだ1週間以上あるけど、がんばるぞ~


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

連続で息子のお友だちご招待。




きのうは、幼稚園で一緒だった、自閉っ子のKくん親子に来ていただいた。



小学校は別々だけど、放課後デイでは一緒だし、今でも仲良しな二人。



今回も、楽しく一緒にプラレール。


けっこう関わりながら遊べていた。







Kくんママと私は、優雅なお茶タイム。




Kくんと息子は、似た発達具合。



Kくんも、支援級に在籍しつつ、普通クラスで過ごし、今のところ問題なくやれている。


成績も良く、普通級への転籍の話も出ているそう。




それでも、人との関わりは、ものすごく苦手なKくん。







どこまで、どう、教えるか。


Kくんママもとっても悩んでいる。






Kくんは、ふくよかな人に、「デブですね」


髪の薄い人に、「ハゲですね」


と、何の悪気もなく口に出してしまう。






他人の外見上のことに言及しないよう、教えているそう。







息子もそういえば、太っておなかが出ている相手に、「おなか、すごいね」なんて、悪気なく言ってしまったりする。






かといって、あまりおかしな偏見を持ってもらいたくない。



デブはダメ、


ハゲはダメ、


みたいには思ってもらいたくない。





人を見るときに、そこで見るわけじゃないよね、と教えたい。



だいたい息子だって、キューピーちゃんみたいにおなかがポコッと出ているんだし。







Kくんママ;


「普通の子は、どれくらいの年齢で、そういう気を遣えるようになるんだろう・・・」

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

同じ支援級の、3年生のFくんと、そのママを、家にご招待。



息子はFくんが大好き。


Fくんも、息子くんが好きと言ってくれる。





二人は同じ部屋で、あまり絡むことはないんだけど、穏やかに、それぞれやりたいことをやって遊んでいる。





ママ同士は(憧れの)優雅なお茶タイム。


 



なんて楽しいひととき.。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 。









Fくんママが、ぽつりぽつりと話し出すことには・・・







この前、Fくんを連れてスーパーに行ったときのこと。



買い物を終えて、袋に商品を詰めていたとき。





隣の台で袋詰めをしていた家族の、小さい女の子が、ギャンギャン泣き叫んでいた。






Fくんは、トコトコその女の子に近づいて、


「どうしたの?大丈夫?」と言った。




Fくんは自閉っ子。


動きが独特、


言葉も遅くて、一本調子。






その後スーパーを出るときに、その女の子のママとおばあちゃんが、


(Fくんのことを)「今の子、ちょっとアレな子だよね」と。






私;


「えっ!ひそひそ言ってる雰囲気が分かったの!?」




Fくんママ;


「ううん、ひそひそじゃなくて、言ってる言葉がハッキリ聞こえたの。」






”アレな子”なんて、目の前で言われると、こたえるよね~、


というFくんママ。










私も、聞こえよがしに(そのつもりはないのかもしれないけど、)言われたことがあるから分かるな~





Fくんは、優しい気持ちで、女の子を気遣っただけなのにね。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。