マリーアントワネットのドレスのハギレ

テーマ:

本の内側に大切に装丁された

ドレスのハギレ。

 

時を経ているのだけれど

そう色褪せることもなく、今、目の前にある。

 

ケース越しでのご対面だが

 

やはり他のどのハギレよりも

想像力を掻き立てられるかもしれない。

 

絹のドレをを身に纏うことが

当たり前の王妃でありながら、

 

コットン、そして、

織りではなくプリントという

 

当時の常識では考えられない

生地のドレスに袖を通したマリーアントワネット。

 

彼女をこうまでして魅了した

トワル・ド・ジュイの生地は

 

当時も今も多くの御婦人を虜にし続けている…

 

 

今回は行くことが出来ましたわ~

トワル・ドジュイ展

 

 

 

観たい行きたい展示があっても

地方暮らしのワタクシは

 

なかなかお江戸へ出没する機会がございませんの。

 

気が付けば会期終了・・・なんど、

トホホと、肩を落としたことでしょう。

 

でも、

 

許される時間がたっぷりあるわけでも

ありませんので、ね、

 

駆け足での拝見となりました。

 

このチラシのこの部分(赤丸のところ)


 

どちらかの貴婦人がマリーアントワネットと

言われているのだとか・・・

 

 

お裁縫はあまり得意ではありませんが、


このモチーフで夜会用のドレスを作ったら…
こちらはお屋敷のカーテンに・・・

 

な~んて、しばし、妄想想像の世界へと遊んでしまいました。

夜会なんて、あるんかい?uzumakiさん?
お屋敷・・どこ?

 

 

 

美しい布に魅せられて・・・
本日も Merci~ ドキドキ

↓↓↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ