アップルライフ

『子どもたちに安心・自信・自由を』
子どもを育てることが好きで子育ての専門家より大切なことを学びました。


テーマ:
私はこの記事を読んで、昼寝ができなくなるほど、

腹が立ってしまいましたあせるビックリマーク



毎日新聞 2008年8月3日 東京朝刊

終身刑:保岡法相、導入否定的 
「希望がなく残酷」「日本の恥の文化になじまぬ」

 保岡興治法相は2日の初閣議後の記者会見で
終身刑の創設について、
「希望のない残酷な刑は日本の文化になじまない」
と否定的な考えを示した。

 法相は「真っ暗なトンネルをただ歩いていけ
というような刑はあり得ない。世界的に一般的でない」
と述べた上で、

「日本は恥の文化を基礎として、
潔く死をもって償うことを多くの国民が支持している」

と死刑制度維持の理由を述べた。


 終身刑を巡っては、超党派の国会議員でつくる
「量刑制度を考える超党派の会」が5月、
死刑と無期懲役刑のギャップを埋める刑として導入を
目指すことを確認している。

保岡法相は00年7~12月の第2次森内閣でも法相を務め、
在任中の死刑執行は3人だった。【石川淳一】




「日本は恥の文化を基礎として、
潔く死をもって償うことを多くの国民が支持している」

こんな話、初めて聞きました目

この大臣はそう思われているのですね。



「日本は恥の文化だから、

死刑になるような悪いことをしたら、

潔く死をもって償う。」って、


私はこっちの方が希望がなく残酷だと思います。

恥をかくことがいけないこととなるのですよね?



厳しすぎるわ~あせる



私は、恥をかくことなく、

生きていくことなんてできませんショック!


恥ずかしいと思ったり、恥だと思うことは、

人によって違いますよね。


恥ずかしい思いをしたくないと思って、

大人が子どもを自分の思い通りにして、

子どもの感情を抑えて、

子どもを窮屈にさせるから、

感情が爆発して、

法に触れることをしてしまうのだと

私は思っています。



「恥の文化」だとしたら、

国が、そこを変えていって欲しいです。


ではないと、

「子育て支援」と言って、いろいろ考えてくれても、

援助を受けれないんですよね。


「援助してもらうことが恥」と思う人は、

しんどいまま子どもを育てることになり、

虐待をしてしまうかもしれません。



また、

福田首相に頼まれているそうですが、

「再犯防止をどうするか」を考えるだけでなく、

犯罪防止をどうするかも重視して欲しいですね。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
「幼い頃から叱られる訓練を受けてないと、

 簡単なことでキレる。」



専門家が言った言葉をどこかのニュースで読みました。



ということは、

「幼い頃から叱られてた方が簡単なことでキレない。」

ということですよね。


「エーッ!? 私、叱られる訓練なんて受けてないのに、
 
全然キレへんよ~ビックリマーク




うちの親は、幸いにも私の気持ちを尊重して育ててくれたので、

私は自己肯定感を高く持つことができたようです。


こんなふうに育つと、

まず、叱られるようなことをしてかまってもらう必要がないから、

叱られないんです。



親の機嫌がよくなくて、怒ってたとしても、

「怒ってはるわ~、私はわるくないで~。」と思えるので、

叱られたとは思いません。


自分はわるくないから、

跳ね返す力が動いてくれるのです。




「キレる」って、たまった思いが爆発することですよね。

親に気持ちを受け止めてもらっていると、

イヤな気持ちがたまらないので、キレないのです。



「犯罪心理学」などの先生方はたくさんおられると思いますが、

ニュースを伝える人の気持ちも、そこに左右されていると思うので、

事件が起きるたびに、同じ先生にコメントをもらうのだと思います。


plainさんもこの件について詳しいことをブログに書いてくれてます。

叱られ慣れるとは・・


「叱ってた方がキレない子になるんだ」と安易に思わず、

「叱ることをなぜするのか?」と、

子どものことを考えてあげた方が、

 キレる。暴力。犯罪。

には繋がっていかないと私は思います。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
遅刻83人にゲンコツ、宇和島の中学教諭…行き過ぎと謝罪
7月11日11時55分配信 読売新聞

 愛媛県宇和島市の市立中学校の男性教諭(41)が、
学年集会に遅刻した2年生の男女83人全員の頭をゲンコツで殴っていたことがわかった。
うち生徒7人の頭にコブができ、男性教諭は「行き過ぎた指導だった」と、
保護者らに謝罪したという。

 学校側によると、男性教諭は今月3日、
2年生の生活態度について指導するための学年集会で、
生徒が集合時間に7分遅れたことに腹を立て、全員を正座させたうえ、
一人ずつ順番に殴ったという。ほかの教諭6人が制止しようとしたが、
止められなかったという。

 同中学の校長は「情熱的な指導の教諭だが、
生徒に痛い思いをさせてしまい申し訳ない。再発防止に努めたい」と話している。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この問題の「意識調査」を見てガックリしましたビックリマーク

意識調査


どれだけ大人に暴力を受けてきた人が多いものかと思いましたショック!



子どもを育てるということでは、

正座させたり、ゲンコツで殴っても

子どもは育ちませんよね。


学年集会に83人も遅れてきたということですが、

何か理由があったのかもしれないし、

いつもこういうことなら、

もっと、深く考える時間がいると思います。



この先生も暑い中、7分も待たされて、

腹が立ってやってしまったことなのだと思いますが、

小学生でもゲンコツで殴る先生がいるので、

暴力を肯定してしまっていることが悲しいです汗


体罰が禁止されていても、

こういうことになるのですから、

「遅刻してはいけない」と言われても、

遅れてくる子どもはいるでしょう。



痛い思いをさせられたら、

怖いです。


「恐怖心」や「憎しみ」しか残らないし、

行動を否定するのではなく、

自分自身を否定されたように思い、

腹が立ちます。

私なら「また遅刻してやるぞビックリマーク」と思ってしまいますむかっ



幼い子どもを育てるときも同じです。

ペチッと叩かれるだけでも子どもはびっくりします。

叩かなくても、言葉で伝えて、子どもを大切にするだけで、

子どもは学習していきます。

暴力を使う必要がないのです。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、中尾英司さんのサイトをご紹介させて頂いたのですが、


こちらもまた読んで頂きたいと思い、今日もご紹介させて頂きます。


「誰でもよかった」—秋葉原通り魔事件


私は中尾さんの「あなたの子どもを加害者にしないために」という著書を見たとき、


吸い込まれるように買ってしまったのですが、


それ以来、中尾先生のブログを読んでは、


「してはいけない子育て」を教えてもらいましたビックリマーク




政府が、刃物を規制しても、


無差別に命を奪うことを考える人はいなくならないと思います。



そんなことを検討して時間をとっている場合ではないです。



政府の人たちは、


どうしたらいいかわかる中尾さんのような専門家に聞いて


対策を真剣に考えて欲しいとまで思います。



今回の犯人が、携帯電話サイトの掲示板に書き込んだと


供述を認めているようですが、



‘いい人を演じるのには慣れてる みんな簡単に騙される’


‘大人には評判の良い子だった’





子どもの本心だと思いました。


いい子を演じるのなんて、慣れているんですよね。


大人には評判のいいことを知っているんですよね。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
秋葉原の通り魔の事件、またです。


「誰でもよかった‥」ってビックリマーク



誰でもいいことないやんむかっ


何にも不満のない人が人の命を奪いませんよね。



家族カウンセラーの中尾英司さんは、

「あなたの子どもを加害者にしないために」

誰でもいいから殺したいは親への殺意の裏返し

と、お話されています。ぜひ読んで下さい。



私もそう思います。




身体的な暴力はわかりやすいですが、



わかりやすい暴力でさえ、



傷つきたくないことから正当化される場合があります。



「愛情のある暴力はいい」とか‥。




また、精神的な暴力に気づけないこともあるようです。



麻痺してしまうようです。




池田小の事件より7年がたった今もまだ繰り返されています。



止めないといけないですビックリマーク



向き合いたくない身近なことから



向き合うことが大切なんだと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんなことがあったようですが、

謝罪だけで済むものなのでしょうか?



 児童の胸に「うそつき」と張り紙、体罰も…釧路の小学校教諭

 北海道釧路市立鶴野小の男性教諭(43)が、
担任する1年生の男子児童の胸に「うそつき」と書いた張り紙をしたり、
頭をたたいたりする体罰を加えていたことが24日、わかった。

 教諭は「規律を守らせようとしたが、とんでもないことをした」
と反省しているという。同校は担任の交代を検討している。

 同校によると、19日の休み時間、
男子児童が別の児童にいたずらしたことを聞いた教諭が、
男子児童を問いただしたところ、「やっていない」と答えたため、
教室内で頭を平手でたたいたり足をけったりした上、
「うそつき」と書いた紙を張って席に着かせた。
男子児童は泣いていたという。

 学校側は21日、教諭の報告で事実を把握。
同日午後、再発防止を申し入れに同校を訪れた母親に教頭と教諭が謝罪した。
教諭は23日、男子児童とクラス全員に謝罪した。男子児童は登校を続けているという。

(5月24日11時33分配信 読売新聞より)




ちょっとしたことでも、平気で子どもの頭を叩く先生がいますが、


やめて欲しいです。


「体罰」かどうかという問題以前の問題だと私は思います。


この子どもさんがどれだけ心が傷ついたかと思うと胸が痛いです。

取り返しがつかないですよね。

人を信じることもできなくなるし、

マネをする子どもだって出てくると思います。


暴力や罰は、

人の心を傷つけるものだと私は思います。



もし、託児所や保育所の保育士さんが、

暴力や体罰をする方だったら、

そんなところに子どもを預けないですよね。

預けられないですビックリマークむかっ



小学校の先生でも同じですよね。

怖くて預けられないです。

謝罪だけで済む話なのかなと思いました。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。