アップルライフ

『子どもたちに安心・自信・自由を』
子どもを育てることが好きで子育ての専門家より大切なことを学びました。


テーマ:
24時間テレビを見ていると、

いろんな人たちが、いろんな場所で、

自分らしいスタイルで頑張ってることがわかり、

スゴいよな~と思います。


改めて、

生きるということや、

自分を大切にすることの大切さを感じました。



アップルくんは24時間テレビが好きで、

毎年楽しみにしているのですが、

今年のTシャツTシャツが可愛いかったので、

「買おうかビックリマーク」となり、

売っているお店に買いに行きました走る



その途中で、スゴい人たちを見たのです!!


外国の方だったのですが、

10数名ほどのグループで

車椅子に乗っていらっしゃいました。


その方たちは、駅のエスカレーターを、

次々に、後ろ向きに乗られて降りて行かれたんですビックリマーク


駅員さんも後ろについて来られていましたが、

駅員さんの出番はなかったですあせる



スゴ~い合格

カッコいい~キラキラ3って思いました。



自分が持っているものの中で、

自分にできることをして、

自分のやりたいことに挑戦して、

また成長して、できることをして‥


その繰り返しで、

自分の欲求が満たされていくのって、

気持ちいいですよね音譜


自分らしさを大切にしたいですグッド!

24時間
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
晴れ夏休みの宿題の「自由研究」晴れ


アップルくん男の子

1ヶ月かけてがんばりましたガッツ


それも大作になりましたビックリマークきらきら!!



タイトル『僕の好きなもの』

自由研究1


自由研究2

飛んでいるのは「エンシェントドラゴン」ビックリマーク

緑色のはワニです。

紫色のは「悪魔」です。

自由研究4

このちっちゃい恐竜は左上矢印自分で考えたようです。


自由研究3

このエンシェントドラゴンが食べようとしている

お肉も自分で考えてましたニコニコ

後ろの赤色のも「悪魔」です。


上から見たらこんな感じです。左下矢印

自由研究5

上からも見えるようにくり抜いて、

セロファンのようなのを貼っています。



材料は

折り紙、工作用紙、ペットボトル

針金、わりばし等、ほとんど、家にある物です。


ポスターカラーを始めて使って、

工作用のハケを使って色を塗ったのですが、

「疲れるけど楽し~いキャッ☆」と言ってました。



「これ、どうやって学校に持っていくん!?

って思いますよね。


実は、この土台になっている物は、

ぺっちゃんこになるようになっていて、

中の物は、取り外しができるようにしてあるんです。


先生に見せるときは組み立てます。



よくこれだけ作ったなと、脱帽です合格






◆「エンシェントドラゴン」
神谷哲史作品集より

◆「悪魔」「木」
本格折り紙―入門から上級まで (著)前川淳

◆「ワニ」
Crocodile クロコダイル
作 Xander D. Arena ザンダー・D・アリーナ
第11回折紙探偵団コンベンションより



◆他はアップルくんの創作です。




※携帯で撮ったので見えにくいですが、

plainさんがデジカメで撮ってくれているので、

またplainさんのブログにUPしてくれると思います。


以前にplainさんが撮ってくれていた写真が綺麗ので、
こちらで見て頂くことができます。
    左下矢印
エンシェントドラゴンのアップ

悪魔のアップ

ワニのアップ




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
「売っている物はさわってはダメ!」

こう言われて、お母さんに叱られていた男の子(5歳くらい)がいました。



その子は、お母さんと一緒にドーナツ屋さんドーナツに来ていました。

美味しそうなドーナツを見て、

思わずさわりそうになったのです。



その瞬間、雷カミナリでも落ちたみたいに、

お母さんが、怖い顔で、

キツい口調で、

「売っている物はさわってはダメ~ビックリマーク



「あ~、言っちゃったあせる」と思いました。



アップルくんも保育園に行っていた頃、

同じことがありました。

私は、その時のアップルくんの顔を思い出しました。


パン屋さんに入ったとき、

どれも美味しそうなパンがたくさん並んであるので、

「うわぁ~、おいしそう~かお」っていうような、

キラキラした笑顔で、

触りそうになったので、


触ったら、買ってあげたらいいのだけど、

その瞬間、このお母さんのように、

ひぇ~~あせるビックリマークって感じになるんですよね。


私は、あわてて、

「美味しそうやね。これ欲しい?

こんなふうに売ってるお店では、

触ったら買わなアカンかもしれへんから、

欲しいのがあったら教えてね。

コレトングでとるからね。」と、

言ったと思います。



こんなセリフ用意してないし、

心臓バクバクドキドキになるんです。


でも、普段から、

気持ちを受け止める練習をしていたら、

なんとか、そっちの回路になって、

「ダメむかっ」とは言わずに済みます。



「売っているものは触ってはダメ!」

と、教えられると、

この子は、売ってるものを買えなくなりますよね。


この男の子も、美味しそうだったから、

触りたくなったのだと思います。

その気持ちは大切にしてあげたいですよねラブラブ




そんな光景をみると、

いつもドキドキしてしまいます‥かお
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
夏休みもあとわずかになりました。


宿題も大詰めを迎えていますビックリマークあせる


アップルくんの宿題には、

『習字』があって、

「全力投球」という四文字を書くのですが、


学校からは、お手本をもらってないので、

「投球」どんな字やったっけはてなマーク

「どうやって書いていいかわからんな~」と

ブツブツ言いながら書きましたショック!



教科書にも載っていないし、

別でお手本をもらってもいなかったので、

「ネットに載ってないかな?」と、

少し調べてみると、


同じ小学6年生の子が、

「全力投球」という習字の宿題をしている

ブログに辿りつきました。


その方のところでも、

「せめてお手本くらいつけてくれればいいのにむかっ」と

書かれていました。


今どきの小学校は、お手本って出さないのですね。


自由に書いていいのならいいけど、

あとで、朱色で直されるのはイヤですよね。



毎年、31日までかけていた宿題ですが、

今年は少~し早めに終わりそう‥かなニコニコ


旗追記
結局、お手本は、ワードで教科書に出てくる字体で「全力投球」と作って手本にして書きました。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、ショッピングセンターでぶらぶらしていたら、

兄弟・姉妹のいる上の子が、

お母さんがいるにもかかわらず、

親の役割をさせられている光景を見ました。



下の妹が泣いてるから

6歳くらいのお兄ちゃんが、

お母さんの命令で妹の手をつないであげたり、


1歳くらいの弟がダダをこねたら、

5歳くらいのお兄ちゃんが慌ててあやしたり、


お母さんはおしゃべりに夢中なので、

下の子が危ないことをしていたら、

お兄ちゃんが注意したり‥。


こういうところばっかりを見てしまいましたショック!



お兄ちゃんだって、

お母さんと手をつないで欲しいだろうし、


自分の面倒をまだまだ見て欲しいのに、

弟の面倒を見るのは大変ですよね。



これは、まだ自分の欲求を満たされていない子どもなのに、

「親の役割」をしていることになるんですよね。



このお母さん方も、

小さい頃、親からの命令で、

妹や弟たちの面倒を見てきたのでしょう。



このように育てられると、

上の子の欲求が満たされないまま

大きくなるので、

いつか、問題行動を起こしたり、

心苦しくなったり‥することがあるようです。




ひと組だけ、お母さんが

親の役割をしている光景を見ましたハート


それは、病院の待ち合い室で、

小4か小5くらいのお姉ちゃんと、

3,4歳の男の子がいる親子でした。


弟はゴーオンジャーの人形を片手に持ちながら、

絵本をお母さんに読んでもらおうと、

次から次へと、運んでくるのですが、

お母さんは、嫌な態度も見せずに、

優しくひざにのせてあげて、

優しい声で読んであげていましたハート


その横で、お姉ちゃんは本を読んでいたのですが、

弟の様子には見向きもせず、

「私はもうやってもらったから、

次はあなたの番よ。」

と、言っているかのように、


その姿を見ていると、

小さい頃に満足させてもらったんだろうなと

思いましたラブラブ



この姉弟ぐらいの年の差だと、

お姉ちゃんの小さい頃は、

充分にお世話してもらえたと思います。

このお母さんは凄いなと思いましたビックリマーク



知らず知らずのうちに、

上の子に親の役割をさせてしまうときってあるんですよね。

そして、それが日常的になると、

上の子の気持ちを考えてあげることもできなくなってしまうのですよね。



この絵本はそんな上の子の気持ちが書かれています。

ねえだっこしてねえだっこして
(2004/05)
竹下 文子田中 清代

商品詳細を見る












いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
はるな愛さんが、

子どもの頃から性別のことで、

悩んだり、

いじめをうけたこともあり、

死にたいとも思ったことがあったのだそうです。


でも、

「どうせ生きるのなら、自分らしく生きたいビックリマーク」と、

思われたそうなんです。



この「生きるのなら自分らしく生きたい。」という言葉に、

心を打たれました。



今、自分らしく生きておられる、

はるな愛さんは、とても輝いていらっしゃると思います。

私は大好きです。



愛さんが大阪にいらっしゃる頃も、

テレビに出られていることがあったのですが、

そのたんびに、

「この人、女の子より可愛いよな~ラブラブ」と、

ずっと思っていたんです。


今、‘エアあやや’で楽しませてもらっていますが、

愛さんのように

自分らしさを表現されている方を見ると、

スッキリします音譜


とっても気持ちいいですニコニコ


「私もそんなふうに生きたい。」って思います。



愛さんの場合は、

体と気持ちが一致していなかったのだけど、

気持ちと行動が別のことをしてしまうということでは、

性別に関係なく、

気持ちのままに行動できない、

表現できないという方は多いと思います。



葛藤ですよね。


気持ちに逆らって行動してしまうと、

自分の気持ちも体も大切にできなくなりますよね。


自分の気持ちのままに行動すると、

自分を大切にすることができるようになります。

自分が好きになるんですドキドキ


自分らしく生きることができますよね。


はるな愛さんのご活躍を見て、

改めて感じました。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、実家に帰ったときに、

父ちゃんが、

私の子どもの頃の話を話していたのですが、

私は、全然記憶になかったことで、

「え~っ、そんなことあったん!?」と、

ビックリしたおもしろい話でした。



それは、

私と私の弟がまだ小学生の頃、
  (低学年と中学年ぐらいだと思います。)

父ちゃんは、私たちに、

本格的にマージャンや花札を教え込んでいましたビックリマーク

そして、母ちゃんに怒られていたそうなのですあせる


私は教えてもらったことは覚えているし、

よく遊んだことも覚えています。


覚えているのはそれくらいです。



父ちゃんの話によると、

私と弟が

どこを探してもいなくなったことがあったそうなんですビックリマーク


当時、両親は共働きだったため、

おばあちゃんが毎日私たちの面倒を見てくれていたのですが、

そのおばあちゃんが、

「どこを探してもいないビックリマーク

と、必死で探したそうなんです。



もう探すところがないと思ったときに、



耳をすますと、



家の押し入れの中から、



「パチン、パチンあせる



と、何やら音がしているのだそうです。





ひょっとして?




と、おばあちゃんが押し入れを開けてみると、




私と弟が、

懐中電灯ひらめき電球をつけて、

花札をしていたそうなんですビックリマーク



「花札」って札と札を合わせるときに、

パチン、パチンと音がするんですよね。

そんな音が、押し入れから聞こえてきたら

ビックリしますよね(*_*)



見つかってよかったのですが、

私たちは怒られると思って、

隠れて遊んでいたみたいです。



マージャンや花札は、

ゲームとしては楽しかったのですが、

子どもが遊ぶものとしては、

ちょっと、イメージがよくないですよね汗ショック!


なので、母ちゃんはイヤだったのだと思います。


私たちは怒られた覚えはないのですが、

楽しかったので遊びたかったのだと思います。

でも、また遊んでいたら、

「父ちゃんが怒られる」

とでも思ったのかもしれませんねべーっだ!



押し入れの中は、

なぜか、落ち着く場所なんですよね。


わざと怖い話をしたりして、

遊んだことを思い出しましたニコニコ
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
「子どもがお友達におもちゃを貸してあげれない」

と、悩むお母さんが多いようです。


「◯◯ちゃんもそんなことされたらイヤでしょ?!」と、

言い聞かせて、

お友達におもちゃを貸してあげているところを

よく見かけたことがあります。


「貸してあげないことは悪いこと」となってしまっているようですあせる



が、


子どもは、貸してあげたくないのです。

この気持ちを大切にしてあげたいですよね。

貸してあげてもいいのなら貸してあげるでしょう。



「おもちゃを貸してあげることができるとマル」で、

「おもちゃを貸してあげれないとバツ」

ではないのです。



子どもはせっかく自分の気持ちを大切にしているのに、

自分の気持ちとは反対のことをさせないように

気をつけたいものですね。


こんなときどうするか?‥なのですが、

「まだこのおもちゃで遊びたいのね。」

と、まず子どもさんの気持ちを受け止めてあげましょうラブラブ


「そうか、そうか」と「遊びたいんやね」と。



そして、

「お友達もこのおもちゃで遊びたいようだから

あとで貸してあげようか?、どうしよう?」と。


お友達も、遊びたい気持ちがいっぱいだと思うので、

ダダをこねたり、泣いたりすることもあるかもしれないけど、

ここでも、お友達の気持ちを受け止めてあげるのがいいですグッド!


「◯◯くんもこれで遊びたかったんだね」と。


「まだ、◯◯ちゃんが遊びたいようだから、

次は◯◯くんが遊べるよ。それまでこれで遊んでいようか?」と、


他のおもちゃを出してあげたりするのもいいですね。



こんなやりとりを続けているうちに、

大きくなって子どもだけになったときに

子どもたちが自分の気持ちを素直に伝えて、

順番を待って遊ぶことができるようになります。


5、6歳でも、まだまだケンカになると思うので、

2、3歳なら、これから練習していくこととしての課題ですね。


お母さんが子どもさんの気持ちを

受け止めてあげる練習にもなります。


こうして、子どもの欲求を満たしてあげていると、

子どもの共感力も育ち、

思いやりのある子どもさんになるようですニコニコ



おもちゃを貸してあげることが良い、ということではなく、

子どもたちの気持ちを受け止めてあげることが

一番大切なんですよね合格
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
売り切れ?!



マジで?



お店を5つも探したけど、



どこも売り切れでした。°・(>_<)・°。


「リズム天国ゴールド」



入荷予定もわからないくらいだとか‥



今日は私の実家に遊びに行く道中だったので


結局、plainさんに頼んでネットで注文してもらうことになりました。



いっぱい歩いたわ~(*_*)



アップルくんは、めっちゃ楽しみにしていたので



めっちゃ、機嫌わるくなるし‥



お店に行って買い物するより



家にいる方が買い物ができる時代ですよね。


実家に向かう電車の中で、



『人間リズム天国シルバー』



でもしようか?



と、アップルくんと手でリズムをとって遊んでました(^_^;)


人間がする分には



売り切れはないですし。



しかし、



売り切れとなると



どこも売り切れるのですね。



参りましたわw(☆o◎)w
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
夏休みに入ってから毎日、毎日、

アップルくんは折り紙をコツコツと

折っていたので結構な数になりました。


可愛いのから、凄いのん、

おもしろいのんまでヒヨコ カエル 馬 


アップルくんが折った折り紙の作品を

plainさんがデジカメで撮ってUPしてくれています。

piainさんのブログ「アップルくんの作品」こちらをクリックして下さい♪
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。