アップルライフ

『子どもたちに安心・自信・自由を』
子どもを育てることが好きで子育ての専門家より大切なことを学びました。


テーマ:
AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、子どもに優しい人の集まりに行ってきたのですが、

知らない人でも、同じ思いの人たちといることだけで、

安心感を感じましたラブラブ


私の用事だったのですが、

アップルくんに付いてきてもらい、

ある会議に参加してきました。


その間、アップルくんは折り紙を折っていました。


アップルくんにとったら、

何の特にもならない大人の集まりで、

私についてきてくれただけのですが、

終了したときに、アップルくんの隣に座っていた方が、


「こんなにちっちゃいのん折ったの!?」と、

ビックリしたように、話しかけてくれました。


それから、「見て、見て~ビックリマーク」と、


周りの方も、アップルくんの周りに集まってきて、

アップルくんは、皆さんから褒めてもらってました合格


「小さい頃から折り紙好きやったん?」とか、

「いつ頃からこんなの折れるようになったん?」とか、

聞かれていました。


・・で、

アップルくんが折った「ちょうちんアンコウ」を

「これ、ちょうだい。」と言われました(^_^;)


「うちには18歳の子がいるんやけど、

 小学校5年生の子が、こんなの折れるんやで。って、

 見せてあげたいね~ん音譜」と

おっしゃってました。


アップルくんは、自分の折った物をそう簡単にはあげないのですが、

「いいのかな?」って私が聞くまでもなく、

あげていましたニコニコ


思いがけなく、たくさんの方に声をかけてもらい、

褒めてもらったし、うれしかったのだと思います。


大人の中に一人いた子どものアップルくんでしたが、

こうやって、声をかけてもらうとうれしいですよね。

存在を認めてもらっているし、

大人だからと言って、上から話してくる人は全くいなかったし、


「こんなに子どもに優しい方たちもいるんだ~」と、

私もうれしくなりましたラブラブ



そして、そのあとも、

知らないおばさんが、アップルくんにお菓子をくれました晴れ


とても居心地の良い場所にいると、

ヘンな気を遣わなくてもいいので、

本当に安心できますよね。


家族でもないのに、こんな感覚は珍しいくらいですが、

学校でも地域でも、

周りの大人たちがこんなに子どもを大切にしてくれたら、

優しい子どもが育つだろうなと思いましたベル
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
いろんな事件や小学生の自殺などの

ニュースを聞いていると、人ごとではない。


いつ、同じようなことが起きるかもしれない。


ゲームばかりしているから起きた事件などないと思う。

ゲームをやっていなくても起きてしまうのだと思う。



子どもを加害者にしないために考えることはたくさんある。



一人で悩んでる場合じゃない。


暴力を受けているのに、受け続けている場合でもない。


我慢してる場合じゃない。



イヤな思いがたまっていないかどうか、

自分自身にも、

子どもたちにも聞いてあげたい。



自分で考えてもわからなかったら、

専門家の力を借りよう。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
アップルくんは、神谷さんの折り紙教室に行ってから、

変化が出てきました合格


雑になってしまうところを、

気をつけてキッチリと折るようにがんばっているようです。


折り図も、

以前は見てもわからなくて、

「もう、わかれへんプンプン」と

折り紙をクシャクシャにして怒っていたのですが、


それがわかるようになっていたようで、

アップルくん自身も喜んでいましたニコニコ


これが最新の作品ですビックリマーク
右下矢印「ペガサス」です。
ペガサス右

(神谷哲史作品集より 神谷哲史・著)
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
結婚してもしなくても、

「子どもが欲しい。」と思う、

この‘子ども’について、あるお母さん方との会話に出てきました。


「この‘子ども’って、

“赤ちゃん”をイメージして言ってますよね。」



「まさか、思春期の、誰とも口を聞かなくなる時期の

 子どもをイメージする人なんていないと思うんですよね~。」
と、


ある思春期の子どもさんを持つお母さんがお話して下さったのですが、

みんなで口をそろえて、

「そうですよね~ビックリマーク」と。。。


でも、産んでしまったら思春期の子どもにもなります。


こんな子どもを想像してでも、

産んで育ててみたいと思えるぐらい、

子どもを産むときは覚悟がいると思います。


産むことより育てることを考えた方がいいみたいです。


この話をしていたときのお母さん方は、

それぞれに何人も、

中学生や高校生の子どもさんがいらっしゃったので、

本当に切実な言葉でした。


私は子どもを産まなかったけど、

また生まれ変わっても、

「子どもは産まないかも‥」と思うくらいです。


世間のいろんなニュースを聞いていても、

いろいろ思い悩まされます汗

子どもは「物」ではないので、

簡単には考えられないことですね。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ある番組で出ていた折り紙少年くんは、

「折り紙大学に行きたい!」と言ってたのですが、

そういえば、アップルくんは、

「マジック大学に行きたい!」と言ったことがありましたニコニコ


そんな大学はないけれど、

こんなふうに、自分のやりたいことを勉強したいと

思うことが大事ですよねひらめき電球


自発的な行動をとり、喜びを感じたときに、

「ドーパミン」という脳内物質が分泌されるそうです。


赤ちゃんでも、喜びを得るために、

同じことを何度も繰り返して遊んでいるのだと思います。

親が褒めてくれたり、一緒に喜んでくれることで、

ドーパミンの分泌も繰り返されるのですよね。


これが「学習」のメカニズムなんだそうです。

茂木健一郎さんの「脳を活かす勉強法」(PHP研究所)に書いていましたビックリマーク


なので、強制的なことは頭に入らないはずなんですよね。


強制させられることには、喜びを感じないですから、

同じことを繰り返そうとは思わないですよね。

ドーパミンも出てこないです汗


自発的に繰り返すとしたら、

叱られるのがイヤだから、繰り返すこともあるでしょうけど、

「喜び」はないですよね。


ということは‥、

子どものしていることは、

子ども自身が喜びを感じているかどうかがポイントですねビックリマーク


そうでなかったら、親の自己満足で終わってしまいます。


親の言うことを聞く子どもが「いい子」ではないことが、

最近は耳にすることが多いと思います。

「いい子」を育ててはいけないというのは、

「ドーパミンが出てないかもしれないですよ~」ということなんですね(^_^;)
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
小学校を卒業していく子どもたちを見ていて思ったのですが、


「子どもって、小学生のうちぐらいしか

 好きなことして遊べないよな~」と。。。



小学校卒業のこの瞬間から先は、

不安の方が多くなるのかなと思いながら、

卒業生を見ていました。


今は小学生から塾に行ってる子どもも多く、

中学受験をされる子どもさんも多いです。


どこかの「子どものストレス」についての調査結果では、

小学校の高学年の頃は、まだ『将来の夢』というのを持っているそうですが、

中学生になると現実の厳しさを子どもなりに感じるようになり、

将来に対する希望を失ってきている・・・とかで、



「早っビックリマーク」と思いました。


私自身の頃を振り返ると、

塾なんて、中3のときに、

高校に合格したいから自分から行ってみようかと思ったくらいで、

同じ頃に、将来の希望が見えてきて、

「早く大人になってやりたいことをしたい~音譜」と思っていたな~とニコニコ


今の子どもたちとは全然違うな‥と思いました。




中1になったときに、中3のお兄さんやお姉さんたちが、

大人に見えて、怖そうな人もいたから、

大人の世界に近づいてるとは感じて、多少の不安はあったけど、

やってみたいことに対しては、

夢がふくらんでいたように思います。



今の小学生の子どもたちは、

塾に行くことや、

どこの中学校に行くかは、

誰が決めているのでしょうね。


塾に行くことは、まだ小学生でも決める判断ができると思うけど、

どこの中学校に行きたい・・なんて、

親が選択しないと、子ども自身はわからないですよね。


この時、親が子どもに押し付けないように、

してあげたいものです。


子どもの学力のレベルもあるでしょうから、

子どもが選択できるようにしてあげたいですよね。

習い事も。。。



小学生のうちぐらいは、純粋に、

友達と遊んで、大笑いして、

楽しく過ごして欲しいなと思いました合格
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。