アップルライフ

『子どもたちに安心・自信・自由を』
子どもを育てることが好きで子育ての専門家より大切なことを学びました。


テーマ:
5月31日は、世界禁煙デーです

《5月31日~6月6日は禁煙週間》

受動喫煙を防ぎましょう!

受動喫煙・・・
部屋の中や車の中などで、他人のタバコの煙を吸わされることです。

タバコの煙は、喫煙者が直接吸い込む煙(主流煙)より、
タバコの先から出る煙(副流煙)の方が有害です。


★主流煙を 1 とすると、副流煙は・・・

●ニコチン   2.8倍

●タール      3.4倍

●一酸化炭素   4.7倍



★受動喫煙による子どもへの影響

●気管支炎喘息   1.43~1.46倍

●中耳炎  1.19~1.58倍

●乳幼児突然死症候群  4.7倍



受動喫煙は、子どもたちの発育にも重大な影響を及ぼします。

子どもたちにタバコの煙を吸わせない環境をつくることは大人の役目です。






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
安倍総理はどう思っているのでしょう?

松岡大臣の自殺。。。

私は、この問題も、大人同士のいじめだと思っています。

鈴木宗男氏、松岡利勝農相との最後の会話を激白
     ↑
こちらにも書かれているように、

松岡大臣は、きっと〝役割〟を大切にし、生きられたのでしょう。

‘大臣’という役割を。。。

 (私たちで言うなら、‘母親’という役割。)


〝役割〟を一番大切にしてしまったら、

自分自身は押さえられてしまうので、

自己主張も、自己表現もできないですよね。


とても、マジメな方だったようなので、

他の皆さんに迷惑をかけないようにと思われたのか‥、

自分の命を断つことが、最後の自己表現だったのかもしれないですね。


子ども同士でもよくありますよね。

「このことは誰にも言うな!」と、

口封じされ、いじめられることって。。。

真実はわかりませんが、奥さまも辛いことだと思います。


“自分のまま” か〝役割〟

どちらで生きたいですか?


私は“自分のまま”で生きていたいです。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
小学校は「校則」ってないけど、

先生の中では、‘良い子ども像’というのがあるらしい。


それを聞いてしまって、目が点になってしまいました!


私は一般的には、何でも人とは違う方なので、
「当たり前でしょう。」と思われる方は、
ムーディ勝山さんのように、右から左へ受け流してくださいね(^_^;)




〝だらしない格好をしない〟というのがあって、

その中に、『上着を腰に巻かない』と書いてあるのだそうです。


そのことで、注意された子どもさんがいて、

アップルくんも「?」と思ったようで、家で話してくれました。


子どもたちも聞いたことがないことだったので、

みんなで

「え~!そんなん聞いたことないで~!」と言ったらしいです。


私も聞いたことがありません。

「腰に巻きたいときってあるやん。」とも思いました。


遊んでいて暑くなって邪魔なときとか、

おなかを暖めたいときとか、

おしりの辺りが汚れて隠したいときとか‥、


今は、ファッションで巻いたりもしますよね。

亀梨くんも、ジョニーデップも巻いてる。ニコニコ


腰に巻くことが〝だらしない〟と誰が決めたん?とも思います。

何年前のことや~?


私自身が腰に巻くことがよくあって、

アップルくんにも、「腰に巻いとき~」・・なんて言うこともあるので、

これは、アップルくんにもちゃんと説明しとかないといけないと思い、


「どうして巻いてはいけないか」の理由の詳しいことを

先生に聞いてみました(^o^)/


先生のお話では、

「子どもたちに注意をする項目にあるから」ということが主な理由でした。


それと、「袖のある服は腕を通す」とも、おっしゃってましたね。


あと、

運動場で遊んでいるときに、

巻いた服のはしっこが、

低学年の子の顔に当たると危ないから・・とか。。。


危ないのが理由なら、納得するのですが、

そうでない理由で、子どもたちに禁止令を出しても、

自分を否定されたように思う子どもさんもいるだろうし、

基準から外れることで、

いじめられることもあるのだから、

簡単には言えない事柄のように思います。


先生も、「そうですよね。」とおっしゃっていて、

「強制的にはしないようにしようと思っています。」とのことでした。


先生も辛いですよね。

こんなことが規則にあると。。。


私は、この話を先生に聞きに言ったとき、

服を腰に巻いて行きました・・・(*^_^*)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
アップルくんは、今のクラスで気の合う友達を検索中です。

そして、今、二人見つかったようで、

そのひとりのお友だちに電話番号を聞いて帰ってきました。


学校の委員会での役割が同じなので、

その作業のやり方を電話で聞くためです。


手にマジックでメモしてきたのですが、

雨が降っていたのもあって、

かけようと思ったら、  何番だかわからなくて‥

予想される電話番号を3つ、順番にかけることにしました。


アップルくんは、ダイヤルをプッシュしましたが、

   「こわい。こわい。」 と言って、

受話器を私に向けてきました(ノ゚ο゚)ノ


そりゃ、そうですよね。

電話することもまだ慣れていないのに、

こんなイチかバチかのことをするのは、  

大人でも怖いです。



1番めの番号、・・・・ 


     違ってました。



2番め、・・・・


     違っていました。



そして、3番め・・・・・・



   これも違っていました。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。



アップルくん、
「えー!どうしよう! 電話番号わからへんやん(>_<)」

「オレンジさん、なんで連絡係になれへんかったん⁉」


オレンジ
「連絡係って、クラス委員のこと?」

「みんなの電話番号知りたいだけで、なられへんからな~」


こんな会話をしながら、電話をかけることはあきらめましたしょぼん


‘お友だちになる’って、最初は、

「どんな人なのか?」を探りますよね。

自分と合うか、合わないかを探って、

“安心感”を持つのだと思います。


‘お友だちはつくる’ものではないですよね(^_^;)


アップルくん、今度はそのお友だちと電話で話せるように、

紙にメモってきてくれることを願ってますニコニコ
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
2代目アップルちゃん(iMac)、やっと届きました~!

でも私はPCは詳しくないので、よくわからなくて、
plainさんにも手伝ってもらいながら設定をしていたのですが、

ネットに繋がったと思ったら、
アップルくんにPCをとられてしまい、
私は、横でアイスを食べて見ていましたショック!

子どものパソコンって、何歳ぐらいで買ってあげたらいいのでしょう?

Macは、13歳以上なら登録ができると表示が出ていたけど、
小学校ではもう使っているし・・。難しいですね。

私のパソコンデビューは、33歳でしたよσ(^_^;)

明日から、このアップルちゃんの使い方を習得できるように、
にらめっこしながらがんばりますニコニコ

アップルくんにとられないように、早朝から練習しようかな晴れ

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
070524_1100~01.JPG

アップルストアに行って、2代めiMacを選んできました(^-^)

行くと‥、おじさんではない、おじいちゃんぐらいの人が、ストアのお兄さんにレッスンをしてもらっていて、微笑ましい風景を見させてもらいました^^
私の古いiMacは‘パソコン宅急便’で先に送っていたのですが、私の前に持ってきて頂いたときは、自分の子どものような感覚がありました(^_^;)

新しいのもいいけど、古いのもやっぱり可愛くて‥^^
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
エ~ン。°・(>_<)・°。エ~ン。°・(>_<)・°。

私のアップルコンピューターが、壊れた~!‥といっても8年も使いました。初期のiMacで‘ヴィンテージもの’だと言われましたね(^_^;)アップルストアに宅急便で送ったのですが、寂しいです‥。仕事をしてるときからだから、企画書などたくさん作ったので思い入れもあるし‥。よく働いてくれました。

また、新しいアップルちゃんとの出会いも楽しみです‥(*^_^*)

~携帯より~
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
子どもの宿題って見てますか~?

先生が出す宿題って、

めっちゃ、しょうもないことないですか?(*_*)


私はこんな宿題だったら必要ないと思うときがあるんです。


必要だと思うこともあるけれど、

やらされている子どもも可哀想だと思います。


学校で、何か行事があるたびに作文の宿題があったり、

「自主学習」という宿題が出たときは、

自分で問題を考えて、ノートに1ページほど書いていくのですが、

「答え合わせも自分でしてから提出するように」と言われるんです。


夏休みなどの長期の休みの時の宿題も、

親が答え合わせをさせられるし、

私はアップルくんが1年のときから、

びっくりすることだらけでした。


先生って、親に頼むこともなく、

当たり前のようにそうなっているので、

なんだかイヤな気がします。



小学生が漢字の書きとりができないとか‥

話題になっていましたが、

そりゃ~、そうもなると思います。


「漢字ドリル」に、新しく習う漢字が書かれているのですが、

書き順も、ノートに何度か書くことも、

最初っから、全部宿題になるんです。

学校で書かないんですよ。


私たちの子どもの頃は、

まず、先生が黒板に大きめの字で、

書き順を教えてもらいながら書いてくれて、

何度か書くのは、宿題にはなったけど、

それぐらいはしてくれましたよね?


そんな時間もないようで、

3年か4年ぐらいからだったか、いきなり宿題になるんです。


それも1日で8個ぐらいの新しい漢字を

書かないといけないこともあって、

8個も覚えられますかね‥(*_*)


書き取りのテストをする時間もなく、

自分で自主的に覚えていかない限りは、

忘れるのも早いと思います。


こんなことになっていることを

文部科学省や安倍首相はご存じなのでしょうか。


塾に行ってる子は、

学校より塾の方が勉強がわかるかもしれませんね。

学校みたいにそんなに叱られないし・・・。


でも、塾の宿題もあるから、

学校から帰ってきてからの時間が足りないぐらいなので、

夜、寝る時間も12時や1時にもなりますよね。


遊ぶ時間もなく、小学生は忙しいので、

必要な宿題だけ出して欲しいな~と思いました。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
アップルくんは野外活動というのに行ってきて、

人が変わったようになって帰ってきました。


1泊して疲れたのもあるだろうけど、

先生の言うことばかり聞かないといけない時間ばかりなので、

普段、学校での時間より長いので、

よっぽどしんどかったと思います。


楽しかったことがあったどうかも話さないのでわからないのですが、

気になったことは話してくれていました。


「就寝時間を過ぎても寝てない子は廊下で正座させる」と

先生は言っていたらしいです。



【野外活動の目的】

○自然に親しみ、自然の中で規律ある共同生活をする。

○仲間と寝泊まりする中でお互いの理解を深める。

○自主性・協力性に生活することの大切さと喜びを味わう。

○誠実・協調・奉仕の精神を養う。

○健康・安全に留意し、健全な心身をつくる。


こういうのって、私個人的に思うのは、

安心もなく、いつ叱られるわからないようなピリピリした環境の中では、

何にも養うこともできないし、身につくわけないし、

自由を奪われてしんどいことだらけのように思います。



アップルくんは、帰って来てからはとても無口で、

いつものアップルくんじゃなくて、

熱でも出すのじゃないかと思ったくらいでした。


アップルくんは、とてもがんばってきたと思う。

家庭環境とは全然逆なことをしてきたから、

こんな社会もあるということを知ったのだと思います。


うちは、安心も自由もある家庭環境の中で、

改めて思ったけど、上記の目的はクリアしているので

アップルくんにとったら、

大人の言うことをきかなきゃいけないのが余分で

苦痛な面もあったと思います。


学校って、何十年たっても同じことをしているけど、

この時代に生きる子どもたちに合わせた、

より効果的な活動にした方が良いのでは‥と思ってしまいます。


アップルくんは、家に帰ってきて、1時間半ぐらいで、

いつもの自分を取り戻して、お母さんに遊んでもらっていました^^

plainさん(お母さん)はとても盛り上げてくれたので、

私はすごく助かりました(*^_^*)



子どもがブスーッとして口も開かなくなる理由を実感しましたね~。

大人は、子どもに言うことばかり聞かせて、

子どもの言うことは真剣に聞かないから、

そんな大人とはしゃべりたくもないんだと思います。


こんなことが日常にあると、

大人以上に大人っぽくなってくるので、

中身が満たされず成長しないまま大きくなっていくのでしょうね。


なんだかとても違う意味で勉強になった野外活動でした。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

昔、昔、あるところに、

‘りんごの絵’を書く子どもは

良い評価をされるという国がありました。


その国での出来事です。

小さな町に‘いちごの絵’を書きたい子どもがいました。

でも、この子のお母さんは‘りんごの絵’を書かせたくて、

「りんごの絵を書きなさい。」と、子どもに言います。


その子どもは、「りんごはイヤ!私はいちごが書きたいの!」と、

書きたくないので書きません。


お母さんは、困っています。

「そんな我がまま言わないの!

 お母さんの言うことが聞けないの?!

 りんごの絵を書かないと、

 大好きなおもちゃは取り上げるからね。」

と言いました。


子どもはおもちゃを取り上げられたら困るので、

お母さんの言う通りに‘りんごの絵’を書きました。

お母さんは「あなたはいい子ね。」と喜びました。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

さて、このお話ですが、

この子どもはこれで満足しているのでしょうか?


子どもの気持ちは、‘いちごの絵’が書きたいのですよね。

でも、お母さんは‘りんごの絵’を書いて欲しいのです。

‘りんごの絵’を書く子どもの方が良い評価を受けるからです。

同時に、その親も当然良い評価をされるでしょう。


この場合、お母さんが子どもに言うことを聞いてもらっています。

日常で、こんなこと、よくありますよね。


子どもに言うことを聞いてもらっているのに、

お母さんは「これで良し!」と勘違いしてしまうことがあります。


こういう子どもさんが何年もこんなやり方をされていたら、

自分の気持ちは否定され、欲求も満たされないし、

年月が経つにつれて、ストレスが積み重なって、

問題が表れてきます。


何を聞いても応えないとか、

お友達にいじわるをしてしまうとか‥、



このお母さんは、

きっと、子どもの頃、同じように言われてきたのでしょう。


なので、大人になった今、

自分の言うことを誰かに聞いて欲しくなるのです。


お母さんがわるいわけではないんですよ。

人は、欲求を満たしていきたい生き物です。


この満たされなかった欲求は、

大人になっても、満たさずにはおられないのです。


満たすことがいけないのではなくて、

満たしてもらう相手を間違えてしまうことがあるのです。


四六時中、一緒にいる子どもに向いてしまうと、

子どもは、親の言うことを聞いてあげ、

中身は満たされない子どものまま、大人になってしまいます。

これが連鎖してしまうのです。


どうか、子どもではなくて、

夫だとか、子ども以外の人に満たしてもらって下さい。



子どもには、書きたい絵を書かせてあげる方が、

この子どもは、自主性も育ち、

自分の気持ちを表現できる大人になります。

そして、生きやすくなります。


‘りんごの絵’を書かせたい大人は、

まず自分が‘いちごの絵’を書けるように

ありのままの自分を大切にしてもいいのです。

あなたは決してわるくないのですから。。。


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。