アップルライフ

『子どもたちに安心・自信・自由を』
子どもを育てることが好きで子育ての専門家より大切なことを学びました。


テーマ:
アップルくんが5歳ぐらいのときに、

私が書いていたノートに、こんなことを書いてありました。



「~してくれたらうれしい。」

「~してくれたら、助かるわ~。」

と言ったあとは、必ず

「アップルくんはやさしいね♪」と言って喜ぶ。



これは、

‘そうすることはどんなことなのか’を教えています。


そして、子どもは、そうすることで、

‘相手が喜んでくれること’を覚えていきます。



「優しいね」と言うことや、喜ぶことはおおげさにしておく方が

子どもはわかりやすいようです^^


こうやって書くと、当たり前のことなんだけど、

「ありがとう」や「優しいね」って言うのを

省いてしまうときもありますよね。


そんなことするのは当たり前だと思って、

大人が喜んでもくれなかったら、

感情表現の仕方もわからなくなりますよね。


これってとても大切なことだと思うんです。

コミュニケーションのひとつですよね。


自分が教えていたことを、

子どもがお友達にするようになると、

うれしいものです♪



私は、アップルくんに喜ぶことをしてあげたとき、

アップルくんが無反応だった場合、


わざと「オレンジさんて優しいな~」と言うときもあります^^


そしたら、アップルくんは、

「オレンジさんて優しくないな~」と言ってきます。


これで、「私が伝えたいことが伝わったな」と感じています。


こんな感じで、コミュニケーションってどんなことかを

教えることは大切ですよね。


この頃は、

「こんなことまでしてあげた方がいいんや~」と

目からウロコだったのですが、


今では、すっかり定着して、

私もアップルくんもできていると思います。



思いやりや優しさって、

 人が喜んでくれることなんですよね。


一方的では、コミュニケーションにはならないので、

感情で表すことを忘れないようにしたいものですね♪
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
毎日毎日、子どもに注意したり、怒ったり、

叱ったりすることって多いですよね。


よく考えると、子どもにとったら、

そんなのイヤですよね~。

うんざりだと思います。


でも、言わないと、

とんでもないことになってしまうこともあるので、

言うのですが、


褒めることや、

「あなたは大切な子どもなんだからね」

「あなたのことが大好きなんだよ」

とか、毎日どれだけ言ってるでしょうか?


こっちをたくさん言ってあげないと、


前者ばかりでは、

「お母さんは、ぼくのことキライなんだろうな‥」

思ってしまうんですよね。子どもって。。。


小さいうちは、まだ「可愛いね~」とか言いやすいと思うのですが、

だんだん、だんだん、大きくなると、言わなくなってしまいます。


言ってあげないと、

「自分のことを大切に思ってくれている」って

感じることができないんですよね。


これは親と子どもとの関わりの中で大切なことです。


ある娘さんが、

「お母さん、私のことキライだと思ってた・・」と

言ったんだそうです。


そのお母さんは、可愛がっている方なのですが、

全然、通じていなくて、真逆に思われていたんだから、

かなりショックを受けていました。


でも、


「あの子に、大好きだと思うようなことをしてもないし、

 言ってもないから、そう思われても当然やね。。。」と


ボソっとつぶやいておられました。


日本人って、オ-バ-に表現したりしないから、

恥ずかしい人は恥ずかしいと思うのですが、


注意するついでにでも、

言ってあげた方がいいみたいです^^
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
オダギリジョーさんって、カッコいいですよね~!

個性のある俳優さんのひとりだと思うのですが、


そのオダギリさんの、

ある番組でのインタビューを聞いて

印象に残った言葉がありました。



オダギリさんは母子家庭で育っていて、

幼い頃、お母さんが託児所がわりだったのか、

よく、映画館にオダギリさんを連れて行ってたらしいのですが、

それが、今の職業につくきっかけとなったように話されていました。


役者の勉強をするためにも、

アメリカに留学したいと思ったときに、

母親だけが賛成してくれたんだそうです。


そのときのオダギリさんの気持ちは、

 『僕を尊重してくれていたんでょうね』と。。。



母親にとったら、

心配で心配でしょうがないという気持ちもあったと思うのですが、

息子の選択を一番応援してあげたいのは、

お母さんだったんだと思います。


反対されていても、

オダギリさんの気持ちは変わらなかったと想像はするのですが、


反対されて行くのと、

賛成してもらって、送りだしてもらうのとは、

全然気持ちが違いますよね。


気持ちを尊重してもらったことが、

『安心』や『自信』につながったんでしょうね。


これが一番なんだと思うんです。


小さい子どもでも、気持ちを尊重してあげると、

違いますからね~。


気持ちを受け止めてあげるだけでも、

わんわん泣いていた子が、

急に落ち着いて、冷静になったり・・。


以前・・、ダダをこねて泣いている3歳ぐらいの女の子に、

「~したかったんやね。」と声をかけただけで、

そのママがとなりにいるのに、

女の子は、私の方に

「ママ~」と言って抱きついてきたことがありました^^


「子どもってすごい。」と思いましたね。


アップルくんも大きくなって、

マジックの修行で「アメリカに行く!」と言い出したら、

plainさんと一緒にこんなに冷静に考えられるのか‥と思うのですが、

やはり、アップルくんの気持ちを尊重してあげたいと思います♪


想像しただけでもドキドキしますが。。。^^

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
世間一般的には、

「あいさつ」を強要する方がいるようです。


このような大人は、

子どもに‘愛情’を求めているんだそうです。


子どもに「してほしい」という要求の気持ちになったときが、

キーポイントで、見極める方法がここに隠されているのかもしれませんね。


「してほしい」と思っているのは大人の方で、

子どもがどうしたいかは聞いていないですよね。


例えば、電車の中でのマナーにしても、

小さい子どもでも、感じる子は何も言わなくても、

「ここは静かにするところなのかな?」とわかると思うんです。


でも、その子どもが楽しいことがあって、

大きな声でお話したかったり、

イヤなことがあって、叫びたかったり、泣きたかったり、

じっとしてることができないので、

こんなときは、静かにはできません。


‘静かにする所’ということより、

気持ちの方が強くなるんですよね。

昨日の記事の話と同じことです。


自分が親に求められすぎていると、

自分の子どもにも求めてしまうようです。


命令口調

「~しなさい」は言わない方がいいですね。

子どもにとったら「させられている」感覚になりますからね。

自分の意志ではやってないですから、

自分で決めることができなくなるんですよね。


その場、その場を

大人が子どもにさせているだけなんです。

体罰や言葉の暴力もそうです。

大人が止めているだけなんです。



先日、奈良で起きた事件。

高校一年生の男の子が放火殺人をしましたよね。


16歳になるまで、

我慢し続けたんだと思いますよ。


「優等生であいさつもきちんとできる子」

「下の子の面倒もみてあげるいい子」

を通さざるを得なかったんでしょうね。


あの少年は、真直ぐで、能力のあるとてもパワーのある子どもさんだと思うんです。

これが、違う方向に向いてしまったんですね。


育て方で 180度 変わるということですよね。

いろんな事件で証明されています。


究極はこういうことになるんですよね。


私もアップルくんに要求したいことはあっても、

アップルくんの反応や、

アップルくんの気持ちを聞いて、

折り合いをつけています。

こういうのは、生活する上で私も困る状況になった場合だけです。


「宿題は学校から帰ってすぐにしなさい。

 それまでは遊んではダメですよ。」

なんて言ったことがないです^^

これは親がしてほしいだけなんだと思います。


「うちは帰ったらすぐに宿題をするんですよ」と

他のお母さんに自慢したかったりね。。。



「こんな子どもに育てなければ・・・」

と、そういうところにひっかかる方は、


自分のためになっていないか、

子どもに愛情を求めていないか、

要注意するのがいいかもしれませんね。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
『あいさつ』のことを前にも書いたと思うのですが、

生活や学校などで、

『あいさつ』のことをよく言われますよね。



例えば、内弁慶の子どもがあいさつをしないのは、

大人からすると‘あいさつができない’と思ってしまうと思うのですが、



昨日もカウンセラーさんが言っていましたが、

「その相手に安心感を持っていないからしないのよ。」

と。。。


そうなんですよね。

大人に対して感じている気持ちがそのまま表現しているんですよね。

自己表現しているのに、これを叱ることはないし、

‘できないから困る’という問題ではないんですよね。


【挨拶】を辞書で調べてみると、

なんて書いてあると思います?


私も今さらですが、調べてみたことがなかったのですが、


“社交的・儀礼的な言葉や動作”


と、書かれていました。


そうそう、コレなんです。


‘儀礼’というのは、

社会的習慣としてそうすることになっている礼儀・礼法で、

“儀礼としてそうしておく様子”と書かれていました。


子どもは、こんなことを理解するほど長く生きていないし、

慣れていないですよね。

儀礼としてしておいた方が良いというのは、

大人がそう感じていることなんです。


なので、まだまだ感情で動くことの多い子どもにとっては、

安心感もないのに、

“そうしておくこと”なんてできないんですよ。



「子どもが挨拶ができない」と困っている親御さんがいらっしゃったら、

こう言われると理解できると思います^^


私達、大人は、

「あの人には挨拶しておいた方がいい」と、

思う人はするだろうし、


礼儀や儀礼をキチンとしたい人は、挨拶はきっちりすると思うんです。


気持ちが起こす行動や言動なんですよね。


そういえば、うちのアップルくんには、

一度も「あいさつしなさい。」などと言ったことがないのに、

挨拶をするのは、自分の中から自然に出てきている行動で、

アップルくんの場合は、

挨拶した方が‘自分が気持ちいい’のです。

イヤなことはぜ~ったいしないですからね(笑)^^


必ず、私が挨拶する大人にしかしないです。

これは安心感を感じているからでしょうね。



担任の先生や、近所の人、親戚の人から、

挨拶のことで、うるさいように言われることがありましたら、

こういうことなので、

注意されることでも、悩むことでもないんです。


無理にさせると、

思春期を越えて、大人になるにつれて、

何らかの形で、その影響が出てくることがあります。


気をつけたいことですよね。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
私の相方になるクラス委員のお母さんですが、

私に気を遣いすぎているのか、何だか‥

ホントはどんな気持ちなのか全然わからないんですよね。


その人を知っているお母さんに聞いてみると、

「腹のある人よ~」

と言います。


その言葉がとても当てはまっているかもしれません。


やりたいことと、やりたくないこと。

これがどっちなのかわからないんです。


クラス委員は2人だから、

記録を書いたり、作業をしたり、連絡をしたりと、

どちらかがすることになりますよね。


私は立候補した人で、相方はクジ引きで当った人です。

なので、私ができることはしようと思っているし、

大したことのないことばかりなので、簡単にできるから、


「じゃあ、コレやっときますね~」と言うと、

「えっ・・・!」って感じで、


やりたいのかな~と思ったので、

「えっ、やりたいですか?!」と聞くと、


「いえいえ。」と首をぶるぶると横に振っていました。


「○○さんは、下にも子どもさんいらっしゃるし、

 何かと大変やと思うので・・・」


と言うと、「すみません。」て言うんです。


「私は何も負担になってないし、やれるので

 ○○さんが、何かやりたいことがあったら言ってくださいね~」


と、話したら、


「じゃあ、やりたくないことがあったら言ってくださいね。」


って、言ってましたね。


なんかね~。まだ馴染めなくて‥

こんな感じなんです^^


さっき、テレビでやっていたけど、

「気を遣う人」って自己愛の強い人なんですって。。。

このタイプの方かもしれませんね。


「気を利かす人」は、愛情があり思いやりのある人なんだそうです。


あんなに気を遣ってしんどくないのかな~と思うほどなんです。

こんな人も褒めてあげたら喜ぶんでしょうね。

いつもキッチリと高級そうな服を着て来るし。。。


私も人間関係の勉強のため、

いろいろと声のかけ方を変えて、様子を見てみようかと思います。


私は「いい人に思われたいとか」っていうのが全然なくって、

とにかく居心地がいい方がいいので、

チャレンジしてみます。


またお会いするのが楽しみです^^

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今日、代表委員会がありました。

最初に会長のあいさつや、校長先生他・・のあいさつがあるのですが、

いつもある人の発言が不快に思ってしまうのは私だけでしょうか。。。


前回も今日もそうでした。


今日は、子どもたちが朝の登校のときのあいさつのことで、


◆声が小さくなってきた。

◆お母さんに言われてからあいさつする子どもがいる。

◆集団で引率についてくれている保護者の方へ、
 「ありがとうございます」と感謝の気持ちを言ってる集団は2組だけです。


などと、困ったように言っていました。


前回は、

◆1年生の子が、お迎えに来てくれたお母さんに
 荷物を持ってもらっていました。

 あるお父さんは、「自分のものは自分で持ちなさい」と言ってました。

「さて、どっちがいいのでしょう。」とだけ言ってきました。


私は「そんなのどっちでもええやん」と小声で突っ込んでいましたが、

そのある人は‘後者の方が正しい’という感じでしたね。


親子それぞれにいろんな関わり方があって、

みんな同じ状況ではないので、

持ってもらっても、持ってもらわなくても、

どっちでもええやん。しょうもないわ~。と私は思います。


今日の話は、一番は安全に学校に行くことなので、

あいさつ、あいさつって、

この人の場合、子どもを下に見てるようにしか感じないんですよね~。


この人は、子どもが登校したとき、

子どもの顔も見ないで、

ボソ~と「おはよう~」としか言わない人です。

子どもの方も、そんな人だとわかってきて、

声が小さくなってきたのではないかと思いますよ。


私は毎朝、この人の対応を見ているのでわかります。


「偉そうに言うな~!」と叫びたいです。ホントに。。。


そのあとは、ボ~っと座ってるんですよ。


この人のことで、ムカツクことがあったのですが、

今日はやめときます。。。



「大人が上で、子どもは下とちゃうで~」


「キチンとあいさつができなくてもいいんやで~」


と、私はそう思います。。。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
私は小さい頃から男の子に競争意識をもたれるタイプでした。

私自身の内面的なものに、

女の子が持っているような特性があまりないので、

男の子は私のことを同性のように感じていたのかもしれませんね。


大人になってからも、

「女に負けたくない!」などというような感情を持たれている男性からは、

上司であってもライバル意識のようなものを持たれたこともありました。


ライバル意識を持たれるのも

いつも私が偉そうにしているわけではなくて、

相手が勝手に抱く感情なんですよね。


私はいつも「‘男’や‘女’の問題じゃないのにな~」と思っていました。


仕事をしていた時に、

地球が三角になるぐらいビックリしたことがあったんです!


私と同じ仕事場で、同じ内容の仕事をしている男性が、

私の給料の倍以上をもらっていたんですよね。

仕事の量は、私の方が多くしていたぐらいなのに、

「こんなことがあっていいのか~!」って思いましたね。

4人の子どもさんを持つ、おとなしそうな男性だったのですが、

口がうまい方でした‥。


私は、そんな経験を全部、

『自信』に変えさせてもらい自画自賛していました^^(笑)



小さい頃からそんな感じだったので、

今思うと、その頃から持っていたものは、

大人になっても変わることなく特性として持っているのかな?と。。。


言葉や感情って、不思議なくらい、

その人の本質が現れますよね。


隠せないですよね。

がんばって隠していたら病気になったりもするし。


ホントに体は正直です。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
昨夜、ニュースを見ていたら、

秋田で事件があった地域のあるタクシー会社が、

子どもの登下校や、塾などに行くとき、

子どもたちだけの乗車の場合は、

運賃を半額にするというニュースが流れました。


「そうそう!コレだ!」


保護者の負担が重なってきたようなので、

タクシー会社の社長さんが考えたようです。

詳しいニュースはこちらで♪


私もこんなのを考えていたんです。


うち地域のタクシーのおじちゃん達、

子どもが帰ってくる時間帯に、

いつもひなたぼっこして雑談しているんですよね~。

「このおじちゃん達何かしてくれへんかな~」と思って、

いろいろ考えたところだったので、

このニュースを見てうれしくなりました!


私は、詳しいことを聞きたくて、このタクシー会社に電話をしました。


電話に出たお姉さんに用件を伝えると、

男性の方が出てきて、親切に詳しく教えてくれました。


小学校からもスクールバスが出ているようなのですが、

基準(キョリ的なこと)からハズレる子どもたちは

バスを利用できないので、保護者が車で送迎しているようなのですが、

仕事などで親が行けない場合に、

依頼を受け、


◆親→学校へ連絡。
 
「今日は迎えに行けないので、タクシー会社の人が迎えに行ってくれます。」


◆学校→家

 子どもを乗せて、家に入るまでを見届ける。


 ★この時点で、ドライバー→会社に連絡。
  
   「子どもさんをお迎えし、お家に入られました。」

 ★会社→親

   「今、子どもさんがご自宅に着かれました。」


ここまでがタクシー会社の仕事になるそうです。


こちらでは初乗りが640円で、

ワンメーターの距離なので片道320円です。


子どもにお金を持たせることはできないので、

後日、集金をするそうです。


タクシー会社としては、商売ではなく、

「子どもを守るため」

「地域の安全のために」と、お話して下さいました。


これは“いい話”ですよね。


私も感動したので、

「こういうのがあったらいいなと思っていたんです。助かります。

 そちらの社長さんが考えられたのですか~。すごいですね!」

とお話をさせてもらったのですが、


「市役所は前例主義なので、うちの例があるとあとに続きやすいと思います。

 何か資料がいるようでしたら言ってくださいね。」

とまで、おっしゃってくれました。


私はこの電話に出てくれている方の名前を聞いておこうと思って

聞いてみると、


「わたくし‥


 社長の○○と申します。」


「・・・。

 社長さんだったんですか!失礼致しました~^^」


と、社長さんが話してくれていたようです^^


社長さんも子どもさんがいらっしゃるようなので、

親の立場としても、親の負担がかかることを感じられたんだと思います。


「運賃を半額」ということは、

会社だけでは決めれないため、申請するにあたって、

金額の問題があったようなのですが、

国交省も、今の現状をみてみると

「半額はダメでしょう」などとは言ってられないということで、

認められたそうです。


私も計算したのですが、

行き帰りをお願いしたとしても、月に1万5千円なんです。

これなら出せる金額だと思うんですよね。

妥当だったと思います。



やっぱり、やろうと思う人がやったらできるんですよね。


とても信頼感のある社長さんでした。


 「社長さん、ありがとうございます!」

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
子育てサークルとか、集団登下校とか‥

何でも集まるのが好きですよね。


まぁ~、精神的にもみんなと一緒にいたら落ち着くのだと思うけど、

今の時代、集まっているのがいいとは限らないし、

人によって違いますよね。


コミュニケーションをとることが難しい人も増えているし、

家族の中でもコミュニケーションがとれない場合もあるのに、

お母さん同士とか、地域でコミュニケーションをとって!・・と言われても

無理がありますよね。


今は在宅で仕事をすることもできるし、

そんなに大勢の人とつき合わなくても、

やっていけることって多いと思うんです。

昔は、パソコンもないから、

そんなわけにはいかなかっただろうけど‥


何かの集まりがあると、

そこには必ず、人間関係の問題があるから、

それが苦痛となる人は無理にしなくていいと、

思うんですよね~。



それに伴うリスクがあったら、

どっちを選ぶか!です。


集団登下校も、集団だからストレスが増えることがあります。

うちは個人送迎だから、そんなストレスは全然ないし、

個人で、毎日 登下校した方がラクなので、

私とアップルくんは、そっちを選びました。


「あそこのお母さんは当番ができないのに子どもを預けている」

と、それがイヤな人はそこから抜けたらいい。


でも、「抜けたら、他のお母さんに何か言われるのがイヤだ」と思うのなら、

どっちにするか、選択をすればいいんですよね。


自分がいいようにすべて揃うことは、難しいでしょう。


決められたことをすることが大切ではなくて、

自分の意思で選択することが大切なんだと思いますね^^


集まりに入りにくい状況なら入らなくてもいい。

自分と気が合う人は必ずいるので、

集まりに入ることより、

共感しあえる人と一緒にいることの方が

安心感を持つことができるので、

私の場合は、そっちの方が居心地が良いです♪



PS.集団登下校してるって‥日本ぐらいじゃないですかね。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。