アップルライフ

『子どもたちに安心・自信・自由を』
子どもを育てることが好きで子育ての専門家より大切なことを学びました。


テーマ:
今日、夕ご飯の用意をしていたら、子どもの泣き声が外から聞こえてきました。

窓から見ると、3才ぐらいの男の子が座り込みで自己主張していました。

そこは、塾がある建物だったのですが、

ママと小1ぐらいのお兄ちゃんと一緒でした。



その親子連れは、先日も、ママがとても怒っていて、

お兄ちゃんに八つ当たりしているところを見たことがありました。



今度も、遠くから見ていても、またママが怒っているのが伝わってきました。

何が起こったのかはわかりませんが、

私の想像では、下の子がママに抱っこしてもらいたかったんじゃないかな~?

でも、ママは動く気配なし!

間に入って、お兄ちゃんが、ママと弟の間を行ったり来たりして‥、

見ていて かわいそうでした。


私は、その光景を見ていて、

下の子どもさんには、「がんばれー!」って思って‥

ママには、「しんどいよね~、下の子連れて塾まできて、だだこねられるし‥

これから帰ったらご飯もつくらないといけないだろうし‥、

こんなはずじやなかったよね~」って。

お兄ちゃんには、「本当は塾なんか行きたくないんだよ。

ママ、僕に八つ当たりしないでよ~」って。。。



「アップルくんもよくだだをこねたな~」と思い出しました。

保育園から帰ってきて、一時間ぐらい怒り続けて、

疲れて、眠っちゃったり‥したこともあったよな~。

あの頃、私は、サポートという形でお世話をしていたので、

感情的にはならなかったな~。


一緒に生活するようになってからは、感情的になるようになったな~。

でも、感情的にならないようにコントロールの仕方も覚えたし、

アップルくんにも教えたし‥。今ではすっかりラクになったよな~。

・・・と思いました。



子どもの行動って、押さえ付けたら、自分の思うようになってラクなんだけど、

そんなことしたくないので、

抑圧しないように、対処の仕方を身につけるといいんですよね。



子どもの気持ちを聴いてあげて、

自分の気持ちも伝えることが大切ですね。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
見ました!?

エイプリトリーナくんの頭上に、黄色い鳥が飛んできて、

鳥のフンを落とされてしまうんです!


新しいアクションのところに、『鳥』というのが増えていたので、

「これって何やろ?」って思って、

アップルくんに「なんかな~‘鳥’ってあるねん‥」って知らせる間もなく、

やられてしまいました!


アップルくんに見せてあげたかったので、

「めったに見れないのかな~?」と言う間もなく、

また飛んできてやられました!


アップルくんは「うわぁ!」と笑っていました。

落とされる瞬間に、エイプリくんをつかんで

遠くに逃がしてあげようと考えたのですが、一瞬のことなのでできませんでした。



アップルくんは、宿題の日記に鳥のことを書いていました。




エイプリトリーナくん‥

これからどんなふうに成長していくのかな~?


しかし・・メロメロパークを考えた人って男の人かな?

なんだか、そんな気がしました。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
アップルくんのお世話をさせてもらってから‥

子どもの育て方というか、日々起きる問題の対処の仕方なんかを

お世話になっている専門家の方からお話を聞くうちに、

「子ども育てるのって大変だけど、おもしろいな~」と思い、

その方に薦められたのもあるのですが、

アップルくんがだんだんと手が離れていくので、

将来の自分のために、保育士資格をとっておこうと思っています。



去年の今頃から通信で、勉強を始めたのですが、

実践から入ってるので、テキストに書いていることが‥

「こんなこと覚えやなあかんの?」っていうことが多くて

なかなか勉強が進まないまま、試験が近付いてきました!!

「どうすんの!?」って状況です!

2日間で10教科あるのですが、

2日も続けて、朝から夕方まで試験を受けることが体力的に不可能なので、

私は1日だけ行くことしようっと思って。。。



資格をとって‘保育園の先生になりたい’とかではなくて、

資格を持っていたら「子どもを安心して預けてもらえるかな」というためです。

子育てって、ひとりでできないし、知識もないし、

私が専門家の方に教えてもらっていて、とても助かっているので

そういうことを私もやれたらな~と思っています。


私は、plainさんとアップルくんのおかげで、いろんなことを学びました。

この経験を生かしたいなと思っているのですが、

試験‥合格できるかな??

20年ぶりの勉強なので、かなりキツイのですが、

子どもとお母さんが、いい関係でおられるような

世の中になる お手伝いのために がんばりま~~~す^^
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
前にも書きましたが‥
アップルくんは、手先が器用で作ることが大好きです。

手先が器用なアップルくん


小さい頃って『でんしゃ』っていう言葉もすぐ覚えるし、
電車のおもちゃって多いですよね。

アップルくんも“プ○レール”をたくさん持っているのですが、
先日、大作を作りました!!

いろんな形のレールがあるので、組み合わせて遊ぶのはおもしろいのですが、
つながらなかったりするんですよね。
これが原因で、楽しむどころか、よく泣くこともあったのですが、
日頃から組み合わせて作る遊びが多いので、創造する力がついてるようです。

おもちゃのメーカーの人に見てもらいたいぐらいのすごい作品を作っていたので、
plainさんと二人で感心してしまいました。

ちっちゃい頃は、大人と一緒でしか遊べなかったりするんだけど、
8才にもなると、すごいですね。
自分でやろうとするし、達成感があるので、とてもいい遊びだなと思いました。

ブロックなどは、あたえられたもので作るので
‘解決力’も身につくそうです。

小さい子どもさんをお持ちのみなさん、
子どもの創造力を育ててあげてください。
遊びだけでなく、社会に出ても、役にたつと思います。


おもちゃって増えるばかりで、収納に困るのですが、
『遊び』から学んでいるんですね。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、アップルくん、英語のレッスンがありました。

帰ってすぐに夜ごはんの用意になるので、

あまり時間のかからないものを作るようにしているのですが、

今日はハンバーグピラフと大根とじゃこのサラダにしました。

ハンバーグは、お弁当に入れるようなのを買ってきて、

ピラフの上にのせました。 簡単でしょ^^


アップルくんはまず、ハンバーグを食べました。

そして、いつもはゆっくりダラダラ食べる方なのですが、

今日は、ピラフを一気に食べているんです。



私が「おなかすいてたん?たくさん食べてるな~」って、言ったら‥

「これがこの中で一番手間かかってるやろ?

    だから先に食べてるねん」

‥と、アップルくんが言ってくれました。

「うん、それが一番手間かかってるな~、

 そんなことわかるようになったん?

 うれしいわ~。ありがとうー^^」


‘こんなこと、ダンナでも言ってくれへんのんちゃう?’と思ってしまいました(笑)



アップルくんは保育園のときから家庭的な方で、

色画用紙やブロックで、そうじきを作ったり、

レゴで、こてと焼そばを作ったり・・(笑)

家庭にあるものをよく作っていました・・。


私は、一人暮らしが長かったので、

外食したりで、

手間がかかるような料理を作ったことがなかったのですが、

子どもがいると、そういうわけにもいかないですよね。

だから、アップルくんが夜ごはんをあまりにも食べない時に、

「オレンジさんがひとりやったら、こんな手間のかかる料理作らへんねん‥」

「アップルくんが成長するために、栄養とってほしいねん」‥と、

よく言ってるので、その気持ちもわかってくれたんでしょうか・・・



うれしかったです。



あ~、うれしい^^
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今日 また、怖い不審者情報のメールが配信されてきました。

学校に迎えに行ったときは、教頭先生も深刻な表情をされていて、

私服の警察の方も来られていました。


やっぱり怖いです。安心できません。。。

学校からは、プリントが間にあわなかったようで、

◆外出は控えるように

◆もし外出するときは保護者と一緒に・・・と、

子どもたちには口頭で話していたようです。

子どもが家の人に伝えるかどうかはわかりません。

急な連絡もあるので

メール配信してもらうように徹底した方が良いかも‥と思いました。



先日も朝のテレビで、子どもの防犯についてやっていましたが、

保護者がいない場合のお話だったので、

私は「まだこんな話してるんや」って感覚で見てしまいました。

うちの小学校も以前は、集団登下校になるなど、

こんな厳重な体制ではなかったのですが、

子どもの命を守るために、今の体制になりました。


子どもたちも、小さい頃からこれだけみてもらっていたら、

自分を大切にすることも身につくようになると思うし、

被害者や加害者にならないようになるんじやないかな‥

と思うようになりましたね。



海外では、

学校への送り迎えは当然のことで、

子どもだけ(13才未満)で留守番させることが、

法律で禁止されているところもあるようです。


日本も海外と同じくらい、危険な国になっていますよね。


大人も子どもも、

できることはやっていきたいものですね。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
耳鼻科に行ってきました。

アップルくんはアレルギー性鼻炎で、

学校から紙をもらってきてたので、病院でみてもらっとかないと

学校のプールに入れません‥


今日初めていく耳鼻科だったのですが、

とてもとても、繁盛していて、子どもだらけでした。


ずっと待ち合い室で待ってたのですが、

5時半に行って、終わったのが8時半!!

その間、アップルくんはマンガを読んでいて、

ひとりで笑っていたので、となりのおじさんにジロジロと見られてました。


おなかは減ってくるし、疲れてくるし・・・


やっと名前を呼んでもらって、診察室で、診察するイスに座り、

先生にみてもらうときに、

横にある医療器具(鼻にシューッとするやつです)を見て、

アップルくんは言いました。




「これ、“炎” 出るやつ?!」と




ゴジラじゃあるまいし、炎なんかでぇへんで~(笑)


ちょっと怖かったんだと思います。


先生は、とてもやさしい人だったので、

笑って安心させてくれてました。


「この先生だったら、子どもが多いはずやわ」と納得。。。



しかし、あんなに患者さんの多い耳鼻科は初めてでした。

あ~、疲れた。。。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
保護者から いろいろな質問が出たのですが、

その中で・・・

◆「すぐに通報するようにと、何度も言われてるんですが、

  どこに電話したらいいんですか~?」と。。。


私は、何かあると よく警察に電話する方なので、

私の携帯には、近くの交番と、近くの警察署の電話番号は入れてます。

子どもとの生活の中、ホントに何が起こるかわからないので、

いつも危機感を持っているのですが、

「こんなお母さんもいるんやな~」と・・・。

(*携帯から110番する場合は、
 目印になるものや場所を伝えて下さいとのことでした)


あと‥警察の方に質問するようなことじゃないことも、多かったんです。


◆今は、友だちの家に遊びに行くときなど、付き添っているのですが、
 これでは子どもの自立心が育たないじゃないかと思うのですが‥。


◆道を歩いていて、本当に困ってる人から道を聞かれたらどうしたら良いのですか?
 親切心も育てたいので。。。


◆うちの子は6年生なんですが、いつまで付き添ったらいいのでしょうか?


などの質問がありました。


警察の方は応えてくれました。

◆【安全面】と【自立心】は反比例すると思いますが、
  今の時期は、ひとりにさせないことです。
 もし、付き添えないときは、「どこに行くか?」を子どもに言わせるだけでもいい。
 【自立心】は他のところでも育てられます。

◆まず、大人が、小さな子どもに道を聞くことがないです。
 本当に困っていたとしても、身を守るために、とにかく逃げて下さい。
 【親切心】も他の場面で育てることができます。

◆子どもの状態もそれぞれに違うので、時期を考えて行動するといいと思います。



保護者が子どもを心配する気持ちはあるのですが、

「どうしていいかわからないんだな~」と質問を聞いていて

私は、大人もその子どもたちも大丈夫かなと心配になりました。

いつまで付き添ったらいいかどうかも、

聞いて、応えてもらわないと不安なんでしょうね。



それと、付き添うっていうことは、大人にとったら、

負担にもなるし、疲れます。

でも、うちのアップルくんの場合は、まだ体も小さい方で、

簡単に抱きかかえられるぐらいなので、安全面を考えると、

付き添うしかないんですよね。

行けないときは、私も無理はしませんし、アップルくんにも話してます。


あと‥他の質問で、

◆犯罪にまきこまれそうな人、そうでない人っていますか?

◆不審者の見分け方はありますか?


というのもありました。


◆みなさんが犯罪にまきこまれる可能性があると思っておいて下さい。
 小学生については、ぷらんぷらんして歩いてる子は狙われやすいです。

◆不審者やと思ったら不審者です。


とのことでした。



そんなこんなで2時間の講座は終了したのですが、

『子どもがひとりでいるのを見つけたときは、声をかけてあげて下さい。

 ヘンなおばちゃんになってもいいから、声かけて下さい。

 あとで調べたらわかりますから、頼みます。』と‥。

現状を知っておられる方からのお話だったなので、

直接、警察の方のお話を聞けたのはよかったと思います。

アップルくんにも聞いたことを伝えました。


うちは、かなりしつこく、

自分の身を守るという話をしているのですが、

それでも心配です。

普段からの生活環境からも、つながっていくと思うので、

コミュニケーションをとって育てていきたいと思いました。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、学校の保護者研修会で、

警察の生活安全課の方が来て下さり、

『子どもを身近な犯罪から守るために‥保護者としてできること』

という内容でお話してくれました。


警察の方が、口をすっぱくして言うほど何度も言ってたことがありました。

それは・・・

   ★子どもをひとりにさせないこと!!

   ★ささいな事でも通報して下さい。


とのことでした。
 
連れ去りなどの犯人は、やはり‥‘ひとりで歩いてる子ども’を狙うようです。



普段から自分の身を守れるように、

   ★声を出す練習

   ★声をかけられたら逃げる!   

   ★防犯ベルのチェック(音がなるか、鳴らし方)

   ★道を歩くときは、車から離れたところを歩くようにする


など、できることは身につけるようにすることです。


★声を出す練習は、
あいさつすること(家族・学校・地域の人など)から始まって、
普段から声を出しておかないと、いざとなった時には声が出ないし、
助けを求めることもできないそうです。

実際、子どもたちの防犯の訓練をしたとき、
‘110番の家’に駆け込むことを躊躇する子どもがいたそうです。


私も過去に、後ろから襲われた経験があるのですが、声は出ませんでした。
「キャー」とも「助けてー」とも言えませんでした。
ただ驚いて、体が固まった状態になってしまうんです。。。

声を出すということは、まわり人に気づいてもらうためなので、
これは大切なことだと思います。

 
あと、これは子育てと同じだなと思ったことがありました。

  
  ★日頃からの大人(親)の行動が、子どもの行動につながる。

 
とおっしゃってました。

確かに、大人に警戒心が強かったり、
被害にあわないようにしていると、その子どもも狙われにくいという事です。


警察の方からのお話が1時間、保護者からの質問が1時間の講座だったのですが

保護者からの質問で、私の口がポカンと開いてしまうほどの質問があったのですが、

またこの続きを明日書きます。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、この間、大騒ぎしてつかまえたバッタを

自然の世界に戻してあげることにしました。



あれから‥次の日に早起きまでして、

いつもより20分ぐらい早く、学校にバッタを持って行きました。

生き物(昆虫やカメとか‥)を、学校に持ってきてる子もいるので

アップルくんもやってみたかったんだと思います。


初めてかな~?大事に大事に生き物を扱ったのは。。。

家でもバッタのことを気にしてました。

葉っぱとか、キュウリも食べるようなんですが、

最初は、あげても全然食べなかったので、

「食べへんわ~、え~、どうしよう?」と困っていたり・・・。

私が「ごはんあげても食べてくれへんかったら困るやろ~?

オレンジさんの気持ちもわかってくれた?」って、

何度か言ってたら、

「何回も言うな!」と自分のことを言われてるように思ったみたいで‥(笑)



アップルくん、基本的には虫に慣れていないので、

虫かごをのぞいてる時に、

バッタが動いたら、しりもちついて、ズッコケてました!


バッタがずっと虫かごの中にいて、

バッタらしく飛べないのも、かわいそうになってきて、

胸が痛むので、草むらに「ありがとう‥バッタさん。」って言って

逃がしてあげたんです。記念写真もとっときました^^



この夏は、カブトムシをとりに行きます。

アップルくん、「メスはいらんねん」と失礼なことを言ってましたが、

さて、どうなることか‥今から楽しみにしています。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。