2012年1月14日土曜日に行われた第1回将棋電王戦「米長永世棋聖vs.ボンクラーズ」。ニコニコ生放送でも中継されたので、リアルタイムで観戦された方も多いかと思います。私もその中の一人でした。

その対局の内容ですが、残念なことに(私の目からみる限り)あまり面白みのないものでした。私はプロの将棋には一手指した方がよく見える、手に汗握る終盤戦を期待します。ところが、米長永世棋聖がさしたる見せ場もないまま一方的に負け。

しかも、です。実はこの対局に先立ってインターネットの対局サイトである将棋倶楽部24にて、前哨戦が行われていたのですが、米長永世棋聖は本戦と同じ戦法で負け方も似たようなもの。同じ失敗を2度も続けるとはどういうことか!

私は名人位を獲得したこともある日本将棋連盟会長米長邦雄氏がどうしてコンピュータソフト相手に受けに徹するという姑息な(失礼)戦法を採用したのか理解できませんた。

が、この本を読んで全ての理由がわかりました。

われ敗れたり / 米長邦雄

¥1,365
楽天


驚いたことに米長氏は市販の将棋ソフトと対局した結果、自分の方が弱いと認めていたのですね。そこで、自分より強い将棋ソフトになんとか勝つために相手に攻撃の隙を与えない戦法を選んだのだと。

私が疑問に感じていたことの理由はわかったものの、これでは興ざめです。やはり、人間対コンピュータの将棋対局は「強いプロにコンピュータが挑戦する」というのでなければ面白くありません。それが、「初めからコンピュータより弱いとわかっている人がコンピュータに挑戦する」対局であったとは...

この対局はある程度話題になったとはいえ、将棋電王戦の記念すべき第一回目の対局としては人選がまずかったのではないかと感じていますが、皆さんはどう思われるでしょうか。


さて、将棋ソフトといえば最近書店で「最強将棋激指スペシャル」なるものを見つけました。

激指9に所司七段の定跡本がついてなんとたったの3千円台。激指に今まで5万円くらいつぎ込んでいる私にはちょっとしたショックです。


最強将棋激指スペシャル

¥3,990
楽天


人気ブログランキング