絵日記でございます。

大きい子供とか、本とか、写真とか、おでかけとか、なんか色々。


テーマ:

パニック障害の①が、トピックスに載ったようで、

いいねの数が、3000を超えてしまいましたポーン

リブログの数も、40超えで、

本当にびっくりしています。

 

メッセージでの応援も、リブログも読ませて頂きました。

私の身近には、うつ病の人はたくさんいるのですが、

パニック障害の人は1人もいません。

なので、

こんなにたくさんの方が、

同じ病気と闘っている(いた)んだなと思うと、

私の方こそ、勇気づけられました。

 

どうもありがとうございました♪

 

アメーバ運営局の皆様も、

いつもありがとうございます!

 

 

昔からの常連様の皆様、

闘病日記みたいになっていて申し訳ありません(笑)

ちゃんと普通の記事も書こうと思っているので

お待ちくださいね!

今日の記事は、病気じゃない人にも

参考になると思うので読んでみて下さいね♪

 

 

--------------------------

 

パニック障害①からの続きです。

 

この話は、ダーリンは元うつ病シリーズの続きとなっています。

 

テーマ「うつ病」からまとめて読めます。

 

発症の原因など、このうつ病の記事を読んでからの方が

分かりやすいと思います。

 

パニック障害は、5年前の話です。

今は元気です♪

 

-------------------------

 

 

前回、二人目の医師との出会いを

書きました。

精神科へ行けと言われたけれど、

目が腫れた為、

眼科→皮膚科→総合病院へ行きます。

 

 

--------------------------

 

目の腫れは、見た目がとても醜い為、

眼科でも皮膚科でも治らないのなら

もう整形手術するしか、

元に戻る方法はないんじゃないか…

などと、絶望しながら

総合病院を受診しました。

 

 

 

そこで診察をしてくれた先生は

これまた、おじいちゃん先生で、

かなり高齢だったのですが

そんな年には見えない、

とても貫禄のあるイケてるドクターでした。

 

私が描くイラストの先生は、

全然イケてないのですが(笑)、

本当に、イケてる先生でした。

頭はバーコードだったけれど。

 

 

 

医者ってすごいですよね。

その医師は、今はもうお亡くなりになっているのですが、

死ぬ前日まで医者でした。

 

私は、この日の事をきっかけに、

この先生の事が気に入ってしまい、

その後、何かあった時はこの先生に

診てもらっていたのですが、

亡くなってしまった今はもう、

信頼できるお医者さんがいなくなってしまって

とても残念に思っています。

 

 

 

 

 

今までの経緯を先生に説明すると、

(パニックの事も言いました)

 

私の目の腫れを、じーーーーっと見て、

 

 

 

 

と言いました。

 

 

 

また新たな言葉が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう言って、

紙とボールペンを出し、

お勉強会が始まりました。

 

5分ほどですが、

紙に書いて詳しく説明して下さり、

私はここで、

自律神経について、知る事になりました。

 

今までも知ってはいたけれど、

それほど詳しくは知らなかったのです。

 

 

交感神経とか、副交感神経とか、

アレの事ですので

知っている方も多いでしょうが、

知らない方も多いかもしれないので、

皆さんにも、簡単にお話しますね。

だけど、小難しい話は書かずに、

簡単に書きます。

詳しく知りたい方は、

今はネットで調べられるので、調べてみて下さい。

 

 

 

その先生は、

次のように言いました。

 

 

全ての病気が治る?

 

 

「整える方法は、

 

寝るだけ

 

これだけです。

 

 

 

 

 

この場合の薬は、

あれやこれやの、治療薬の事です。

 

「精神科?

行く必要はない」

 

 

 

「眠れないのなら、

たとえ薬の力を借りてでも

寝なさい。

ぴったりの薬を出してあげるから、

1週間だけ、

何も考えずに寝なさい。

そうすれば、

自分の身体が一斉に修復を始める」

 

 

 

そう言って、

眠剤は、飲んだことのない私には強いだろうという事で

そっちではなく、

一番軽い精神安定剤を

1週間分処方してくれました。

処方してくれた薬は、この1種類だけ。

 

 

そこで気になったのが、

前回の話に出てきた、二人目の医師に

言われた事。

 

 

 

 

 

 

 

私は、この言葉を聞いて

泣いてしまいました。

 

 

 

そりゃ、飲むか、飲まないか、と言えば

飲まない方がいいけど、

頼るべき所では頼ってもいいんだよ。

「絶対に頼らない」と、

自分をがんじがらめにしない事。

 

そう言われて、

とても安心出来ました。

 

 

その日から、

医者の言う通りに、

1週間、きちんとした時間に寝ました。

子供と一緒に、21時頃寝ていたと思います。笑

処方してもらった薬は、

私には良く効き、非常によく眠れました。

 

 

 

すると、

 

 

嘘みたいな話ですが、

 

 

3日目には、

 

 

 

 

 

目の腫れは、すっかり治っていました。

 

肌もツルツルになったという、

おまけまで付いてきました。

(高い美容液買うより、早寝が一番肌に良いです(笑))

 

 

自律神経の乱れから、

目が腫れてしまったんですね。

 

ビバ!自律神経!

 

実はね、余談ですが、

この時、片頭痛と、頸椎の痛みや、

時々来る吐き気にも悩んでいたのですが、

それらもすっかり治ってしまったんです。

 

ビバ!!!

自律神経!!!

 

 

(本当に、自律神経のおかげかどうかは

分からないけれど)

 

効果は人それぞれだし、

感じ方も人それぞれなので、

信じなくていいのですが、

私にはこの医師の言葉が、ストンと入ってきて

実際に治っちゃったし、

今も実践していて、

体調が悪くなったら、まずは自律神経の調整、

と思っています。

 

本当は、毎日、早寝早起きが出来ればいいのですが、

なかなか…ねぇキョロキョロ

 

 

 

私は若い時から、夜型人間で、

夜更かしばかりしていたのです。

夜寝るのがもったいなくて、

楽しみは全部夜から♪と思っていて

ずーっと、自律神経の事なんて考えていませんでした。

この先生に、出会うまでは。

 

 

 

身体の不具合は、

これで治りましたが、

パニック発作は、すぐに止まったわけではありません。

 

そして、

自分の生活を見直します。

 

薬に頼って、一時的に症状を改善しても、

我慢してその生活を続けていては

何度も同じことになるだろう。

永遠に薬を飲み続けなければいけなくなる。

 

根本的な解決が必要だと、

私の気持ちが、切り替わります。

 

 

 

つづく。

 

 

 

-------------------------

 

恐れ入りますが、

こちらをポチっと

よろしくお願いいたします。


絵日記ランキング

 

この先生は、もう80代だったと思うので、

しょうがない事なのですが、

もっともっと、生きていて欲しかったです。

 

私は今日は、仕事が休みだったのですが、

母の具合が悪く、

午前と、午後と、

二度も病院に連れていく事になってしまいました。

疲れた…。

母の病気も、この先生に診てもらいたかったな。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(107)

あぽりさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「パニック障害」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。