絵日記でございます。

大きい子供とか、本とか、写真とか、おでかけとか、なんか色々。


テーマ:

私の母の続きです。

 

テーマ「母の事」からまとめて読めます。

 

 

---------------------------

 

前回、母が驚異的な回復を遂げたのは

イケメン先生のおかげだった、という

記事を書きました。

 

 

どんなにいい病院でも、

日本のシステム上、同じ病院に長く入院している事は

出来ません。

うちの場合は、60日間が限度と言われました。

 

 

母の場合、特に、

こんなに回復したのは、

「イケメン先生のおかげです」

…とは言えないので(笑)、

リハビリがものすごく効果があるという見解になり、

早くから、リハビリ専門の病院への転院を勧められていました。

 

 

リハビリにも色々あり、

普通の(?)リハビリを扱ってる病院には入院出来ず、

脳梗塞の後遺症などの、機能回復のリハビリと、

介護のリハビリは専門が違い、

母は、その、介護の方のリハビリで、

「包括医療」を手掛けている病院でないと受け入れてもらえませんでした。

 

介護って、色々とややこしいのです。

 

この、包括医療を扱っている病院というのが、

これまた数が少なく、

うちの市はかなり都会だと思うけれど、

それでも、こんなに少ないのか!と衝撃を受けましたから。

田舎の方には、一つもないかもしれない。

 

うちと同じ状態になった場合は、

遠くの病院へ行くか、家で看るか、施設へ…の

選択になるのかなと思います。

 

逆に施設への入所は、田舎の方が安くて入りやすいと聞きましたが、

そうなのでしょうか。

別な場所では、「親を施設に入れる」、という考えさえも持たない、

とも聞きましたが、

地域によって違うのでしょうか。

 

こちらの方では、ある場所では、入所金が500万、月々20万なんて言われて

そんな金、誰が出せるんだ(笑)と

瞬殺されました。

十数万の低価格の施設になると(これでも低価格なんだって)、

めちゃめちゃ混んでいて、10年待ちなんてこともあるらしく、

10年待ったら死んどるわ、と、これまた瞬殺。

 

まだうちは、施設は考えてないので詳しく調べていないけれど、

なかなか、世知辛い世の中です。

 

これから老人が増えていくのに、

このままでは日本全体がまずいのではと思いました。

 

 

 

 

病院を探し、

その中で、一番近い所の

うちから電車で30分ほどかかる所にお願いする事にしました。

 

30分でも、電車で通うとなると微妙にめんどくさいのですが、

今まで、2時間くらいかかっていたので、

見舞いに行くだけで一日がかりで、

病院から呼び出しがあると、仕事も休まなければいけなかったので

30分になるのは、かなり短縮され、私としては非常にありがたい!!

 

転院初日、

新しい病院へ連れて行くと、

前の病院からデータが来るのですが、

それでもまた、検査を一からやり直しになります…( ̄▽ ̄;)

 

 

 

※車椅子無しでも、数分ならば、介助があれば歩けるようになりました♪

 

 

 

さて、

母は何をしているでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

検査が終わり、病室に着いて入院の準備が終わると、

 

 

 

 

 

いい男を物色してたんかい。

 

元気なばーさんだな!

 

まだ他にもたくさん先生がいるし、

リハビリの人もいるし、

この人いいな♪と思える先生に会えるかもしれないよ!

と励ましてました。

 

 

だけど、私が思うよりも、事態は深刻で、

 

 

 

前のイケメン先生は、

顔がイケメンというだけじゃなく、

とても優しく、寄り添ってくれるお医者さんだったので、

母は、心から信頼していたのだと思う。

 

その、心の拠り所が無くなってしまった。

 

新しい病院の先生も、

決して悪い先生ではないのです。

 

「病は気から」と言いますが、

母の症状は、この後、

どんなにリハビリをしても、これ以上良くなる事はなくなりました。

 

むしろ、前より悪くなった気がします。

 

人の「気持ち」って、すごいな。

ときめく気持ちというのは、特にすごい。

私も将来、ばーさんになったら誰かにときめくことにしようっと。(あれ?夫は?)

 

 

だからと言って、前の病院にはもう戻る事は出来ない。

 

これ以上の回復は見込めないので、

退院を示唆されます。

この状態で良いと、家族(私)が納得するかどうか、だと言われ、

考えなければいけません。

 

どっちにしろ、60日ルールがあるので

5月半ばには退院しなくてはいけないんですけどね。

退院しない場合は、また別の病院を探さなくてはいけない。

 

ひとまず、試験的に、一泊二日で、

近々仮退院してみようということになりました。

それはまだ、これからです。

 

私が急に、何の音沙汰もなくなるかもしれませんが、

あ、退院して、お母さんに付き添ってるんだな、と

思って下さい( ´艸`)

ネットが無い環境なのよ泣き1

 

 

つづく。

 

 

-------------------------------

 

イケメンドクターを物色中の母を、ポチっと

よろしくお願いいたします☆

 

 

前の先生、よほどいい先生だったんだろうなぁ。

気持ち分かるけどね…。

 

でも、ペンギン歩きだけど、なんとか歩けてるし、

手も、右手が動かしにくいと言ってるけれど

動かせるし、

トイレは一人で行けるし、

認知症も、まだ進行が早くないし、

このままの状態で退院しても、なんとかなるさ!

 

問題は、私が仕事と両立できるかどうか。

辞めたくないよ~~~!

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(54)  |  リブログ(0)

あぽりさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「母の事」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。