私の母⑦

テーマ:

鎌倉の、シリーズの話も読んで下さってありがとうございます♪

 

年に数回訪れていますので、

またいずれ、お話させて下さいねニコニコ

 

 

今回は、少し放置してしまった、母の話を書きたいと思います。

 

私の母の続きです。

 

テーマ「母の事」からまとめて読めます。

 

 

----------------------------

 

前回までのあらすじを言いますと、

胸から下が全く動かなくなってしまった母が、

2か月のリハビリのおかげで、

ペンギン歩きが出来るようになるまで回復した、

という所まで書きました。

 

驚異的な回復力に、私も驚いたし、病院側も驚いていました。

 

 

ある日病院に行った時に、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだ、

このイケメン先生は!!!

 

 

 

 

母の主治医でした。

 

(私はこの日に初顔合わせでした)

 

 

 

その後、談話室で母と話をしたのですが、

 

 

主治医の先生が、

いかにかっこよくて、

いかに優しくて、

いかに紳士的であるかを

力説してくれた。

 

おいおい、ほんとにあなたは認知症かぁ?と思うほど

母は饒舌によくしゃべった。

 

この先生が誉めてくれるから、

この先生が見てくれているから、

期待に応える為に頑張ったのだろう。

 

そして母は、本当に、奇跡的な回復を見せてくれた。

 

動かなかった右手が動くようになれば

あの先生が、すごいすごい♪と誉めてくれる。

うまく出来なかった時も、

大丈夫大丈夫♪焦らずゆっくりやりましょう♪と

励ましてくれる。

 

必ず病室に顔を出し、

たわいのない世間話をしてくれる。

 

そして、これは私が気付いた事だけど

母と話す時、その先生は、

必ずしゃがんで、母の目線に合わせて話をするのだ。

 

よく保育園などで、子供の目線に合わせて、

しゃがんで話しかける先生がいるでしょう?

あんな風に。

 

爽やかで、キラキラな笑顔を振りまいて

毎日しっかりと、母の身体を見てくれていた。

 

こんなにも劇的に回復していったのは、

この先生がいたからだろう。

 

この先生に誉めて欲しくて、

この先生にいい所を見せたくて

この先生に笑ってほしくて

 

その思いはとても強く、

やる気も生きる気もなくなっていた母に

希望の光をくれる先生だった。

 

 

何かの医療物のドラマのセリフだったかなぁ。

こんなセリフがありました。

 

 

 

母の病気は、薬を飲んでも、手術をしても治らないけれど、

この言葉通り、

「母(人)を治してくれた」のだと思う。

 

 

女と言うのは、いつくになっても、イケメンが好きなのね(笑)

それもそうか。

私も、斎藤工や、山崎賢人に、毎日優しくされて、

頑張れって励まされていたら

死に物狂いで頑張るかも(≧▽≦)

この先生、顔だけじゃなく、中身もイケメンだったしね♪

 

 

だけど。

 

 

残念ながら、転院が決まります。

同じ病院に、長くはいられないのです。

 

 

3月上旬に、転院致しました。

 

 

つづく。

 

 

 

-----------------------------------

 

女子高生のような母に、ポチっと

よろしくお願い致します♪

 

 

実際にはね、

顔はそれほどイケメンじゃないのよ(笑)

だけど、患者さんに対する態度が本当にイケメンだった。

 

先生、2か月間、ありがとうございました♪

とても感謝しています。

 

 

 

 

 

 

 

AD

リブログ(5)

  • ”私の母⑦” こんな医師がいたら…☆☆☆

    凄い優しさのある医師さんもいるのだなぁ☆と思いました。(この次の記事でイケメン医師ロスになられていましたが。私的にはイケメン医師さんは凄い方だけどここまで頑張られていたらかなり医師さんお疲れになるのではないか?と心配になりましたがお若いなら大丈夫かな?)イケメンでなくてもいいので、心に寄り添える優し…

    けい☆闘病と介護育児イラスト料理ボカロ

    2017-04-28 08:59:40

リブログ一覧を見る

コメント(53)