☆★☆ジュエリーボックス☆★☆

なんとなーく過ぎて行く毎日。でも、きっとキラキラした想い出もあるはず♪そんな私の宝物(想い出)をぎっしり詰め込んでます。


テーマ:
200708251648.jpg


今どっぷりハマっている恩田陸の理瀬シリーズ。
『三月は深き紅の淵を』→『麦の海に沈む果実』→『水晶の夜、翡翠の朝』(殺人鬼の放課後、青に捧げる悪夢、朝日のようにさわやかに収録)→『睡蓮』(図書室の海収録)→『黄昏の百合の骨』とネタバレしないような順番で慎重に読み進め、すっかり虜になっちゃいました☆

そんな今、気になるのは理瀬シリーズ長編三部作の完結編と言われている『薔薇のなかの蛇』。メフィストで連載が始まったばかりという事で単行本になるのはまだ先…とても単行本化まで待てない!!
理瀬達のその後が知りたい。しかもしょっぱなから愛しのヨハンが出てくると聞いたら読むしかないでしょう!(笑)
ただ今2007年9月号が絶賛発売中。だがしかーし!9月号に載っているのは第2回。1回目見なきゃ始まらん。。。って事で『薔薇のなかの蛇』第1回が載っているメフィスト2007年5月号を探す旅に出ました。

ヤフオクに出品されてるけど、4000円近い値段なので無職の今は当然却下。バックナンバーの在庫があるか不明だし、例えあったとしても取り寄せにかかる時間がもどかしい。そんな訳で、行動範囲内にある図書館の蔵書検索しまくりました。地元の横浜市立図書館に始まり、川崎市立図書館、神奈川県立図書館、渋谷区立図書館に港区立図書館。
小説現代は置いていてもメフィストはなかなか見つからず。。。

でも、諦めずに探し続けた私を神は見捨てなかった!(←大袈裟)
ついに見つけましたよ~。しかも学生時代レポート書く為に何度も通った懐かしの場所、都立中央図書館にありました!!
自分の興味がある事に関しては素晴らしい行動力を発揮する私。早速広尾まで行ってきました。(この執着心と行動力を他で発揮できたらきっと勝ち組になれただろうに…)

有栖川宮記念公園内にある中央図書館。広尾自体かなりご無沙汰な街だったし、学生時代を思い出して懐かしくなりました。緑がいっぱいで、鳥の囀りが聞こえて、まさに都会のオアシス。そんな場所に建っている図書館の中はしんと静まり返っていて、集中するにはもってこいの場所。
メフィスト5月号と9月号をじっくり読めました。合わせて30ページ程でまだまだこれからどう展開していくのか分からないけど、ちょっと大人になったヨハンと理瀬に逢えて嬉しかった♪(*^o^*)
ヨハンが話してた相手が誰かも気になるし(稔?聖?それとも復活するという噂の黎二?)、聖杯や黒い薔薇についても興味をそそられる。『黄昏の百合の骨』のラストに出てきた少年二人が誰なのかも気になるし、今後も目が離せないっ!!次号は12月12日発売。忘れないようにしなくちゃ。

『薔薇のなかの蛇』を読んで気分もスッキリ☆
これで心置きなく蓄まっている未読本に手を付けられるわ(笑)


メフィスト 2007年 09月号 [雑誌]
¥1,500
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

I LOVE YOU 』に続いて恋愛アンソロジーをまた一つ。

同じ祥伝社から出ている『LOVE or LIKE』です。


LOVE or LIKE/石田 衣良






¥1,680

Amazon.co.jp


≪収録作品≫

リアルラブ?   石田衣良

なみうちぎわ   中田永一

ハミングライフ  中村航

DEAR       本多孝好

分かれ道     真伏修二

ネコ・ノ・デコ 山本幸久



はっきり言って全体的なレベルは『I LOVE YOU』より格段に下がります。

でも、『なみうちぎわ』と『ハミングライフ』の二作を読むだけで十分元が取れる!!それ位、この二つはオススメ!!


中田永一は前作の『百瀬、こっちを向いて』も素晴らしかったけど、個人的にはこちらの作品の方がストライクど真ん中ですごく好きです。相変わらずちょっぴりミステリーを織り交ぜつつ、切なくてきゅんとなるラブストーリー。

今回のアンソロジーのテーマ「LOVE or LIKE」に一番合っていたお話だと思う。“あの感情”について色々考えさせられました。小太郎はほんとしんどかったろうなぁ。色んな意味で。でも、そのしんどさを感じさせない二人のやり取りが良かった。最後はちゃんとハッピーエンドだったし♪


中村航の『ハミングライフ』はほのぼのしていて、心が温まるお話。前回の『突き抜けろ』は好みじゃなかったけど、こちらはすんごい好き。

同じ作家さんでもこんなに印象が変わるんだなぁ。一作読んだだけで好き嫌いを判断しちゃいけないなって思わされた作品です。作中のイラストも可愛いし、交信の内容も面白い。私も誰かの営みを発見したり、自分の営みが他の誰かに幸せを与えられたらいいなって思いました。

っていうか、ウロレターやりたい!!(笑)


お気に入りの二作は3回も読み返したけれど、他は一回読んだだけで十分って感じでした。『分かれ道』と『ネコ・ノ・デコ』は何が言いたいんだかよく分からなかった。どの辺がLOVE or LIKEなんだろ?

衣良さんの作品もなんだかなぁっていう内容。俗に言う“セ○レ”とか“や○友”っていう関係に共感出来ないからなぁ。。。その時点でこの作品には感情移入出来ない訳であります。はい。

やっつけ的な文章って感じだけど、それでもはっとさせられる一文があるところはさすが衣良さんと言うべきか。本当に欲しいモノは手に入らない、ね。


全体的な印象はイマイチでも、『なみうちぎわ』と『ハミングライフ』という作品に出会えた事が大きな収穫。手に取って良かったと満足出来る一冊でした。本との出会いは一期一会。これからも素敵な作品と出会えますように☆


ちなみに、今回の装丁も鈴木成一デザイン室です(^-^)

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
読了本がかなり蓄まったので何を読んだか忘れないようにリストを作ってみました。美輪さんが「人間は保護色の動物。住んでる家、着てる服、読んでる本で全ての細胞が造られる」とおっしゃってるのを聞いてエログロ横溝ばかり読んでたらまずい(笑)と思ったのと、大好きな衣良さんが「色んな人の本を読むといい」って勧めてたので、なるべく多くの作家の本を読もうと努力してます。まぁ、ミステリーが基本だし、気に入った作家さんが出来るとその著作を集中して読みがちですが。。。

独断と偏見で点数をつけてみました。5点満点で★=1点、☆=0.5点。
ストーリーやトリックがイマイチでも登場人物のキャラに惹かれたり、少女マンガみたいなハッピーエンドモノはひいき目に見て点数が上がる傾向アリ。逆にバッドエンドモノは辛口になりがち。あくまでも私個人の好みが反映されてる点数なので参考にはならないかもf^_^;)

現時点でのマイベストは雫井脩介の『犯人に告ぐ』です。これは文句なしに面白かったのでオススメ!
次点は恩田陸の『麦の海に沈む果実』と『黄昏の百合の骨』。理瀬シリーズの独特な世界観に魅入られました。ダークな理瀬も魅力的♪しっかし、彼女はこれからどこへ向かっていくのだろう…先が気になるけど、ちょっと見るのが恐くもある。

さて、次は何読もうかな~。


横溝正史
・支那扇の女★★★
・迷路の花嫁★★★★
・扉の影の女★★★☆
・夜の黒豹★★☆
・不死蝶★★★
・青い外套を着た女★★★
・死神の矢★★★
・スペードの女王★★
・金田一耕助の冒険2★☆
・火の十字架★★
・幽霊鉄仮面★★☆
・死仮面★★☆
・吸血蛾★★★
・生ける死仮面★★
・蝶々殺人事件★★☆
・幽霊座★★★☆
・幽霊男★★☆
・悪霊島★★★★
・夜光虫★★★☆
・塙侯爵一家★★★☆
・七つの仮面★★
・金田一耕助の冒険1★☆
・毒の矢★★
・鬼火・蔵の中★★☆
・首★★
・幻の女★★
・仮面劇場★★☆
・髑髏検校★★★
・真珠郎★★★
・病院坂の首くくりの家★★★★
・真説金田一耕助★★★
・殺人鬼★★★

奥田英朗
・空中ブランコ★★★★
・町長選挙★★★☆
・ララピポ★★★

伊坂幸太郎
・チルドレン★★★☆
・オーデュボンの祈り★★★
・死神の精度★★★★
・ラッシュライフ★★★★

乙一
・暗いところで待ち合わせ★★★★
・平面いぬ。★★★
・失はれる物語★★★★☆

歌野晶午
・葉桜の季節に君を想うということ★★★★

石田衣良
・愛がいない部屋★★★

雫井脩介
・犯人に告ぐ★★★★★

天藤真
・陽気な容疑者たち★★★☆

恩田陸
・まひるの月を追いかけて★★★
・三月は深き紅の淵を★★★☆
・麦の海に沈む果実★★★★★
・図書室の海★★★
・黄昏の百合の骨★★★★★

米澤穂信
・春期限定いちごタルト事件★★★☆
・夏期限定トロピカルパフェ事件★★★☆

アンソロジー
・LOVE or LIKE(石田衣良、中田永一、中村航ほか)★★★
・青に捧げる悪夢(恩田陸、若竹七海、乙一ほか)★★★
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
開幕戦を勝利で飾り、延長15回引き分け再試合を戦い抜き、強豪帝京相手に延長13回サヨナラ勝ちで勢いに乗った県立佐賀北高校。
決勝戦でも8回裏に満塁ホームランが飛び出し、劇的な逆転勝利で締め括りました!!最後まで魅せてくれた♪(≧∇≦)

4081校の頂点に立った彼らの笑顔は輝いてました。応援していたはずが逆に元気をもらった感じ。

激戦続きだった今大会。毎試合色んなドラマがあった。閉会式での総括を聞きながら色んな場面が甦ってきて思わず涙が。・゜(つДT)゜・。
勝利に向かって最後まで諦めず戦う姿に勇気と感動をもらいました。
私もこんなとこで腐ってる場合じゃない!!
彼らみたいに一心不乱に打ち込める“何か”を見つけなきゃ☆
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
甲子園で熱戦が続いてます。物心ついた頃から高校野球に熱中していた私。ハンカチ王子もダルビッシュも涌井くんもみんな高校時代から見てた(ある意味ミーハーの原点と言えるかも)。今年は毎日が夏休み状態なので、気付くとチャンネルを合わせてます。

地元神奈川の高校だけでなく、甲子園常連校の中には好きな高校もあるし、お気に入りの選手がいる高校を応援したりもする。
予備知識がない高校でも試合を見始めれば必ずどちらか応援して見る。そんな訳で毎試合応援に力が入ります(笑)
そして応援していたチームが負ければ一緒に泣く。球児達の涙はとても純粋で綺麗で、だから余計もらい泣きしちゃう。
今日も仙台育英の敗戦で涙。剛速球投手佐藤くんがもう見れない…もっともっと、彼の投球が見たかった(TOT)
155キロの速球は見応え十分。彼のいた夏を、きっと私は忘れない。

さあ、気を取り直して次は帝京の試合だ!!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
三大流星群の一つ、ペルセウス座流星群。13日夜明けまでがオススメ観測時間、つまり今が丁度ピークらしいのですが、まだ一個も見つけられてません(ノ_;)
今年は新月で月明かりの影響を受けず、好条件だというのに…
一つでもいいから流れ星が見れますように☆


(03:55追記)
時間帯が遅くなる程出現数も増えるというので再チャレンジ。
6個見る事が出来ました!!ねばった甲斐があった(*≧∇≦*)
もっと見たかったけど雲が出てきてしまったので断念。
でも、綺麗な流れ星が見れたから大満足。
夏フェスも花火もお祭りの予定もない今年の夏一番の思い出です♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
チビが星になってから早いもので49日が過ぎました。
未だに近くにいるような気がして実感が湧きません。

梅雨明けして夏真っ盛りだけれど、外に出て日差しを浴びると頭痛くなって体調が悪くなるので辛いです。
家にいても暑い日はやっぱり体調悪化するので参っちゃう。
夏は大好きな季節なんだけど、今年は特に体調崩しやすくて早く涼しくならないかなぁなんて思ってます。
この調子じゃ社会復帰もままならず、時間だけが虚しく過ぎていく感じ。困ったなぁ。。。

チビがいないとますますダメ人間になってく。チビがどれだけ支えになっていたか改めて思い知らされました。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

『スロー・グッドバイ』、『1ポンドの悲しみ』と連続して石田衣良の恋愛小説を読み返したせいかすっかり気分は恋愛モード。

横溝正史にどっぷり浸かっていたから気分転換しかったのかも(笑)

金田一モノの77作品全部読破しちゃったし、さすがにパターンが読めてきて犯人に意外性を感じなくなってきたからね(^▽^;)

そんな訳で、横溝正史から恋愛小説に方向転換。普段だったら絶対手を出さない分野(笑)ミステリー大好き人間だしね。でも衣良さんは特別♪


なんとなく長編っていう気分じゃなかったし、衣良さんの作品は短編の方がさらっと読めて好きなので、彼の短編が載っているアンソロジーに手を出してみました。祥伝社から出ている『I LOVE YOU』です。




I love you/伊坂 幸太郎
¥1,680
Amazon.co.jp

≪収録作品≫

透明ポーラーベア   伊坂幸太郎

魔法のボタン      石田衣良

卒業写真       市川拓司

百瀬、こっちを向いて 中田永一
突き抜けろ        中村航

Sidewalk Talk    本多孝好



お目当ての衣良さんの短編はもちろんの事、他の作品も良かったです。

しょっぱなの『透明ポーラーベア』でまずやられた!伊坂ワールド全開!

伏線アリ、面白雑学(?)アリ。一気に引き込まれちゃいました。

動物園が舞台のお話。『アヒルと鴨のコインロッカー』を読んでるとくすっと笑える部分もあったりして、マニア心をくすぐる(笑)

「繋がってる」っていう台詞が全てを表してる。人一倍、誰かと繋がっていたいと思ってる私の心に染みてくるストーリーでした。

『アヒルと鴨~』で居た堪れない気分になり、しばらく伊坂作品から遠ざかっていたけれど、このお話でまたスイッチが入り『チルドレン』、『オーデュボンの祈り』と一気に読み進め、このまま伊坂ワールドにどっぷり浸かってしまいそうです。それ位、この作品は良かった!


お目当ての『魔法のボタン』はいかにも衣良さんらしい作品。幼馴染から恋愛対象へ変わっていく過程を軽やかに描いてました。ボタンの場面ではちょっとくすぐったいような感じがしたけど、それもまた衣良さんならでは。魔法が解けた後の萌枝の爆弾発言には面食らったけど、逆に甘甘で終るよりもリアルな感じになって良かったかな。微笑ましい恋のお話でした。


覆面作家・中田永一の『百瀬、こっちを向いて』も良かった!ただ甘酸っぱい青春の思い出で終わらず、ピリっとスパイスが効いてるところがグー。中田永一=乙一という噂だけど、それもうなずける出来栄え。

人間レベルとか言っちゃうところがいかにも乙一っぽい感じだし、全体を彩る切なさがまた乙一っぽい。

これまたスイッチが入り、この本読んだ後『暗いところで待ち合わせ』と『平面いぬ。』を読破。私は白乙一派なので黒乙一系は避けてます。


上記3作がお気に入り。他は普通かな。中村航の『突き抜けろ』は恋愛小説っていうより青春小説って感じだったけど。

本多孝好の『Sidewalk Talk』は話自体は普通だけど小物の使い方が秀逸でした。記憶と香りが密接に関わってるってのは私も同感。香りとともに思い出す人いるもんね。例えばアンサンセウルトラマリンだったり、デューンオムだったり、エゴイストだったり、はたまたダウニーとか柔軟材の香りだったり。

私も香りと一緒に思い出して欲しいなぁ、っていう願望もあって香水つけてるけど、残念ながら私の気に入る香水はことごとく限定モノだったり廃盤になったりして、なかなかずっと同じ香水をつけられないのよね。とほほ。    


短編だとサックリ読めるし、アンソロジーは色んな作家さんの作品が読めるから自分の好みの作家さんを探す目安にもなっていいね。この本は全体的にレベルが高くてオススメです。

改めて恋したいなぁって気持ちになりました。恋愛小説は短編が丁度いい。

装丁が鈴木成一ってところがまたツボです(笑)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

中国戦は完全アウェーでしたね。審判まで中国人というありえない状況。国際試合って普通中立国の人が審判なはずなんだけど・・・

笑っちゃう位中国よりの判定のオンパレード。失笑しまくりでした。そんなんでいいのか!?中国は。。。北京五輪が不安になってしまったよ。


まぁ、北京五輪最終予選を前に圧倒的に不利なアウェー戦を経験出来た事は大きいと思うけれど。5~6点取られてもおかしくない状況で失点0で終われた事も良かった。攻撃する場面が少なかったのは今後の課題だね。

いくらベストメンバーでないとはいえ、もうちょっと攻めて欲しかったな。平山はシュート正確性ないし・・・

後半岡崎や梅崎が入ってからはリズムが良くなったので、もっと早くに交代させてたら面白かったかも。


四カ国対抗戦も残り一試合。次のボツワナ戦絶対勝利して、一位で帰ってきてくれ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日はひどい頭痛&吐き気で寝込んでました。
お粥は食べたものの薬すら吐いてしまいそうな程気持ち悪くてマジで辛かった。かろうじて『花ざかりの君たちへ』と『牛に願いを』は見たけれど、そこで力尽きて『SUPERNATURAL』は見逃しました。週に一度のお楽しみだったのにぃ(TOT)

そんなこんなでまた体重が1kg減りました。チビの事があってから3kg以上減って、たまに外出して人に会うと「痩せたね」って言われる今日この頃です。
まあ、社会人になってから体重は右肩上がりで+10kgまでいったので、痩せたと言ってもベスト体重まではまだ3kgもあるんだけどねf^_^;)
夏場は食欲も落ちてダイエットには最適の季節なので、この調子でベスト体重まで戻したいなぁ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。