雑貨と音楽とGoods

音楽やデザインの美しいGoods、オモシロGoods、その他アーティスティックなもの交流を目指しています。

NEW !
テーマ:



最近、今の気分にピッタリな音楽がなくて・・・、ロックを聴いてもJAZZを聴いても何か欲求が満たされない感じがありまして。。。

それで思い出したのがこの「Hooked On Classics」(フックト・オン・クラシックス)です。
 

ちょっと生き返りました。(笑)

クラシック音楽をメドレーにして、それをディスコっぽいビートに乗せて演奏しているんです。

 

これを演奏しているのが、超有名なイギリスのロイヤルフィルハーモニーオーケストラなんです。本物の超一流のフルオーケストラが、このお遊びっぽいポップなサウンドのアルバムを本気で作っているんですね。さすがビートルズを生み出した国ですね。
まじめなオーケストラがまじめにお遊びをしているんですよね。

 

まずはお聴き下さい。と言っても47分ほどありますので、頭だけでも聴いてみて下さい。
クラシックに馴染みのない方でも楽しめると思います。

 


Hooked on CLASSICS

 

私はこのアルバム、持っていたのですがなぜか無くなってしまいまして・・・、YouTubeで検索したらパッと出てきましたので聴くことができました。(*^。^*)ゞ

ありがたい時代ですね!

 

買った当時は毎日のように聴いていましたね。とっても新鮮でクラシックのエッセンスがギュッと詰まっていて、もう夢中になりました。

 

やはりクラシックは素晴らしいですね。

他の音楽にはない深さがありますよね。

 

実は私は4才くらいの頃からバイオリンを習わされまして、小学校に入ったら+ピアノでした。そのせいかやはりベースはクラシックのようです。(^ ^)

 

Hooked on CLASSICS 2

 

こちらは2枚目です。1枚目より軽快なサウンドが多いですね。

 

この「フックト・オン・クラシックス」はルイス・クラークという人がプロデュースしているようです。「選曲」も「曲の繋ぎ」も「音作り」もすべて彼がやっているのではないでしょうか?

グルーブ感があるビートに上手くクラシックを乗せています。(強引に乗せているとも言えます。(笑))

それと音作りもとっても今風になっていて、クラシックが現代の音楽のように蘇っていますね。

 


Hooked on CLASSICS 3


「フックト・オン・クラシックス」は合計4枚発売されていまして、4枚目は日本では「フックト・オン・バロック」という名前で発売されました。

私はクラシックほどセクシーな音楽はないと思っています。

何か魂の中にまで入ってきて、生命エネルギーが活性化されるような感じがします。

曲を作曲した作曲家の息吹が凝縮されているんでしょうね。

 

音楽に人生を捧げた先人たちの遺産に感謝したいと思います。

それとプロデュースしたルイス・クラークさんにも感謝ですね。

 


 

最後にライブ演奏を貼り付けておきます。

こちらはルイス・クラークさんが指揮でのライブ演奏です。

演奏はイギリスポップスオーケストラとなっています。

-----------------------------


フックトオンクラシックス
 

アマゾンにたくさんありました。

☆ Hooked on CLASSICS ☆ Amazon

楽天にもありました。
★ Hooked on CLASSICS ★ 楽天最安値
 

こちらは1~4の4枚組みで1800円程度なので、まとめて安くで買いたい方はどうぞ!

↓ ↓ ↓

☆Hooked on CLASSICS 1~4☆ Amazon
 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。