雑貨と音楽とGoods

音楽やデザインの美しいGoods、オモシロGoods、その他アーティスティックなもの交流を目指しています。


テーマ:
雑貨と音楽とGoods-ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTS

皆様、とっても、とっても、とってもありがたい商品を見つけました!(^ ^)

いやいや、私にはありがたくって、涙が出そうなくらい喜んでおります。

ダイソーの充電式乾電池 『ReVOLTES』です。・・・(リボルテ)と読むのでしょうか?


実はきのう、スケジュールが突然空いてしまいまして、空いた時間を使ってダイソーにモノを入れる小物ケースを探しに行きましたら、偶然見つけました。

たったの100円の「充電式乾電池」です。・・・しかも、・・・何と!「充電器」もたったの100円なんです!

もうっびっくリ!でした。

種類は、上の写真の「単3電池」「単4電池」「充電器」の3種類です。
どれも1個100円です。

本当は、使った感想をUPしたいところですが、この商品、長いスパンで使ってみないと正確な感想(レビュー)は書けないので、「充電式乾電池」をお探しの方で、この商品をまだご存知ない方に、早くお伝えしようと思いまして、UP致しました。

私の街にはダイソーは3店舗あるのですが、2店には置いてありませんでしたので、・・・正確には品切れだったようなので、かなりの人気商品だと思いますので、必要な方は、今日すぐにダイソーに行ってみて下さい!(^-^)/ 


--------------------------------------------

ここからは、この商品購入に至った経緯です。

雑貨と音楽とGoods-ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTS

-----------

この商品を見つけたのは、1軒目のダイソーに行って、単3電池を買おうと思いましたら、コーナーに「充電器」が下がっていて、そのとなりに充電器と同じパッケージの単4電池が1個だけ下がっておりました。

その隣りのフックには商品が何も下がっていなかったので、直感で「単3電池がここに下がっていたはずだ!」と、シリーズで販売されていることを悟った私は、すぐに2軒目のお店に走りました。

そしたら、単3電池もどっさりと下がっていたのでほっとしました。次回来たときに買えない可能性があるので、まとめて買って来ました!


雑貨と音楽とGoods-ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTS


実は、以前購入しました「SONY アクティブスピーカーシステム SRS-TD60」と「タブレット端末 Motorola XOOM」を使って、いろんな部屋で音楽を楽しんでいるのですが、Xoomの方は充電できるので問題はありませんが、ポータブルスピーカーの方は充電ができないので、毎回「ACアダプター」を繋いで使っております。

これが少々面倒くさいのと、コンセントの近くでないと使えないのが欠点なんです。


雑貨と音楽とGoods-ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTS


それともうひとつ、アルカリ乾電池を使ったとしても、長く使っていると電圧が下がってきて、低音が少々歪んでくるのです。

オーディオ好きな私としては、この「音の歪み」は気になって仕方がありません。

・・・と言っても、電圧が下がって音が歪み始めたからといって、すぐに電池を交換するのはとってももったいないことです。使えなくなったわけではないわけですから。。。。

歪んできた段階で電池を交換したら、まだ他の電化製品だと・・・たとえば「壁掛け時計」だと使える可能性は十分にあるのですが、「壁掛け時計」の電池が同時に無くなるわけではないので、しまっておくことになり、・・・そうすると「壁掛け時計」の電池が切れた頃には、しまっておいた電池がすでになくっている可能性があり、結局ムダになってしまいますよね。

乾電池というのは、ストックしておくことが出来ない商品(時間が経つと、電池が無くなってしまう商品)なので、ある意味「厄介な商品」です。


雑貨と音楽とGoods-ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTS     雑貨と音楽とGoods-ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTS

雑貨と音楽とGoods-ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTS

それともうひとつ、上の写真は使えなくなった乾電池ですが・・・・

この缶も昔ダイソーで買ったものなのですが(笑)、数年経つとこんなに乾電池がたまってしまいます。

それで、何が言いたいか?と言いますと、この使えなくなった乾電池って、総重量がとっても重たいです。ということは、中にたくさんの金属や密度の高い素材が使われているということになり、この資源って捨てるのがすごくもったいなく思うのです。

「乾電池の処理」の紹介ページを読んで見ますと・・・
「亜鉛」が使われていて、「使用済み乾電池から亜鉛をリサイクルするために要するエネルギーは、亜鉛原鉱石から亜鉛を取り出す場合の約3倍のエネルギーを必要とし、かえって資源の無駄使いとなってしまいます。・・・と書いてあります。

つまり、乾電池は再利用されることなく、捨てられているわけですよね!?

これってとってももったいなくないですか???

世界規模で「乾電池」の消費量を考えると、莫大な資源が再利用されることなく捨てられていることになります。

参考ページ

今回、「SONY アクティブスピーカーシステム SRS-TD60」と「タブレット端末 Motorola XOOM」を買ったことで、乾電池のリサイクルについて真剣に考えてみたわけですが(笑)、これって地球規模で考えるととてつもなく大きな資源を捨てていることになりませんかねぇ~?

「経済的な流れ」で考えると、「作った費用」より「売った金額」の方が大きいから『儲かる!』わけですが(笑)、エネルギー学から考えると、電池の「電気」として使われるエネルギー量は微々たるものだと思います。
だって、あの重さの材料(エネルギー)が再利用されることなく捨てられるわけですから。。。

微々たる「電気」だけ使って(取り出して)、本体の重たい材料(エネルギー)をムダに作っては捨てているということですよね。

これ、小学生のときに何かのビデオで見たので正確な情報ではないのですが、石ころ1個のエネルギーをすべて取り出すことが出来たとしたら、月に行ったアポロのサターンロケットが地球と月を5往復くらい出来るエネルギーがあると聞きました。


・・・・・・・そんな想いから、今回、私は『充電式乾電池』の使用を真剣に考えてみることになったのです。( ;^^)ヘ..


・・・これ、以前TVで見たのですが、クルマのガソリンは、前に進むために使われるエネルギーはクルマに入れられたガソリンの総エネルギーの半分も使われていないそうです。ほとんどは燃焼したときに発生する熱としてボンネットを伝わって空気中に消えてしまっているそうです。とってももったいないですよね!?


雑貨と音楽とGoods-ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTS

お話を戻します。

ということで、「捨てるのがもったいない」「買い換えるのにお金が掛かる」「ストックが出来ない」「毎回買いに行くのが面倒くさい」という理由から、『充電式乾電池』の使用を真剣に考えるようになったのですが、市場を見ると「エネループ」が主流でして。。。。

この『エネループ』、1800回繰り返し使用出来るそうで、性能はかなりいいのですが、・・・・・・・・少々高い!!!

「充電器と単3電池4個セット」と「単3電池10個セット」を買うと、楽天で一番安いところでも7,000円近くになってしまいます。(┬_┬)

4,200円強の「SONY アクティブスピーカーシステム SRS-TD60」を買ったばっかりに、7,000円近くする電池を買うのはどうも不自然な感じがしますし、何よりお金がついていきません。(爆)

「でもでも充電式乾電池を使いた~~~い!」この想いを抱いたまま過ごしていた私は、今回『ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTES』に出逢い、天にも昇るような感動をしたのでした!

(・_;☆\(-_-)話が長いっちゅうねん!


雑貨と音楽とGoods-ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTS

何より一番気に入ったのが、このオシャレなデザイン!

「エネループ」に決して負けていませんよね!?

2軒目のお店に行ったとき、ドカッと置いてあったのを見たときは、至上の喜びを感じましたね。

ネットで調べてみたら、2011年の3月に発売になったように書いてありますが、私は今まで気が付きませんでした。

ひょっとしたら「充電式乾電池」に興味を持ったから目に留まったのかも知れませんね!?


雑貨と音楽とGoods-ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTS

こちらは「単4電池」です。

私の周りの電化製品はほとんどが「単3電池」と「単4電池」だけなので、この2つがあれば十分です。

ダイソーさん、ありがとうございます!


雑貨と音楽とGoods-ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTS

充電器の箱です。

大きく「アルカリ電池・マンガン電池の充電はできません!」と書いてあります。

この「ReVOLTES」専用の充電器だそうですので、必ずこの充電器も一緒に買いましょう!

雑貨と音楽とGoods-ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTS

充電器本体の写真です。


雑貨と音楽とGoods-ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTS

念のために裏側も撮影してみました。


雑貨と音楽とGoods-ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTS

コンセントのプラグは、パチッと回転させて出せるようになっています。


雑貨と音楽とGoods-ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTS

とっても余計なお話ですが、最初は上の「趣味の悪い赤いシール」が貼ってあります。

デザインを気にする人は、丁寧に剥がしましょう!(^-^)/

雑貨と音楽とGoods-ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTS

でもこの「趣味の悪い赤いシール」はとっても剥がしにくくて、いくら丁寧に剥がしても、上のように汚くなってしまいます。

でもご安心下さい。「セロテープ」でペタペタしたらきれいに取れます。

雑貨と音楽とGoods-ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTS

カバーに「趣味の悪い赤いシール」がないと、電池を入れたときにこんなにオシャレでしょう!

こちらは単3電池を入れたところです。

雑貨と音楽とGoods-ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTS

「単4電池」を入れてみたところも撮影してみました。


雑貨と音楽とGoods-ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTS

念のために、電池を裸の状態で撮影してみました。

美しいですよね。

雑貨と音楽とGoods-ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTS

こちらは、充電器の箱の横のプリントです。

急速充電は出来ないみたいで、少々時間が掛かるようです。
この「ReVOLTES」の単3電池で11.5時間、単4電池で6.5時間です。

が、・・・・・安いので多目に買っておいて、普段から余分に充電してストックしておけば、全く問題ないと思います。


雑貨と音楽とGoods-ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTS

SONY アクティブスピーカーシステム SRS-TD60」にも電池を入れてみました。

フタを開けてみるとカッコイイですねぇ~!

雑貨と音楽とGoods-ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTS

単3電池10個、単4電池4個、充電器2個買って、・・・これだけ買ってもたったの1,600円ですよぉ~!

きのうはお店の「5%引きの日」だったので消費税分が掛かりませんでした。とてもラッキーでした。

雑貨と音楽とGoods-ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTS

最後は、保存用の専用ケースを作って、みんなキレイにしまうことが出来ました。
メデタシ!メデタシ!

このケースは、5年くらい前にダイソーで買って、使い道がないので捨てようと思っていたものです。
今回、出番がやってきて良かったです。

(中の小さいケースも昔ダイソーで買ったものですが、3つで100円でした。)

----------------

総評です。

・・・と言っても、上記したように長いスパンで使ってみないと正確な感想は書けないわけですが、この商品を一般的な「アルカリ電池」と比べてみたサイトがありまして・・・、電圧は「アルカリ電池」より安定しているそうなので、私が一番使うと考えられる「アクティブスピーカー」での使用は「アルカリ電池」よりも向いているということになります。

使用可能回数がパッケージに記載されていませんでしたので、何回使えるかが分かりませんが、もしですよ、もし、たったの10回しか使えなかったとします。(最悪の場合を想定してみますね。)
絶対にそういうことはないと思いますが、「たとえば」のお話です。

「単3電池」を4つと「充電器」を1つ買うと500円になりますよね。
そして10回使ってダメになったとしたら、「アルカリ電池4個」が100円ですので、それを10個買ったのと同じということになりますよね。

「アルカリ電池4個」を10個買うと1000円ということになりますので、たったの10回でダメになったとしても、こちらを買った方がやすいという計算になりますよね。

なので、私はこの製品の購入、「大正解!」と思っています。

毎回書きますが、ダイソーさん「いい仕事」してます!

ありがたいことです。σ(^^)

----------------

追加レポートです。

しばらく使ってみましたので、その感想を・・・

雑貨と音楽とGoods-ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTS

上記したように、主に「SONY アクティブスピーカーシステム SRS-TD60」用に使っております。

パッケージの説明には、「最初使うときと電池が無くなったら必ず充電して下さい。」と書いてありましたので、購入時の状態では電池は空なのかと思いましたが、普通に使えました。
(ただ、チェッカーを持っておりませんので、最初にどれくらい電池が入っているのかが分かりません。)

と書きましたが、その後ちゃんと充電してから使いました。σ(^^)


特別不具合もなく、値段の安さにありがたく思いながら、電池のデザインが家の中で統一される気持ちよさを感じながら使っております。

・・・が、2点ほど「マイナスポイント」を見つけましたので、ご紹介しておきます。

まず一つ目ですが、充電器に電池を入れると上の写真の赤いランプが点きます。
(右側に電池をセットすると上のランプ、左側にセットすると下のランプが点きます。)

しかし、充電が終わっても、ランプは消えませんので、「単3電池で11.5時間、単4電池で6.5時間」を目安にして充電を終わるしかないようです。
(全く電池が無くなった場合の時間ですので、消費量によっては時間が少なくてもいいかと思います。)

最初知らなくて、24時間ほどコンセントに差し込んだままでしたが、特に問題はありませんでした。

私の場合は、この辺は「値段とクオリティーのバランス」で判断しますので、これくらいの不便さはあまり気になりません。「気持ち」長く充電しておけばいいだけだと思います。

-----

「ランプが消えないのは怖い!」という方のために、少々私の考えを・・・

もし、もしですよ、「長時間充電して発火してしまったらどうしょう?」なんて考えている方がいらっしゃるでしょうか?

私の考えですが、メーカーは販売する前に当然商品の安全性を確認してから販売するわけです。
(多分何万回もテストして商品化すると思います。)

もしですよ、過充電してしまって、発火してしまったりと不具合が発生しているのでしたら、とっくにニュースになっていると思いませんか?

携帯電話のバッテリーが発火してニュースになるくらいです。
ダイソーで一番売れている商品は「乾電池」らいしので、「充電式乾電池」の販売量も相当なものだと思います。

国内だけで 2,620店舗あるそうなので、毎日1店舗でたったの10個だけ売れたとしても、毎日「26,200個」売れている計算になります。10日間で「262,000個」売れることになりますよね。
携帯電話とは比べ物にならない販売量です。

莫大な量のこの乾電池がすでに使用されて何回も充電を繰り返している人たちもすでにいるわけですから、私は安心していいと思いますね。σ(^^)


雑貨と音楽とGoods-ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTS    雑貨と音楽とGoods-ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTS

もうひとつのマイナスポイントですが・・・
上の写真のように、コンセントに直接差し込むと上の穴に差し込むと下の穴が隠れてしまい、下の穴に差し込んでも、上の穴が使えなくなってしまいます。

(これひょっとしたらですが・・・、左上の写真を見て分かりました。上の穴に差し込んだとき、コンセントのプラスチックの真ん中にセットされますので、見た目を考えてこのように作ったのかも知れませんね!?)

雑貨と音楽とGoods-ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTS

なので、家であまり使っていないコンセントを使うか、コンセントの数が少なくて困る方は、上のように延長コードを使って充電するといいと思います。
(上の延長コードも以前ダイソーで100円で買ったものです。(笑))


雑貨と音楽とGoods-ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTS    雑貨と音楽とGoods-ダイソー 充電式乾電池 ReVOLTS

ちなみに私は、2個ずつ充電するのは面倒くさいので、充電器を2個買ってきましたので、上の写真のように、同時に充電器2個(乾電池4個)で充電しております。

左側の「タップ」ですが、これも以前ダイソーで100円で買ったものです。

これを使うと、充電器を3つまで使えますね。(写真では2つですが)


----------------


「充電式乾電池」(楽天)はこちら
↓ ↓ ↓
<★充電式乾電池 楽天最安値★

----------------

エネループ「楽天」はこちらから
↓ ↓ ↓
★楽天エネループ★

Amazonにもたくさんありました。
↓ ↓ ↓
エネループ(Amazon)


------------------------------------------------------------------------------------------------

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Prospさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。