Beyond Beauty 

美しさの先にあるもの
心の豊かさ 地球環境
自分を慈しむことは、地球を慈しむ事
アロマセラピー・ ローフード・ホメオパシー・DETOX
オーガニックナチュラルなライフスタイル

Aphrodite ~ 自分らしい美しさを見つけるために ~

Aphroditeは、手のぬくもりと植物の恩恵によって豊かな感性や五感が蘇り、自分らしい本来の美しさを見つけられる場所でありたい思います。
ゆるやかに流れる時間とプライベートな空間のなかで、真のリラクゼーションのひとときを心ゆくまでご堪能ください。
お会いできる日を楽しみにお待ちしております


 ■ MENU ■

マタニティー アロマトリートメント
妊産婦さんのためのアロマケアをしっかり習得したセラピストによる施術です。
*妊娠20週以降の方
*医師による検診を受け、経過が順調な方
でしたら妊娠後期の方にもお受けいただけます。

妊娠期に生じる様々な心と体の不安定な心と体のバランスを調えるサポートをさせていただきます。
呼吸をスムーズにし、背面を中心にケアをするトリートメントです。

施術には、オーガニックエッセンシャルオイル・ヴェジタブルオイルを使用いたします。


テーマ:
ハーブの本場イギリスで活躍するメディカルハーバリスト(ハーブ治療家)・ アロマセラピスト 
リエコ・大島・バークレーさんの講座が 愛知県知立市で開催されます!
すでに愛知での10月の講座は満席なんですって!
 
◆ リエコさんのプロフィール
 
 
【日時】 11月19日(土曜日)  10:00 ~ 17:00
【場所】 Aphrodite
      知立市上重原町己ノ池 
      *駐車場有り 
 
【参加費】 13,500円 (チンキ剤&シロップ剤お持ち帰り付き)
 
【受付】
aphrodite.aroma★gmail.com 杉浦まで(★を@に変えてお送りください)
お申し込み&お問い合わせメールを頂いた後、受付の詳細をご連絡させていただきます。


 *3日以内に返事が無い場合はお手数ですが再度お問い合わせくださいませ。
                
⭐︎講座内容⭐︎
 
<ハーブ内服>
・Knowing Herbs 基礎となる内服用ハーブ製剤と使い方を学ぼう。
 
①浸剤 煎剤 の紹介 試飲
②咳止めシロップ剤の製作
③チンキ剤
 
〈症状別ハーブ&精油の使い方〉
・Practical Herbs
ハーブ&精油を使って生活に役立ててみよう。
お肌のトラブルに役立つハーブと精油
---------------------
詳細
---------------------
<ハーブ内服>
 
①浸剤/煎剤:温浸剤/冷浸剤/煎剤
の入れ方のご紹介はもちろん
数種のハーブを試飲/飲み比べながら
4気質、味、効能なども改めて感じ学んでいただけます。
 
②シロップ剤 
咳止めハーブシロップ剤を制作&お持ち帰り
様々なハーブをシロップにできますが、
伝統的に良くシロップ剤に使われるハーブをお持ちしての制作となります。
 
③チンキ剤(内服剤)
 
チンキ剤とは? その特徴とは?
チンキ剤は多様な作り方があります。
作り方を基礎からしっかり学んでみましょう。
 
・アルコール度数を変えて作るチンキ剤のデモンストレーション他
・芳香蒸留水入りのデトックス用チンキ剤作りの
実習(お持ち帰り付き)も行います。
 
---------------------
〈症状別ハーブ&精油の使い方〉
お肌のトラブルに役立つハーブと精油
 
湿疹 ニキビなどのお肌のトラブルに活躍する
飲用ハーブ&外用(精油&ハーブ)をご紹介致します。
 
世界のアロマセラピー・ハーブ事情なども、伺えるチャンス!
 
リエコさんの講座は、毎回 日本では学べないことや情報がたくさん。
 
すでに アロマに触れている方は、学びのアップデートに、初心者の方は、こんな使い方もあるのね!と、感動して頂けると思います。
 
ぜひ、いらして下さいね。
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

わたしを束ねないで
 
新川和江

わたしを束ねないで
あらせいとうの花のように
白い葱のように
束ねないでください 
わたしは稲穂
秋 
大地が胸を焦がす
見渡すかぎりの金色(こんじき)の稲穂

わたしを止めないで
標本箱の昆虫のように
高原からきた絵葉書のように
止めないでください 
わたしは羽撃(はばた)
こやみなく空のひろさをかいさぐっている
目には見えないつばさの音

わたしを注(つ)がないで
日常性に薄められた牛乳のように
ぬるい酒のように
注がないでください 
わたしは海
夜 とほうもなく満ちてくる
苦い潮(うしお) ふちのない水

わたしを名付けないで
娘という名 妻という名
重々しい母という名でしつらえた座に
座りきりにさせないでください 

わたしは風
りんごの木と
泉のありかを知っている風

わたしを区切らないで
(コンマ)や (ピリオドいくつかの段落
そしておしまいに「さようなら」があったりする手紙のようには
こまめにけりをつけないでください 
わたしは終わりのない文章
川と同じに
はてしなく流れていく 拡がっていく 一行の詩


* * *

子どものころ、好きだった詩の一つ。

窮屈だなと感じていたのでしょうか… 



丸岡 秀子さんの「ひとすじの道」。

中学生の時に、涙を流しながら読んだ本。

上 中 下 と、なかなか読み応えのある本でしたが、その頃  一番 心に響いた本だったと思います。  

多感な時期。
どんな所に、心を揺さぶられたのでしょう。

今 読むと、その頃の自分の感受性に出会えるのかもしれないですね。


久しぶりに、この詩を目にしたので、ブログに書き留めてみました。










AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
久しぶりにブログを書いておりますあせる


アロマセラピーのサロン。
ローフード教室。
会社設立。

この数年で、いろいろやりましたねーあせる

周りからは、会社まで設立してすごいね!
なんて言われていましたが、サロンをオープンしても、会社を設立しても、
あまり仕事をする気が起りませんでした。
満たされていなかったというほうが、しっくりくるかもしれません。


20代は、プライベートの時間はほとんどなく。
仕事 仕事 仕事。
朝から夜遅くまで、がむしゃらに仕事をしていました。
ガツガツしていましたね(笑)


30代は、アロマから始まり、いろいろなことを学んだ10年でした。

40代

ホメオパシーと出会えたおかげで、ぽっかり空いていた(つい最近まで、全く気が付きませんでしたが)心の隙間がようやく埋まり癒されました。

今までの経験と学びを、自分なりに成熟させ、形に。
ようやく、そう思えるようになりました。

この数年、のんびりしてしまった分、
そのためにやるべきことは、山のようにあります。


ホメオパシーで、癒されていく(治癒していく)過程は、
複雑に絡み合っているものが、ゆるみほどけて行く、そんな感じがします。


末期がん ステージ4で苦しんでいた 父も、その長年の心の絡みがほどけて、
今、元気にいきいきと生きていられているのだと思います。

「ホメオパシーのおかげで、癌になる前より、今は楽に生きられている。」

父は、いつもそう言います。

子供のころからの、長年の苦しみから解放されたようです。

その苦しみは、父も気が付いていませんでした。

「苦しみ」は、違う言葉で言えば、トラウマやカルマ、インナーチャイルドとも
言えるのかもしれません。

その人の「感受性」を癒していく。


ストレスが溜まったり、疲れがでた時に、繰り返し起る不調。

私の場合は、腎臓でしたが、肺などの気管支系、腰痛など、
人により、出る場所は違います。

そういう繰り返し起こる不調、慢性的な不調も、
その人の「感受性」が癒されていくと、徐々に起らなくなっていくのです。


まとまりのない文章になってしまいましたが・・・


世界各地で起こるテロや、劣悪な事件。

世界平和に、お金、権力、武器は必要でしょうか?


一人ひとりの心が、愛と平和に満たされたら、、、


ホメオパシーには、その力があると思います。


一人ひとりの心に、平和がもたらされますように。

その願いも込めて、ホメオパシーを伝えていけたらと思います。


so 'ham
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。