欧州宇宙機関(ESA)はハーシェル宇宙望遠鏡が赤外線でとらえた巨星の誕生現場の画像を公開した。青白い光を放つ赤ちゃん星が泡のようなガスやちりに取り巻かれている姿がくっきりと写っている。この星は数十万年以内に、銀河系で最も大きく明るい星の一つに成長するという。

【宇宙望遠鏡と言えば】ハッブル望遠鏡 美しい宇宙の写真特集

 赤ちゃん星は「RCW120」という地球から4300光年離れた星雲で見つかった。誕生して250万年だが、すでに質量は太陽の8~10倍。周辺のガスやちりを集めて、成長を続けているという。

 ハーシェル宇宙望遠鏡の反射鏡は直径3.5メートルで、宇宙望遠鏡としては世界最大。赤外線を使って可視光では見えにくいガスなどを観測し、星や銀河がどのように形成されたかや宇宙誕生の謎を探るため、昨年5月に打ち上げられた。【斎藤広子】

【関連ニュース】
【写真特集】今年秋には、人間型ロボットがシャトルで打ち上げられる ロボット飛行士「R2」
【写真特集】ハリウッド映画みたい? かっこいいNASA ミッションポスター
【写真特集】「きれいなお姉さん」系から「きれいなママ系」へ 宇宙飛行士・山崎直子さんの軌跡
【写真特集・日本の宇宙開発】大型ロケットH2B:打ち上げ成功 宇宙ステーション補給機を搭載
【日本の宇宙開発の実力を示した】月探査機かぐや:迫る月面、1分おき撮影 最後の映像公開

首相動静(5月9日)(時事通信)
0~5歳児の子育てリーフレットを作成(産経新聞)
揺さぶられ症候群で重傷、父親に有罪判決(読売新聞)
豊川一家殺傷 父の給料管理は容疑者の自立目的(毎日新聞)
ドリームジャンボ 発売始まる 銀座では300人が列(毎日新聞)
AD