手当たり次第の読書日記

新旧は全くお構いなく、読んだ本・好きな本について書いていきます。ジャンルはミステリに相当偏りつつ、児童文学やマンガ、司馬遼太郎なども混ざるでしょう。
新選組と北海道日本ハムファイターズとコンサドーレ札幌のファンブログでは断じてありません(笑)。


テーマ:

大河ドラマの題材になる物語や人物の年代は、案外限られていますよね。

理屈の上では日本史全部でいいんですけれども、スター性の高い人物、人口に膾炙したエピソードやドラマのない時代はアウト。しかしそんなおあつらえ向きの題材はそうはないので、結果、同じような人物や出来事が繰り返し描かれることになります。

本能寺に関ヶ原、大坂の陣に忠臣蔵なんて一体何回やったことか。織田信長や豊臣秀吉は、その時々で主役だったり助演男優賞クラスだったり、主人公の味方だったり敵だったり、これまた数え切れないくらい出てきました。

で、幕末もの。

これはもう、「風林火山」と「天地人」の舞台と年代がかぶる、どころじゃないんですよね。

かなり幅広く前後の年代をとってみても、それでも「ある特定の日々」を視点を変えて描くドラマを繰り返し制作している、ということになるのは無理からぬことです。

龍馬がペリー艦隊を目の当たりにする今回、観ていて「新選組!」の第1回を思い出しました。

あのドラマは、ペリー艦隊2度目の来航というところから始まります。剣術命、流派と道場の名を挙げることしか考えていない若き近藤勇に、龍馬が「黒船を見れば人生が変わる」と言う訳ですが……このくだり、見事なまでにきれいに今の「龍馬伝」とつながるんですよねえ。

龍馬のキャラクター設定も、ドラマとしての作り方も全く違う2作品です。「新選組!」は作者三谷幸喜の資質をフルに活かして、純然たるテレビドラマというよりは、どこか舞台劇のような手触りがありました。普通のテレビドラマっぽくないという点ではこの「龍馬伝」もそうなんですけれども、これにはどちらかといえば映画っぽい生々しさがあります。

けれども、解釈や演出がどんなに違っても、同じ坂本龍馬という実在した人間から出発して描いていることには変わりがない。

「新選組!」のあのいかにも飄々とした龍馬も、そうか、あの第1回の1年前には黒船を初めて見て腰を抜かしていたんだな、と、非常に実感をもって想像することができました。


さて、重要新キャラ相次いで登場です。

やがて賢侯とうたわれることになる中の1人、土佐藩主、のちの容堂。と、その側近となる吉田東洋。

いやあこれもナイスキャスティングですね! 近藤正臣さんは司馬遼太郎「酔って候」のイメージそのまんまですし(って、物凄く失礼な褒め方/汗)、田中珉さんも凄みたっぷりです。

この2人の初登場場面に武市半平太もいたというのは、明らかに意図しての作劇でしょう。

白札郷士の半平太は、同じ下士でも龍馬や弥太郎とは違って登城ができる身分です。といっても、殿様のいる次の間、いや、廊下にすらいることは許されず、庭の地面で平伏しているしかありません。

しかし、上士の横暴には静かな怒りをたぎらせる彼が、ここでは身分の差の屈辱を少しでも感じたという気配はないんですよね。ただ、自分の差し出した意見書が殿様の目にとまった、という感動があるだけ。

わざわざ城まで呼び出されても、殿様がじきじきに声をかけてくれる訳でもありません。しかし、縁先まで出てきて、平伏している自分に視線を当ててくれた。それだけで半平太には十分過ぎるほどのことなのです。

息せき切って家に帰り、妻と祖母に今日の感激を語る半平太ですが……殿様は素晴らしいお方だ、と熱っぽく語る彼の純粋さは、黒船来航という事態を、尊皇攘夷思想の眼鏡を通してしか見ることのできない危うさにもつながっています。

実物の黒船を見た龍馬や桂小五郎の衝撃とは、半平太の憤りは決定的に違う。

もしもアメリカと戦争したら、絶対に勝てない。龍馬や小五郎にとって、それはしたたかな現実です。

しかし、土佐にあって実際のペリー艦隊を見ることはなく、ただ情報のみを聞いている半平太は、現実の事態とは全くかけ離れた観念的な怒りを募らせることしかできないんです。

彼と吉田東洋との関係が最終的にどうなるのか、判った上で観ている身には、早くも「予兆」満載の今回でした。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

青空百景さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。