手当たり次第の読書日記

新旧は全くお構いなく、読んだ本・好きな本について書いていきます。ジャンルはミステリに相当偏りつつ、児童文学やマンガ、司馬遼太郎なども混ざるでしょう。
新選組と北海道日本ハムファイターズとコンサドーレ札幌のファンブログでは断じてありません(笑)。


テーマ:

個人的に主役以上に注目してしまっているのが、武市半平太役の大森南朗さんです。あの!「ハゲタカ」の主役だった人。

彼が出ると知った時点で、期待はもういやが上にも高まるばかりだったんですが、「ハゲタカ」メンバーは彼だけじゃなかったんですよね。演出の大友啓史さん。

「新選組!」以来久々に大河ドラマの公式サイトを見に行ってみたら、「ハゲタカ」の大友ディレクター参加というのが「売り」のひとつとしてしっかり打ち出されていましたよ。このドラマにかける意気込みの言葉も、プロデューサーよりも脚本家よりも大友さんのほうがはるかに長文だったという(笑)。


 なかなか超えられないと思っていた壁も、ひょいと越えてみると、それは何でもないものだったりする。もしかしたら、単にそれを「越えさせたくない人たち」がいただけかもしれない。易々と超えてしまう龍馬を「気に入らない人たち」がいただけかもしれない。龍馬の暗殺は、密室政治のの匂いや唐突な、通り魔的な匂いがする一方で、極めて個人的な、「嫉妬」のようなものが背後で蠢いていることを感じさせたりもします。そう考えると、誰が龍馬を「暗殺」してもおかしくはない。それは、決して歴史的事実をないがしろにするという意味ではありません。新しい一歩を踏み出そうとした龍馬を「暗殺」する「動機」は、時代を超えて、場所を越えて、誰もが十分持ちえるような普遍的な感情であるような気がするのです。今の時代であれば、メディアが龍馬を(事実上)抹殺してしまう可能性もあると思うのです。

 決して単なる「犯人探し」ではなく、龍馬に対する「感情の代弁者」として、幕末屈指の経済人である岩崎弥太郎を始め「龍馬暗殺」に部外者ではいられない多くの登場人物たちを登場させたいと思っています。そして、それは、天に何かを賦与された者に対する、私たち自身の姿の投影になるかもしれません。

 視てくださる誰もが他人事ではいられない、激しく、熱い、骨太なエンターテイメントを産み出したいと思っています。

そう、この「他人事ではいられない」感が「ハゲタカ」の特徴でした。

決して、所謂「お茶の間の共感を呼ぶような」つくりにはなっていない、むしろその正反対であるにもかかわらず。

前のめりになってテレビ画面に釘付けにさせられてしまう、有無を言わせぬ力。

長丁場のドラマのまだ冒頭2回が終わったばかり、導入部分でしかない段階ですが、この「龍馬伝」にも同様のものを感じます。

誰もがよく知っている幕末史の偉人伝でも英雄物語でもない。現代劇とは決定的に異なり、これから登場人物達がどういう人生をたどるかは全て明らかになっています。にもかかわらず、「こいつらこれから一体どうなっていくんだろう」という興味をかきたてずにはおかない、先の見えない不安まじりの期待があるのです。

穏やかで人望があって、家族を大切にする道場主である武市半平太。彼がやがて、今は弟子の1人であるに過ぎない岡田以蔵を手足に使い、要人暗殺という血なまぐさい手段で時代を動かそうとするようになってしまうことを、私は「知って」います。でも、ドラマが始まったばかりの今の段階で、それを予感させるような何ものもまだ半平太にはありません。

そしてもちろん、主人公の龍馬にしても、そう。

非常にとっぴな例えになってしまうのですが、私が彼に対して持っているイメージは「新庄剛志」なんですね(確か前にも書いたことがありますが)。たわいもない事柄が、何故か彼の口から出れば光り輝いて聞こえる。ハッタリをかませば必ず通用し、「にくめなさ」「かわいげ」だけで世渡りできそうな、調子のいい男。

でも、若き龍馬にそんな面影はまだ全然ない。

堤防工事の差配を命ぜられたものの、作業に当たる2つの村の仲の悪さに困り果て、あの手この手で関係修復を試みる龍馬。後年の彼ならお手の物だった筈の、おだてたり丸め込んだりという「人たらし」の能力はまだ開花してはいないんです。

ただ単に「広い世の中を見たい」というだけの理由で江戸へ剣術修行に出ることになる彼が、いつどういうきっかけで変わっていくことになるのか。

「新選組!」がそうだったように、パブリックイメージをぶっ壊してくれることを期待しています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

青空百景さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。