手当たり次第の読書日記

新旧は全くお構いなく、読んだ本・好きな本について書いていきます。ジャンルはミステリに相当偏りつつ、児童文学やマンガ、司馬遼太郎なども混ざるでしょう。
新選組と北海道日本ハムファイターズとコンサドーレ札幌のファンブログでは断じてありません(笑)。


テーマ:

新刊が出てブログに書くたびに、ドラマ化しろしろと騒ぎ続けてきたこの「club indigo」シリーズでありましたが。

いやあ、ついに念願かないました、とはいうもののこれはちょっと予想外の展開でしたねえ。

まさか、昼の帯ドラマの枠でこれをやるとは思ってもみませんでした。

そもそも題名に「夜」と入っている上に、東京は渋谷のホストクラブが舞台。そして、基本、ミステリ。「お昼のドラマ」というものを殆ど観たことがないのですが、こういう作品でも違和感はないものなんでしょうか本当に。まだ1週目も終わっていないうちから、早くも2つ目の他殺死体が出てきちゃったりなんかしている訳ですが(笑)。

という、「時間枠」上の理由ももしかしたらあるのかな。予想外だったことのもうひとつが、高原晶の設定が小説とは大幅に変えてあったことでした。

一流ファッション雑誌の編集長、恋人と結婚目前という人生全て順風満帆の状態から一転、自分の責任のない理由でクビになり、恋人が失踪し、しかもその借金を押し付けられて、しぶしぶ「club indigo」の雇われ店長をやるはめに。しかしホスト達のことは「女に愛想を言うだけの存在」として思いっきり見下している、未だ「勝ち組」のプライド満々の気の強い女性。

いやあこれまた、よくも晶をこんな風に設定することを思いつけたもんです。ユニクロと無印良品を着て健康実用書の原稿を書いている極楽とんぼのフリーライターを……人生観から何から正反対のキャラクターになっていますよね。

何故、こんな風にする必要があったのか。

それが「ミステリ小説」と「お昼のドラマ」の違いなのかな、と思ったのです。

ミステリとは、ただ単に事件が起きてそれを解決するところが書かれてあればよい、というものではない気がするんですね。

世間一般の多数決で「そういうものだ」ということになっている価値観の、あるものについては全く歯牙にもかけていなかったりするのがミステリです。

名探偵達は所謂「変わり者」揃い。刑事が主人公なら、大抵の場合、出世コースからは外れた人だったりします。リュウ・アーチャーのシリーズなど読めば、富も名声も手にした華麗なる一族が、実は虚飾にまみれた悲惨な生活を送っていたりする。北村薫は、朝から晩まで本ばっかり読んでいて20歳過ぎても恋愛経験の一度もない女の子の生活を、この上なく豊かで活き活きとしたものとして描きました。

「普通の人」と「変わった人」の間に線を引く、という発想がなく、基本、何でもありなのがミステリです。登場人物が、読者の生活感覚と近いものでなければならないなんてことはありません。読者は、これはそういうジャンルだと判った上で、自分から求めて本を手にとる人ばかりです。

でも、テレビドラマはちょっと違う。特に、昼の帯ドラマなら尚更なのでしょう。「笑っていいとも!」を観て「ごきげんよう」を観て、そのままテレビをつけっ放しにしていたらドラマが始まったのでそれも何となく観た、というような人だっているのかもしれない。

「お昼のお茶の間」と「一風変わったホストクラブ」の橋渡しになるのが、このドラマでの晶だと思うんです。

所謂「いい会社」で働いて、自分にできる限りの高い地位まで行くこと。それが一番良くて正しいことであり、それ以外の生き方は「格下」と見なす。そんな彼女が少しずつ「club indigo」になじんでいく過程が、そのまま、視聴者の「えー、ホストクラブのドラマ?」という先入観を崩していく過程になれば、ということなのでしょう。

まだほんとの導入部分しか観ていない状態ですが、こんな風に大きく脚色してある割には、かなりうまく小説の空気は掴んでますよ。ホスト探偵団の面々も、小説と全く同じではないのですが(最初の殺人が起こったところで、思わずひっくり返りそうになりました。ま、まさかこの人を被害者にしちゃったとは!)、ジョン太のアフロヘア、DJ本気のマッシュルームカット、アレックスの筋骨隆々、憂夜さんの優雅な動きとハーブティー、原作の愛読者としては「よしよし」という感じです。店の中央に狭い螺旋階段、というのも小説の通りですね。

これであとは、なぎさママがもうちょっと美形だったら言うことなかったなあ(笑)。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

青空百景さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。