手当たり次第の読書日記

新旧は全くお構いなく、読んだ本・好きな本について書いていきます。ジャンルはミステリに相当偏りつつ、児童文学やマンガ、司馬遼太郎なども混ざるでしょう。
新選組と北海道日本ハムファイターズとコンサドーレ札幌のファンブログでは断じてありません(笑)。


テーマ:
江戸時代を“探検”する (新潮文庫)/山本 博文
¥460
Amazon.co.jp

父親が図書館から借りてきたのをまた私が拝借して読んでみました。画像の表紙とは微妙にタイトルの表記が違ってますが、父が借りたのが単行本のほうだったので(笑)。

書き下ろしではなく、雑誌に発表した文章や講演を集めたもので、時期もばらばらです。初出も「アエラムック」とか「諸君!」とか、日本史の専門誌ではないものばかり。

それで全体の書名が、江戸時代を探検する、というようなことになると。

いかにも取っ付き易く親しみ易く判り易く、ひところ流行った江戸ブームとやらに乗っかるような類の本かとも思ってしまいそうになりますが、全然そんなのではありませんでした。

最初の1編「武士とはなにか──武士と現代サラリーマン」は、こう始まります。


 ベストセラーになった神坂次郎氏の『元禄御畳奉行の日記』(中公新書)に代表されるように、江戸時代の武士は現代のサラリーマン像に似通ったものとしてとらえられることが多い。史料を読んでいても、今と同じだなと感じる事例が少なくない。しかし、歴史学の立場から見た場合、そのような表面的な類似をあげて、現代風にとらえることには問題がある。


発表された時期も媒体もばらばらですし、取り上げている事柄も忠臣蔵だったり島原の乱だったり大岡裁きの実例だったりと様々ですが、そのどれもに同じ1本の線が通っているように思いました。

──江戸時代は、現代と同じじゃありませんよ、と。

時代小説やテレビ時代劇が、現代人のものの考え方感じ方に沿ってつくられ過ぎていると、著者は苦情めいたことさえ言っています。うーん、無責任な小説好き・ドラマ好きとしては、設定は過去でも読者視聴者は現代の人なんだから、その共感を得られるようにつくって何も問題はないじゃないかと思うんですが(苦笑)、フィクションにおける現代的解釈を、そのまま江戸時代の人々の心性であるかのように素直に思い込む人も案外少なくないようですし……専門家としては、やっぱりひとこと釘をさしておきたいんだろうなあ。

そうかと思えば、江戸時代の出来事から現代を語っているという部分もあるんですね。

島原の乱が起こる少し前、島原・天草地方でハルマゲドンの予言を説いて回るグループがあったという話を紹介し、島原の乱とはどういうものであったかを見てゆき、そしてそこからオウム真理教への考察につなげていったりしています。

江戸時代と現代は確かに同じではないけれども、でも、つながっているんですよね。

ところでこの本、面白いのが、最後に「くずし字史料の読み方」というのがあるんですよ。歴史に興味のある人が自分で古文書を読めるようにという著者の親切心の賜物なんですが……。

読めません!(汗)

実例がいくつも載ってるんですけど、はっきりいって、この字をどう崩したらこのぐちゃぐちゃ(爆)になるんだ、と書いた人をつかまえて小一時間問い詰めたくなるようなのばっかりです(苦笑)。

やっぱり史料の現物は専門家にお任せしておいて、その著作を楽しませて頂くだけにしておこうと、固く心に誓ったことでありました(爆)。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

青空百景さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。