手当たり次第の読書日記

新旧は全くお構いなく、読んだ本・好きな本について書いていきます。ジャンルはミステリに相当偏りつつ、児童文学やマンガ、司馬遼太郎なども混ざるでしょう。
新選組と北海道日本ハムファイターズとコンサドーレ札幌のファンブログでは断じてありません(笑)。


テーマ:
なんて素敵にジャパネスク (第1巻) (白泉社文庫)/氷室 冴子
¥610
Amazon.co.jp


新井素子作品ほど、熱心に読んでいた訳ではありません。

新井作品は欠かさず買っていましたが、こちらは立ち読みですませてました……(汗)。

どちらかというと、小説それ自体よりも、そのマンガ化作品のほうを愛読していたような覚えがあります。

「ざ・ちぇんじ!」、「蕨ヶ丘物語」、「少女小説家は死なない!」……そして、「なんて素敵にジャパネスク」。

「別冊花とゆめ」で、「なんて素敵にジャパネスク人妻編」、今も連載が続いています。長年のブランクを経て連載が始まった時、本当に嬉しかったなあ。そうだよそうだよ、まだ小説が残ってるんだから、全部マンガ化してしまおうよ!と思ったものでした。

まさか、原作者が、それを全部見届けられないことになるなんて、夢にも思いませんでした。

享年51歳、早過ぎますよ。肺ガンだったなんて……。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

青空百景さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。