手当たり次第の読書日記

新旧は全くお構いなく、読んだ本・好きな本について書いていきます。ジャンルはミステリに相当偏りつつ、児童文学やマンガ、司馬遼太郎なども混ざるでしょう。
新選組と北海道日本ハムファイターズとコンサドーレ札幌のファンブログでは断じてありません(笑)。


テーマ:
笠井 潔, 岩崎 正吾, 北村 薫, 若竹 七海, 法月 綸太郎, 巽 昌章
吹雪の山荘―赤い死の影の下に (創元クライム・クラブ)

何か最近、企画ものの本ばっかり読んでる気がしますが、またしても。リレー・ミステリです。
どうですか、このタイトル! 柴田よしきに『ゆきの山荘の惨劇』というのがありますが、これはその上を行ってますね。語呂合わせを装ってみせることもせず、そのものずばり吹雪の山荘! 参加作家の顔ぶれを確かめるまでもなくこのタイトルだけで、本格ミステリだぞー、と大看板を掲げているも同然です。
しかもこの作品の場合、普通のリレー・ミステリじゃないんですね。参加者それぞれ、自分のシリーズ・キャラクターを引っ提げての参戦です。とある別荘地へ向かおうとするナディア・モガールが駅で出くわしたのは教え子の若竹七海で、その連れの女子大生は落語好きの超読書家、同宿の客は法月綸太郎に有栖川有栖! 『ルパン対ホームズ』か『名探偵登場』かという按配の超豪華競演なのですよ。
大晦日の真夜中、幽霊が出ると噂の山荘で首なし死体が発見される。しかもその死体は、男性なのに女性のドレスを身につけていた──!
という第1章を書いた笠井潔、自分で想定していた謎解きはこんな感じだったそうです。
冬山登山の装備で山を下りてきた男が、重い装備を捨てて山荘に入り込む。何故か女物の服があったので(笑)寒いからそれを着たが、待ち伏せていた犯人に殺された。首を切り落とした理由、女物の服があった理由等はバトンを渡された作家が適当に考えてくれるだろう(笑)、女の全裸死体発見とかいう展開もありかな……。
てな具合には第2章以降、全ッ然なりませんでした(爆)。最終章担当者以外の人もそれぞれの章で推理を行うことというルールになっていたため、無責任に話が脱線することこそなかったものの、どんどん風呂敷が広がっていって、最終的には何かもう凄いことに(笑)。最終章担当巽昌章さんの御苦労、いかばかりだったかと推察致します!
リレー・ミステリというのは究極の「お遊び」企画な訳で、作中の記述も遊び心が一杯。北村ワールドから登場するのは「円紫さんと私」シリーズの「私」ですが、彼女の名前は作品中で一切明らかにされていません。いつものシリーズは彼女の一人称だから問題ありませんが、他人の目線で彼女を捉えるとしたらどうなるか。第1章担当笠井潔は、若竹七海が本好きの彼女に「ブッキッシュ」から取ってブッキーという渾名をつけているという設定にしましたが、宿泊手続きで宿帳に名前を書くという場面ではどうするのか。第2章担当岩崎正吾、彼女がどういう訳か「若竹九海」という適当な名前で記帳したことにしてしまいます(笑)。


 ぼくは思わず苦笑した。まあ、何でもいいや、名前さえあれば。どうせ一、二泊しか滞在しないだろうし、この鼻の丸い、善良そうな顔からすると指名手配の凶悪犯でもあるまい。するとぼくは「クミ」と呼ぶわけだか、次の場面では何と呼ばれるか、ひそかな楽しみにしよう(と、まあ、苦労したんですよ、北村さん。閑話休題)。


そして、


 振り返ると、クミまたの名をブッキーと目が合った。ぼくはかすかに微笑んで、心の中でつぶやいた。さあ、今度は君の番だよ。


と第2章が締めくくられ、第3章担当は北村薫。とんでもないバトンを渡されてしまったものですが、慌てず騒がず、「私」が何で偽名(笑)なんか使ったのか、あっさり説明をつけてみせます。更にはもう1つの自作シリーズ楽屋落ちまで披露するこの余裕。ミステリ作家法月綸太郎に原稿依頼をしたのは世界社の「推理世界」誌で、思わぬ殺人事件に巻き込まれてしまった法月綸太郎、編集者岡部青年から聞いていた覆面作家の令嬢のことを言い出して「ぼくなんかより、そっちのお嬢さまに頼めばよかったんだ」とすねるんです(笑)。
前に読んだ『完璧な殺人』もそうでしたし『小説こちら葛飾区亀有公園前派出所』もそうでしたが、こういう企画って、どんどん悪乗りの度合いがエスカレートしていくんですよね(笑)。
編集部が設けたルールはもう1つ、「分担章ごとに、それぞれの作者は小さな謎を提出し、章内で解決する」というのがあります。第4章担当若竹七海は、ナディアが作中の七海に密室殺人事件の話をする、という形でそれをクリアしているのですが、その中にさりげなく出てくる「五十円玉を二十枚ほど重ねて」という一言!
更には第6章担当法月綸太郎、作中の法月綸太郎が事件の謎解きをするという場面で、こんなことを言わせています。


 その気になれば、ぼくも『三つの棺』のフェル博士のように開き直って、《われわれは推理小説の中にいる人物であり、そうではないふりをして読者たちをバカにするわけにはいかないからだ》と宣言することもできる。メタフィクションとか、虚構世界のリアリティについて一席ぶつことだって可能です。


 あなただって本当はうすうす察しているんじゃないですか? 今夜の一連の出来事には、最初から不自然なファクターがつきまとっているということに。それもひとつやふたつじゃない、ここに至るまでのさまざまな場面で、われわれが理解に苦しむような小さなズレヤ矛盾が、いくつもいくつも顔を出しているはずです。


 ぼくたちはそうしたズレや矛盾に対して、一種のなれ合い的な共犯関係を結んでずっと目をつぶってきた。触れてはいけないタブー、暗黙の了解というやつですよ。


話が戻りますが、北村さんも、「私」に「これじゃあまるで、推理作家がよってたかって拵えた《お話》みたいじゃありませんか」と言わせています。サム・ホーソーン医師を常識的にありえない数の殺人事件に遭遇させ続けて動じることのエドワード・D・ホックなら思いつきもしないことでしょうが、現代日本のミステリ作家はどうしても、自分で自分に突っ込みを入れたくなってしまうんですね(笑)。
巻末に、参加者全員の解決予想がついていますが……予想というより、妄想のような!(爆)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

青空百景さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。