手当たり次第の読書日記

新旧は全くお構いなく、読んだ本・好きな本について書いていきます。ジャンルはミステリに相当偏りつつ、児童文学やマンガ、司馬遼太郎なども混ざるでしょう。
新選組と北海道日本ハムファイターズとコンサドーレ札幌のファンブログでは断じてありません(笑)。


テーマ:
戸板 康二
目黒の狂女 (創元推理文庫 M と 2-3 中村雅楽探偵全集 3)
中村雅楽全集、3巻目まできました。
初登場時に既に「老優」だった雅楽翁。シリーズが長期化するにつれて、正確に何歳なのかとか生年はいつかというようなことはぼかさざるを得なくなってます。ポアロとかもそうですね。
コナン・ドイルのように適当に書き飛ばしていた訳ではないのでしょうが、戸板さん、シリーズの過去作品を自分で読み返したりはあんまりしてなかったのかな? この巻を読んでたら、雅楽が結婚したのは一体いつかという疑問にぶち当たりました。大正15年に夫婦で保養に行ったという記述があるかと思えば、別の作品では、結婚したのは昭和3年とはっきり書いてあったりするんです(笑)。
『磯野家の謎』的に、作品世界全体の整合性にこだわる読み方は不可! ひとつひとつの作品を、それ自体として味わいましょう。
雅楽がテレビの「刑事コロンボ」を観ている、なんていう話がありました。で、劇界芸能界が舞台のシリーズですから、単に作品発表時の風俗ネタにとどまらない。コロンボの声をあてている俳優さんが、作品の登場人物として出てきたりする訳です。さすがに「内田朝雄」そのままではありませんでしたが(笑)。
とある「事件」の「犯人」を追及するのに、雅楽翁、自分で言わずにこの俳優に頼むんです。コロンボの台詞っぽい言い回しで。相手はついコロンボ刑事に追い詰められているような錯覚に陥って、気がくじけてしまう。
今、こんな小説が書けるような誰でも知ってる名探偵・名刑事っているかなあ。かろうじて古畑任三郎でしょうか……でも、田村正和に問い詰められても、コロンボほどは怖くないかも(笑)。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

青空百景さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。