手当たり次第の読書日記

新旧は全くお構いなく、読んだ本・好きな本について書いていきます。ジャンルはミステリに相当偏りつつ、児童文学やマンガ、司馬遼太郎なども混ざるでしょう。
新選組と北海道日本ハムファイターズとコンサドーレ札幌のファンブログでは断じてありません(笑)。


テーマ:
星 新一
妄想銀行

いつも読んで下さってる方にはもうお判りのことと思いますが、私の本の読み方というのは、およそ系統立ったところがありません。ミステリ「好き」、幕末「好き」ではあっても、「マニア」には決してなれない所以。特定の分野全体を押さえる、ということはなく、思いつくままの読み散らかしです。まさに手当たり次第。
なので物事の連想も我ながら素っ頓狂です。幕末本を読んでる時に、12世紀イギリスが舞台のミステリを連想しちゃったりとか。
今日、あることについてぼんやりと考えていたら、ふと思い浮かんだのがこれでした。ショートショートの神様・星新一の作品です。
いつも危ない目にあってばかりいる、とある社長。結果的に命に別状はなくて済んでるんですが、あわやという事故に見舞われてばかりいるんですね。
で、それはちょうど新しい秘書を採用した頃から起こり始めていることに気付いた社長、死神にとりつかれているような気になってしまうからと、秘書を解雇することにします。
ところが。
実はこの秘書、死神そのものだったんですね(爆)。 ただ、とりついた人を死なせることがうまくできたためしがない。あわや、という目にあわせることはできても、そこ止まりだというんです。だから彼にとりつかれている限り、絶対に死ぬ心配はないともいえる(笑)。
という訳で社長は方針転換、この死神をずっと秘書として使い続けることにします。かくて、しょっちゅう事故にあったり危機一髪という目にあったりしてばかりいるこの社長なのですが、死ぬことだけはない。絶対にない。まさに最高のボディガードに守られている訳です……!(爆)
と、いう話なんですが。
一体何のことを考えていてこれを思い出したのかといいますと。
僅差のリードで迎えた最終回、勝ちゲームを締めくくるクローザーとしてマウンドに上がるも、必ずといっていいほどランナーをためたり2点差3点差を1点差にまで追い上げられたりしてファンの胃をキリキリさせずにはおかない、しかし追いつかれたり逆転されたりというところまではやらかさずにその1歩手前でセーブをあげてみせる、北海道日本ハムファイターズの一体全体頼りになるのかならないのかよく判らない守護神、マイケル中村投手なのでした(爆)。

今日は珍しくも(笑)彼を出さなくてもいい点差で勝てたので、久々に心安らかでいられましたが。頼むぞーマイケルー!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

青空百景さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。