手当たり次第の読書日記

新旧は全くお構いなく、読んだ本・好きな本について書いていきます。ジャンルはミステリに相当偏りつつ、児童文学やマンガ、司馬遼太郎なども混ざるでしょう。
新選組と北海道日本ハムファイターズとコンサドーレ札幌のファンブログでは断じてありません(笑)。


テーマ:
野口 武彦
幕末バトル・ロワイヤル

「週刊新潮」連載のシリーズだそうです。こんなタイトルですが、幕末についての話になるのは実は本書の後半。天保の改革の話から始まります。何度も言ってますが『風雲児たち』ハマリまくりの私にとっては、まずそれだけでもう物凄くツボ!

何しろ帯に「幕末オールスター揃い踏み」とあるんですが、そこで列挙される名前がこうですもんねえ。

「水野忠邦、鳥居耀蔵、日本左衛門、遠山景元、水戸斉昭、姉小路、阿部正弘、柳亭種彦、中野碩翁……。」

おおおこれはまるで『風雲児たち』オールスターキャストじゃありませんか! このほか中島三郎助や川路聖謨、江川太郎左衛門も出てきます。あのマンガを好きな方、強力お薦め! 天保の改革の内容や水野忠邦の昇進の経緯は、マンガでもかなり詳しく扱ってましたが、更に細部まで判りますよ。

基本的には天保から幕末期にかけての政局を巡る通史としての構成になってますが、その大きな流れを語るだけなら省略しても全然構わない面白エピソードのたぐいもたくさん出てくるので、以前に読んだ池波正太郎だったか海音寺潮五郎だったかの(記憶があやふや/汗)小説の元ネタを発見できたりもしました。酔っ払って百姓の女房を襲っているところを亭主に発見されて、失脚してしまった大名の話。こんなゴシップネタが何でわざわざ取り上げてあるのかといえば、水野忠邦の唐津から浜松への所替え絡みなんですね。このセクハラおやじ(笑)が浜松の殿様で、彼が奥州へ飛ばされて、そこの殿様が唐津へ行って、そして忠邦が浜松に入るという、「三方領地替え」が完成した訳です。

「なぜわざわざこんな複雑なことをするのか。交換はいかにも露骨だから、出世したい大名と左遷される大名、しくじって懲罰される大名などを組み合わせて、三者関係でうまくセットするのである」とのことですが、なーるほどねえ。これは初めて知りました。

連載は未だ継続中とのこと。続刊が楽しみです!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

青空百景さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。