手当たり次第の読書日記

新旧は全くお構いなく、読んだ本・好きな本について書いていきます。ジャンルはミステリに相当偏りつつ、児童文学やマンガ、司馬遼太郎なども混ざるでしょう。
新選組と北海道日本ハムファイターズとコンサドーレ札幌のファンブログでは断じてありません(笑)。


テーマ:
横溝 正史
悪魔が来りて笛を吹く

という訳で、リアルタイム視聴致しました、フジテレビ新春ドラマの「悪魔が来りて笛を吹く」。

1作1作の間はあいてるけど、もうすっかり「シリーズ」ですよね。スタッフも出演者も、気心の知れた空気の中でやってるんだなあというのが観ていてよく判るし、だから視聴者もまた安心して観ていられます。金田一探偵と警察の立花さんの再会シーンでは必ず立花さんが埃をかけられるとか、「お約束」ももう確立してますね。

いいなあと思ったのが、ふらふら歩いてた金田一が進駐軍の兵士から「コウモリ男!」と叱咤されるところと、岡山県警磯川警部から照会の回答が届くところ。前者はドラマのオリジナル部分、後者は原作どおりの場面ですが、どちらも原作シリーズの愛読者にとってはちょっと楽しい場面です。短編「蝙蝠と蛞蝓」を踏まえた楽屋落ちと、原作シリーズの重要脇役キャラである磯川警部、名前だけでもご登場というファンサービス。原作の読者を意識したドラマづくりをしてくれていたことが嬉しかったですね。

ドラマを観終わってから改めて小説を再読したんですが、殆ど脚色を加えていなかったということに感心しました。まあそりゃ、本格ミステリですから一見何でもないような描写でも実は重要な伏線だったりする訳で、下手にいじると話が壊れてしまったりするということはあるでしょう。でも、ここまで小説の叙述どおりの順番の脚本になってるとは思わなかったなあ。原作への敬意を感じます。

といっても、何しろ長い小説なので、ところどころ刈り込みはあります。端役を2、3人省いたり、殺人方法の謎を端折ったり。これ、特に後者については、巧い!と思いましたね。殺人ミステリから殺人方法の謎解きをとっちゃったら何にもならないように思えますが、この作品の場合、トリック破りは主眼じゃないんです。ここを思い切ってカットしたことで、終盤のクライマックス、犯人の見せ場がたっぷりとれました。

ただ、一点だけ惜しかったのが、2件目の殺人のくだり。金田一たちが現場である椿子爵邸に駆けつけた後で、その前夜の様子がどうだったかという説明の章があるんです。ここは事件関係者たちの人となりについて読者に知らせるための賞でもあるんですが、ドラマではここを全部カットしてしまってるんですよね……なくても、話は確かに通じるんですけれども。でも、ここで被害者・新宮利彦がどういう奴だったか、妹である椿子爵夫人にいかに寄生していたか、等々を読者(視聴者)に印象付けておくかおかないかは、クライマックスの迫力を出す上で重要な要素だったと思うんですよ。ドラマ全体として非常にいい出来だったと思うだけに、画竜点睛を欠く感じで勿体無かったなあ。

あと、小説と違っていたところといえば……殺される人数がひとり減ってましたね。これはひょっとして、家庭内の殺人が連日のように新聞の社会面をにぎわす昨今の社会情勢に鑑みて、余計な刺激を回避しようと試みたのかと思うんですが……考え過ぎかな?

というようなことを考えながら小説を再読してみて、改めて感服させられたのが横溝正史の「本格魂」。故・瀬戸川猛資氏がジョン・ディクスン・カーについて書いてたのと同じような感想を持ちました。作品の時代設定昭和22年は、これは絶対に動かせません。この話は帝銀事件と絡めた作りになっているから。しかもそれは、『獄門島』や『犬神家の一族』における「復員服」「戦傷を隠す仮面」の扱い方と同じで、ただ時代色を出すための要素と見えて実はそうじゃない。本格ミステリとしての構造上、どうしても不可欠だったんです。

ミステリで、死んだ筈の人物と酷似した人物が現れたという場合、まず確実に「本当は死んでいなかった」という展開になります。実は双子だったなんて御都合主義、他人の空似だなんて言い出した日には御都合主義の二乗です。

そこをクリアするのに、こういう手があったんですねえ……! この発見それ自体にも感心しますが、天下の大事件をこういう風に使って小説を書いてしまう大横溝に何よりもまず脱帽です。
ミステリ書きの業、おそるべし。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

青空百景さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。