手当たり次第の読書日記

新旧は全くお構いなく、読んだ本・好きな本について書いていきます。ジャンルはミステリに相当偏りつつ、児童文学やマンガ、司馬遼太郎なども混ざるでしょう。
新選組と北海道日本ハムファイターズとコンサドーレ札幌のファンブログでは断じてありません(笑)。


テーマ:
辻原 登
花はさくら木

物好き(失礼)な常連読者の中には覚えておいでの方もきっといらっしゃることでしょう。辻原登作『花はさくら木』の朝日新聞朝刊連載中、私が折にふれてはぐちぐちぐちぐちぐちぐちと、そりゃもうしつこく文句をたれていたことを……。
それでもようやく連載が終わってほっとして、これでもう文句は打ち止めだとも書かせて頂いたのですが。
すみません、今朝の新聞を見たら、今度こそほんとの最後に最後、ひとこと言わないではいられなくなってしまいました(苦笑)。
嘘だろと言いたくなってしまうんですが、どういう訳だか『花はさくら木』、大佛次郎賞受賞です。過去の受賞作品で自分が読んだことあるものをさがしてみましたが、大江健三郎『新しい人よ眼ざめよ』、加賀乙彦『湿原』、司馬遼太郎『韃靼疾風録』、萩原延壽『遠い崖 アーネスト・サトウ日記抄』……何か今回思いっきり見劣りしてると思うんですが気のせいですか(汗)。
この作品、私にはどうにも「中途半端」に思えるのです。時代小説のスタイルをとってはいますが作者は「時代小説ではない」と明言しており、私も連載を読んでるうちにさすがに気付きましたが、でも単行本の帯には「時代小説の醍醐味」とかあるんだよね(苦笑)。形は時代小説だけど実は純然たる時代小説じゃないという作品は、もっとはっきり最初からそうと判るようにやってほしいなあ。お手本の例はいくらでも挙げられます。
NHKの昔のドラマ「戦国武士の有給休暇」、これはもうタイトルだけで一目瞭然。
奥泉光『坊ちゃん忍者幕末見聞録』、何で幕末に忍者でしかも坊ちゃんなんだと訳が判らなくなりますが、読み始めてみるとこれが夏目漱石『坊ちゃん』の文体。あ、時代設定はこうでも所謂「幕末もの」ではないんだね、とすぐ判る。
よしながふみ『大奥』、これもパラレルワールドな設定であることを冒頭で明示しています。
ぐっと古くなって志賀直哉『赤西蠣太』、これなんか見事ですよ。「サザエさん」の元祖かって感じの(笑)海の幸な人物名と、まるっきり現代語の会話。今でいえば、サムライが「つか、それマジで超ヤバくね?」とか喋ってるようなもんです。
しかし『花はさくら木』はねえ……かなり読み進むまで判らないんですよ、「わざとやってる」ということが。「細部の詰めが甘い」「時代考証がめちゃくちゃ」「現代を浮かび上がらせたいからって、その他の部分に手を抜いてる」にしか見えない。現代語の会話も迫力不足。
しかも中途半端なのはスタイルだけじゃなくて、ストーリーもそう。前にも書きましたが、一体どうやって終わらせるんだろと思ってたら、ばたばたっと主要人物を何人も国外にやっちゃってそこでおしまい。広げた風呂敷を無理やり畳んだようにしか見えません。ヒロインである内親王の秘めた恋心も、何か非常に「取ってつけた」感があるんだよなあ……。
しかし選考委員諸氏はこぞって大絶賛な訳で、きっと素人の私なんかには判らない評価のしどころがあるのでしょう(苦笑)。委員のおひとり井上ひさし先生などは、シェークスピアを引き合いに出してさえいらっしゃいます。井上作品たとえば『腹鼓記』などのほうが、何百倍も良い作品だと思うんですけどねええ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

青空百景さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。