手当たり次第の読書日記

新旧は全くお構いなく、読んだ本・好きな本について書いていきます。ジャンルはミステリに相当偏りつつ、児童文学やマンガ、司馬遼太郎なども混ざるでしょう。
新選組と北海道日本ハムファイターズとコンサドーレ札幌のファンブログでは断じてありません(笑)。


テーマ:
月刊 COMIC (コミック) リュウ 2006年 11月号 [雑誌]

時間つぶしで書店に入り、ふと目に止まったマンガ雑誌の平台。

そうだ、「月刊COMICリュウ」を見てみよう、と思ったのは、田中芳樹原作道原かつみ作画の『銀河英雄伝説』がこの雑誌で再開されると聞いていたから。

あ、何だ、まだ出てないんだね……お、でもこの先月号、ピンナップがついてる。ってんで表紙を開き、ついでに次号予告の場所をさがそうと巻末目次へ。

そこで目に飛び込んできてしまった文字の列があったのです。


京極夏彦×樋口彰彦 ルー=ガルー


何ィィィィィィ!?

慌てて「大極宮」 にアクセスしてきました。うわー、今日まで全然知らなかったよー(汗)。『邪魅の雫』に気をとられて、旧刊関連の情報がまるっきりぬかってました。危うく初回を読み逃すところでした(冷汗)。

「アニメージュ」などで読者から募ったアイデアを盛り込んで書かれたという近未来SFです。むしろ今までマンガになってなかったのがおかしいくらいのもんですね。まだ始まったばかりですが、この(例によって)長ーい作品を、端折ることなくきっちりマンガとして描き込んでくれているようで、楽しみです。小説だと「説明」しなきゃならない未来社会の様子も、マンガだと端的に1コマの絵で示してしまえるっていうのもいいよなー。

ただ、個人的好みとしては、キャラクターの絵柄が、ちょっと……どっこも悪くはないんですが、うーん、いかにもあまりにも「男性作者の手による今どきの萌えキャラ」であるような(笑)。『輝夜姫』の清水玲子、『OZ』の樹なつみ、『ZERO』のやまざき貴子などの緻密かつダイナミックな絵柄であのクライマックス場面が見てみたかったなああ(←「LaLa」系の人ばっかり・笑)。

などと想像しているうちに、はたと、小説の内容をよく憶えてないことに気がつきました。いや、それはさすがにストーリーの大まかな流れは忘れていませんが、細部の記憶が殆どあやふや……。

読み直すぞ!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

青空百景さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。