手当たり次第の読書日記

新旧は全くお構いなく、読んだ本・好きな本について書いていきます。ジャンルはミステリに相当偏りつつ、児童文学やマンガ、司馬遼太郎なども混ざるでしょう。
新選組と北海道日本ハムファイターズとコンサドーレ札幌のファンブログでは断じてありません(笑)。


テーマ:
とりの なん子
とりぱん

書店の棚に、1・2巻と並べて表紙を見せるように立てかけてありました。その表紙の絵が私を呼んだのです。

えっヤマゲラ?(アオゲラでした) わっツグミ! 鳥マンガだ!!

シュリンクで中身を確かめられないのも何のその、2冊いっぺんに即購入。うわあ、こーんな面白いマンガがあったんだ……普段読む雑誌が限られているもので、全然知りませんでした。ありがとう丸善新札幌デュオ店!

鳥マンガ、と言いましたが、文鳥でもインコでもありません。作者宅の庭に設置した餌台にやってくる、野鳥達のマンガです。いやあ、野鳥の会の支部報とか以外で野鳥マンガが読めるなんて思わなかったなあ(笑)。

作中で明記されてはいませんが、作者が住んでるのはどうやら盛岡のあたりですね。北海道と気候風土が近いので、登場する鳥達は我が家の庭でもおなじみの連中が多いです。ヒヨドリにスズメ、シジュウカラ……あ、でもオナガはこの辺にはいないなあ。綺麗な鳥だから羨ましい! 池が近くにあって鴨類や白鳥を間近で見られるのもいいなあ……おっと、でもうちの庭にはリスも来るもんね(←張り合ってどうする)。

一気読みして母親に渡したら、彼女もまたわき目も振らずに熟読してました。とても他人と思えない生活ぶりなんですよー。鳥にやる脂身を貰うために肉屋に行き、しかしただそれだけ貰ってくるのは気がひけて、要りもしないハンバーグを買ってきちゃうというくだりなどは特に……全く同じ理由でベーコンを山ほど買い置きしちゃったりしているもので(汗)。

というような鳥見人としての習性以外にも、「あー、そうそうそう! わかるわかる!」というネタがてんこもりでした。特に膝を打ったのが春の訪れの描き方。雪は静かだけど雨は音がはうるさいし、道は泥水がはねて汚くなるし、気温が高くなるので冷蔵庫に入れないでいたものがすぐに傷んでしまって大慌て……「静かで清潔な冬は終わったのだ」って、全くもってその通り! 北国の早春って、実はあんまり綺麗じゃないんですよー(苦笑)。

登場するのは鳥達に限らず、近所の猫や草むらの虫達も重要なメンバー。道路の上を急いで這ってる黒い毛虫が可愛いというの、判るなー。多分同じ虫だと思われるものが、うちの近所にも生息してるので。毛虫であるからにはいずれ何かの幼虫には違いないんですが、一体どなたのお子さんなんだか全く不明の黒いたわしみたいな奴。おいおいアスファルトの上なんか歩いてたら車に轢かれるぞー、と声をかけたくなってくるんです。

……と、思わず語ってしまいましたが(笑)、虫が苦手な人って結構多いみたいですね。秋が来て弱ってたカマキリを拾って「かまさん」と名付け、寿命が来るまではと大事に飼ってたエピソードが「賛否両論を呼んだ」とあったので、ちょっとびっくりしてしまいました。カマキリなんて、脚が多過ぎる訳でも胴体が長過ぎる訳でも手触りがぬるぬるしてる訳でもないのに、「キモイ」って一体どこが!?(←幼少時の愛読書がカマキリの絵本だった人)

昔は来ていたツグミをこの頃ではさっぱり見かけなくなりましたが、もしまた庭に来てくれることがあったら、作者の真似をして「つぐみん」と呼んでしまいそうです(笑)。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

青空百景さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。