手当たり次第の読書日記

新旧は全くお構いなく、読んだ本・好きな本について書いていきます。ジャンルはミステリに相当偏りつつ、児童文学やマンガ、司馬遼太郎なども混ざるでしょう。
新選組と北海道日本ハムファイターズとコンサドーレ札幌のファンブログでは断じてありません(笑)。


テーマ:
岩崎 陽子
新選組異録 無頼 (1)
いやあ、寡聞にして今まで知りませんでした。不覚!
こーんな面白い新選組少女マンガがあったとは(喜)。
この前買ったアンソロジー『花と乱』に、この作者によるグラビアがついてたんですよね。で、「収録作品のものでもない、単独のグラビア1枚ってどういうことだろ」と思ったりしてたんですが……そういうことでしたか。
主人公は斎藤一、基本的に彼と沖田総司の青春友情ストーリーですね。2人が友情を深めていくさまは、オーソドックスなまでに青春マンガの王道を踏んでます。偶然の出会い、成り行きで行動をともにし、興味と反発、誤解と理解、殴り合って深まる絆! このまんま2人に学ラン着せてもいいんじゃないかと思うくらい(笑)。
で、同級生(違)が左之助と新八。沖田斎藤コンビだけじゃなくて、揃ってわいわいやってるシーンが多いのが、群像劇好きの私としては嬉しいところです。あんまり出番はないけど、山南さんや平助にもしっかり存在感(しかし源さんは殆ど無視されてるなあ・笑)。
そして、個人的に何よりも特筆すべきこの作品のポイントは。
近藤さんが格好いい!
出番はほんと少ないんです。何しろ、大概の新選組マンガで当然のように主役を張る副長ですら、ここでの扱いは総司の次。ましてや局長の登場シーンなんてもうほんとに数えるほど……なんですが、そのどれもが惚れ惚れするほどいい男! 顔は男前だし、頼もしいし、感涙ものでしたよー。
ということは、まあ、レギュラー陣殆ど全員いい男に描いてあるっていうことなんですが(笑)。
史実でも美男といわれる左之助なんか、もう誰に遠慮もいらないって感じの美形になってます(笑)。土方さんがハンサムなのは当たり前っちゃ当たり前ですが、自分のイメージと全く違和感なくて、「そうそうそう、そんな感じ!」でした(作品によっては、凄く格好いいんだけども「何か違う」だったりもするので)。
しかしキャラクターデザインとして一番凄いのは、やはり芹沢先生でしょう。美し過ぎます!(笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

青空百景さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。