手当たり次第の読書日記

新旧は全くお構いなく、読んだ本・好きな本について書いていきます。ジャンルはミステリに相当偏りつつ、児童文学やマンガ、司馬遼太郎なども混ざるでしょう。
新選組と北海道日本ハムファイターズとコンサドーレ札幌のファンブログでは断じてありません(笑)。


テーマ:
鮎川 哲也
サムソンの犯罪
書店でマンガ雑誌の棚を見ていると、ミステリ小説のマンガ化というものを結構見かけます。赤川次郎・西村京太郎両巨頭の作品がやはり多いようですが、時に泡坂妻夫や宮部みゆき、倉知淳なんかにも出会えて楽しい限り。金田一耕介は色んな人が描いてますが、JETが一番好きだなーやっぱり。
今回発見したのは鮎川哲也。「三番館」シリーズの1編です。
情事の録音テープ(ただし捏造)を材料に何人もの相手を強請っていた男が自宅マンションで殺された。現場の状況などから被害者のひとりに疑いがかかるが、本人はアリバイを証明できない……。
というのが事件の発端。33年前の作品ですが、時代相を描くことのほうが主眼のような作品とは違い、堂々の純然たる本格ミステリなので、簡単に現代ものにしてしまえます。うまくできてる!と感心して読んだんですが……思わず大爆笑してしまいそうになったことがありました。
このシリーズ、基本的にこういう構成です。元刑事の私立探偵「わたし」のところへ、会えば憎まれ口を叩き合う仲の弁護士が事件を持ち込んでくる。奔走するも今一歩のところでなかなか解決に至らず、行きつけのバー三番館のバーテンに相談。バーテンは話を聞いただけで、いつも鮮やかに真相を指摘してみせるという、安楽椅子探偵もののバリエーションですね。
このレギュラー3人、探偵・弁護士・バーテンのキャラクター設定が、マンガではこんなふうだったんです。
探偵。警察を辞めて3年、ちょっと頼りなさそうながら結構かわいげのある兄ちゃん。
弁護士。若い女性……の筈なんだけど、着メロが「知床旅情」だったりして、どうも年齢不詳。キュートな顔とぶっきらぼうな口調のギャップが却ってかわいい。
バーテン。酒を出す仕事のくせに自分は下戸という変な奴。すらりとした体型に蝶ネクタイとベストがよく似合う、ソフトな美青年。
これ、あくまでも、マンガ化バージョンにおいての設定なんです。実は原作とは大違い!(笑) 彼等が登場してくるたびに目を見はり、思わず吹き出しそうになってしまいましたよ。特に弁護士! よく思いつけましたよねえ、あの人物をこんなふうに変えるなんてことを(爆)。
マンガを読んで「あ、面白そう」と小説を手に取った人がもしいたら、ショックを受けたんじゃないかとちょっと心配です(笑)。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

青空百景さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。