手当たり次第の読書日記

新旧は全くお構いなく、読んだ本・好きな本について書いていきます。ジャンルはミステリに相当偏りつつ、児童文学やマンガ、司馬遼太郎なども混ざるでしょう。
新選組と北海道日本ハムファイターズとコンサドーレ札幌のファンブログでは断じてありません(笑)。


テーマ:
司馬 遼太郎
幕末
決して山師でも策謀家でもない、ただ人よりちょっとだけ変革への志が大き過ぎたがために危険人物扱いを招き、悲劇的な最期を迎えることとなった藤沢周平版清河八郎の活躍を堪能したら、今度はこれを読み返したくなっちゃいました。
自分が他人よりも強くて賢くて度胸もあって、リーダー性抜群であることを自分でしっかり判ってるというイヤな奴(笑)。180度正反対キャラの司馬遼太郎版清河八郎です。実在の同一人物を主人公にして、ここまで違う作品になるものかと(笑)。
たとえば、彼がお尋ね者になる直接の原因となった事件。往来で、酔っ払った振りをしてからんできた下っ引きを一刀のもとに斬って捨てた。この出来事それ自体は両作品とも変わらないんですが、細かい内容はまるっきり違います。藤沢版だと、相手が自分を捕らえようとしていることに気づいたため咄嗟に斬るしかなかったという、いわば過剰防衛。しかも、実は公儀にとってはそれこそが思う壺。あいまいな思想犯としてではなく、議論の余地ない殺人犯として追われる身になってしまう……という悲壮かつサスペンスフルな展開です。これが司馬版になると、からんできた相手の正体に最初から気づいていて、いきなり名前を呼んでぎくりとさせる。そして抜く手も見せぬ早業で首をはね、悠々と退場。自分の刀の切れ味には感心しても、人を斬ったことそれ自体については「たかが町人首」と気にもとめない……。
何度も言いますが、同一人物です、念の為(笑)。
しかし、この司馬版八郎くん、もうどうしようもないくらいヤな奴であると同時に、また妙に格好いい男であることも確かなんですよねえ。たとえば、自分の情人(藤沢版では妻ですが、司馬版ではただ、深い仲の女というだけです)が逮捕されたと知った時の反応。いきなり刀をすらりと抜いて、俺のためなら喜んで死んでくれる女だ、だがそれまでの拷問を思うと胸が張り裂ける、てなことを言ったりする。……挙措動作がいちいちぴたっと決まって、頭にくるけど思わず見とれてしまう、というような。
とんでもなくカリスマ性のある男で、だからこそ同時に強烈な反発も招く。山岡鉄太郎が惚れ込むのも、佐々木只三郎がムカつくのも、どっちもいちいちよく判る。タイトル通り、「奇妙なり」としか言いようのない人物なんです。司馬遼さんが、個人としてこの人物に好意・敬意を感じていたとはとても思えません。実は山師じゃないかも、と考えたことも多分ないでしょう。でも、小説書きとしての冷徹な好奇心だけで造形されたこのキャラクター、小説の主人公としてはとんでもなく印象的かつ魅力的です。
最後の暗殺場面の見事さは、何回読んでもそのたびに改めて感動させられます……これぞ短編小説の幕切れ!というお手本みたいな文章。司馬史観がどうとかこうとか言われますが、私にとって司馬作品一番の魅力は、この文章の鮮やかさですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

青空百景さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。