手当たり次第の読書日記

新旧は全くお構いなく、読んだ本・好きな本について書いていきます。ジャンルはミステリに相当偏りつつ、児童文学やマンガ、司馬遼太郎なども混ざるでしょう。
新選組と北海道日本ハムファイターズとコンサドーレ札幌のファンブログでは断じてありません(笑)。


テーマ:
村上 元三
新選組〈下〉
ようやっと、村上元三『新選組』のまともな(笑)感想です。
主人公・秋庭守之助は旗本の次男ですが、妾腹であることなどから実家にもよりつかず、浪人同然の暮らしをしているという人物。長崎へ行ったり江川坦庵の塾で学ぶなどして蘭学や砲術を身につけた彼は、直参の生まれではあるものの、徳川幕府及びその体制に対しては非常にクールな見方をしています。といって倒幕運動に身を投じるというのでもなく、いわば時代の傍観者。剣の腕が立ち、短銃の名手でもあるという、いかにもヒーローな一面もありますが、世の中や人生をどうとらえるかということについては、現代人である読者の感覚とかなり近いところに設定されている人物です。
この彼が老中・板倉周防守の命で新選組に入ることになり、彼の目を通した新選組が描かれる訳ですね。それこそがこの小説の主眼であり、だからこそこんなシンプルなタイトルがついてるのだということも重々判ってはいるんですが。
ただ、この守之助くん、新選組と直接関係のないところで展開する彼個人の物語も、結構波乱万丈なんですよ。
相愛の許婚・良乃との仲を裂かれ、駆け落ちを決行しますが失敗。良乃は別の男に嫁ぎ、人を斬ってしまった守之助は芸人の一座に隠れて江戸を脱出。一座を率いるおくらという女は、どうやら武家の出らしくて訳ありな感じ、長州藩ともつながっている模様です。やがて京で新選組隊士となった守之助ですが、内山彦次郎暗殺の巻き添えをくらって一緒に殺された与力がなんと良乃の夫。その最期の場に居合わせたばっかりに、単なる巻き添えではなく、守之助が恋敵を殺したのだと思われて……。
というような守之助の物語と、普通の新選組小説っぽい部分とが交互に語られるために、こんな長大な作品になっている訳ですが。
たとえば藤沢周平『用心棒日月抄』における赤穂浪士の討ち入りみたいに、新選組は背景にまわす、というのでもよかった気がします。あくまで秋庭守之助を正真正銘の主人公として全編でクローズアップ。そのほうがより完成度が高くなったんじゃないかと。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

青空百景さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。