冬眠

テーマ:

冬眠


 通常、経営者の多くは、企業を常に稼働しておかなければならないと考えている人が大多数だと思います。

 なぜなら、事業が回ることで、取引先や従業員などの利害関係者の生活の糧となるお金が循環するからです。


 以前、私の顧問先様に「冬眠」をするお客様がおりました。

 「冬眠」という言葉は、季節的な低温に対して、動物が摂食や運動を中止して代謝活動を著しく低下させた状態で冬季を過ごすという意味です。

 これを企業に例えれば、不景気や構造的に不況のある業種を営んでいる場合に、企業が企業活動を休止し、生活費だけを切り崩して、不況の時期を過ごすということです。


 私は、経営者にとって、とても重要なことだと思います。

 この世の中に潰れない企業などありません。どんな大きな企業もリーマンブラザーズしかり、日本では山一証券しかりでした。また、同族経営者が乗っ取られて、経営権が吸収されたケースも該当するかもしれません。


 経営者が不況等によって、事業を続ければ、今まで蓄えた財産をいとも簡単に失うことになります。

 なぜなら、運転資金の補填は「ゼイタク」「浪費」などと比べても、多大な出費が伴います。

 利益の産まない従業員の雇用や付加価値の生まない在庫の保有は、著しく資金を流出させていきます。そして、事業惜しさに、経営者自身の財産まで注ぎ込んでしまうケースが多いです。

 従業員も生活ありますし、人間としても情がありますから、企業を辞めさせるに、勇気があります。

 在庫の保有も、仕入先が取引を多く仕入れれば安く取引してくれるかもしれない、売り先がもっと買ってくれるかもしれないと考えてしまい。結果、在庫を多く保有してしまう状況に陥るのです。


 このような状況になりそうだったら、事業を「冬眠」させることを考えることも重要です。利害関係者に迷惑がかかると意地を張らずに、規模の縮小・停止・事業の転換(商売替え)を考えることが重要です。

 不動産があれば、その不動産を貸せばいいのだし、経営者に能力があれば、外に働きに行けばいいのです。

外に働きに行けば、給料はもらえるのだから、少なくとも「赤字」はありません。

 利害関係者である従業員や取引先に迷惑をかけないことも重要ですが、それよりも、かけがいの無い自分の家族を不幸にしてはいけません。

 私達税理士も、事業が無くなったり縮小するのだから、結果、仕事が無くなるか顧問料が減ります。

 しかし、顧客のことを思えば、顧問料欲しさに無理な事業継続などはさせることはできません。

 顧問先も、長年続いた(親などから引き継いだ場合も多い)事業ですから、止めることなど考えてもいない場合も多いです。事業を止めることは、家のプライドにも関わる問題です。

 したがって、そのような話をすれば、気分を害されることにもなりかねません。


 私も、本音でいえば、勇気を持って、いち早く、このようなことを真摯に説明して、顧問先様ために、喧嘩をしてもいいから、本音でアドバイスをしていきたいと思っています。そのような話から、互いにより良い経営改善がなされる場合も多いです。

 しかし、そのような経営改善の術が無く、いい状態で「冬眠」するには、経営者自身が決断をして、頑張って事業の幕を引かなければなりません。ですから、こちらとしては、その事業の状況を把握し、ころ合いを見定めて、そのような話を切りださねければならないのです。



AD