夏限定の和菓子

テーマ:
和菓子は小豆を使用するため、ほぼ全般的に食べたくない私。

その私でもたべられるのが、これ。



檸檬水饅頭

夏期間限定の伊勢屋西店(最寄り駅は鶴瀬駅)のみのようで、近くの坂戸や上福岡にはありません。

店限定なのかな…?

車だと駐車場がないので、不便だけど車がないと困る場所にあります。

プルプルの皮に檸檬餡がきいて夏にはピッタリ。生檸檬の酸味がたまりません。

夏しかないので、スタッフが往診から帰宅するとお土産に持参してくれます✨

お近くの方は、是非🎵

AD

今週の男子弁当

テーマ:
不思議とごはん量が3年前から増えません。
作っていてこのごはん量、育ち盛りに少なくないか?

疑問を感じていましたが、答えは簡単。
トロくて食べてる時間が足りない。
お腹すかせて帰宅するそうです。

帰宅時に居たことないからね…。

かといって、量増やしても時間足りないから食べ残すでしょうし…。
平気で食べ残してくるから、私も更なるストレスになるし。




小学6年生時に追い越され、順調に背が伸びているので、まあ、いっか。

もっと食域広がると、作る側は様々な調理ができて楽なのですがね…。

倒れた後輩の代診勤務で、先週から連続勤務。さすがにバテてきました。

だけど、たまに他院で働いても何の違和感も感じないのは、普段から保健センター、休日診療所、大学病院とあちこちに行き、毎日勤務先が違うから!
勤務医時代となんら変わらない生活です。
起きた時、曜日を確認するようにしています。行き先間違えると大変なので。

まるでフリーランスのようです…。










AD
ガールズサークルの方と株式会社の方と同時平行でミーティングします。
関西支部とはSkypeで繋げて話します。

毎回、会議室で夜中まで。
みんな本業あるから、集まりは夜からになり、遅くなります。


次回の定例会は交流のある企業や団体、提携先をゲストに迎えるため、出席者リスト作成と進捗状況を確認。
大御所が登場するんだかしないんだかで、事務方としては悩みます。

今回は旬な脚本家と女医との対談が入るため、何だかてんこ盛りで、タイムスケジュールが一杯一杯。

取材は始まる前に終わらせてもらうしかないし、プロカメラマン入れないと50人規模撮影は、素人には無理!

華やかなパーティの裏なんて、だいたい地味なものです。

食事美味しいんだろうけど、味わえないでバタバタで終わるんだろうな…。












AD

ランニングと虫歯について

テーマ:
先月、自分の月間走行距離が350kmくらいでした。
これだけ長い時間走っていて、自分自身が心配になってきたのが「口腔衛生」について。
長時間にわたって歯が磨けない。
虫歯にならないかな?でした。

笑顔の素敵なラン仲間女子とお風呂に行くと、キチンとブラッシングしていました。美は一日して成らず。維持する努力をしているんですね。

では、走行中どのように気を付けるべきでしょうか?

ハンガーノックや脱水で倒れないように、ランナーは常にスポーツドリンクや補食を行います。
ハーフマラソンくらいの短時間なら何とかなるでしょうが、フルマラソン以上となると半日から一日。
さらに過酷なウルトラマラソンとなると一日以上何かしら口から摂取しないと倒れちゃいます。

基本、水以外は紅茶、お茶ですら歯の表面を溶かします。食べたら、溶けているんです。
それを30~45分くらいかけて再石灰化して歯の表面を修復し、元に戻していきます。



リカバリータイムが必要だから、ダラダラ食いはダメと言われるんですね。
元に戻る時間がない。

ランニング中の給水と給食は必要だけど、虫歯になる原因のダラダラ食いと同じ行動です。
つまり、究極な状況なのだけど、ダラダラ食いと大して変わらない、虫歯になりやすい環境というわけです。
かといって、レース中にブラッシングしている暇は、ない。
健康を気にして走っているのに、ダラダラ食いと同列なんて、何か切ないです。

では、どうすればよいのか?

最後に水を飲んで中和する。
給食したらお水でリセット。
スポーツドリンクのあとにお水で終わる。

これだけでかなり口腔内環境は変わります。

そして、メディカルチェックを受けること!

自分で自分のチェックはできないけど、ちょっと診てもらおうと思いました。


ちなみに、画像は慈恵医科大病院からの景色。
増上寺と東京タワーが見える素敵な環境です。













医院の棲息動物

テーマ:
事務室にウーパールーパー、院長室にミドリガメがもう長いこと…8年以上かな?…棲息しています。

私は関心がないから忘れますが、たま~に院長室のミドリガメを見ると…大きくなってるんですよね。
声かけると顔あげて反応します。


来た頃は、500円玉くらいだったのに、今じゃ手のひらサイズを越えてきた。
院長が大の亀好きで、大事にしているからまだまだ大きくなります…しかし、何年くらい生きるんだろう?
鶴は千年、亀は万年というので、ミドリガメでも何十年も生きるみたいです。

…あれ?数が減ってる?

甲羅干しでベランダに出していたら、カラスに攻撃され食べられてしまった!
う~ん、長寿動物だけど、外敵で命を落としたか~!

カラスって凄い。

もともと鳥が嫌いですが、カラスはさらに怖い。
横を通らないといけないときは、凄く緊張します。

亀って甲羅あっても食べられちゃうんですね。ちょっとびっくり。