aoyama masaaki diary

日々の泡を書き綴ります。


テーマ:
ウガァァァ~!!
フィ~ッと。

ライブが終わりました。

新しいユニットの立ち上げは、いつもナーバスになり過ぎてしまう。

余計な想念を入れないように、電車の中でも目を閉じて
本なども読まないようにする。

LETEにつくと、「たま」の滝本さんと岡山守治君が。
後から、倍音Sのリーダーもリハに顔をだす。

お~!ほぼ一年ぶり。
いや~なつかしい。

なんだか、いいライブになりそうな予感がした。

一発目は、岡山君の弾き語り。
オイドゥッパのカバーがオレの胸に突き刺さる。

もぐら、も。

いつもオレの隣で倍音を響かせていた、懐かしい声。
素晴らしい、ライブだった。ヨ~!!

いよいよ、オレら。
お客さんも満員。岡山君の演奏で場の空気も熱い。

影虎&the road menは、その場の空気で演奏するユニットなので
ステージに上がってもどんな音になるのか解らない。

ギターを弾いて歌っている時は、頭の中は真っ白け。
気がついたら終わっていた感じです・・。う~ん。

のむさんのギターの音、秀ちゃんのシンセの音、
遠くでなってたり。もの凄く近くでなってたり。

ともかく、出し尽くした・・悔いはない。
言葉に上手く出来ないけれど、一体感みたいなものを感じた。

いろんな人達と話したり、笑ったり、ビールを飲んだりした。

いつも、その日が最高だと思っているが、
今日もまた、最高だった。

みんな、本当にありがとう!

行き着く所まで、どんどんと行くよ~!

次回は。

10月10日。国立地球屋。 影虎&the road men
http://chikyuya.web.infoseek.co.jp/

10月11日。下北沢LETE MA⇔YA
http://www.h7.dion.ne.jp/~lete/

10月24日。下北沢LETE 影虎&the road men
http://www.h7.dion.ne.jp/~lete/

よかったら、来て。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
萌え~!

あ~疲れた。
秋葉原に行って来ました。

歌舞伎町の火災以来消防法が厳しくなって、
仕事場の各テナントの責任者が防火管理者講習を受講しなければ
ならなくなったので~す。

消防技術試験場が秋葉原にあるので、休日返上でGO!

朝9時から、17時までみっちり御勉強・・終了試験付き。
しかも、超退屈!

しかも一時限70分で合間の休憩時間に居眠りしちゃって、起きたら
また違う授業がはじまっとる。
カンベンしてくれ~!
500ページもあるボウカ管理の本を一日で詰め込むの~!
試験は簡単だと思ったけど、落第者も結構いた。

あ~眠いヨ~

死ぬほど退屈な言葉攻めから解放されて、アキバを満喫しようと
電気街へ。
エレクトリックタウンなんて表示がしてあってネーミングにはそそられるが、オタク色がめっきり強くなりましたね!アキバ。

オタク系アダルトショップ見たいのが多くて、性産業も細分化が進んで来たのだなぁ~っと。ちょっぴり感心

ゴスロリってのか、コスプレってのか解んないけど、そんなような
格好をした女の子がちらほら歩いてる。

全然、萌えね~けどなぁ~・・まあ、人それぞれなんでしょうな。

超巨大なヨドバシカメラを発見したので入ってみると、
メーカー別のブースになっててビックら!

こらぁ、電化製品の国、イヤ、キャッスルですばい。

掃除機壊れちゃったから探してたんだけど、いっぱいあり過ぎて
買う気が失せた。

アキバのバイブレーションはオレには合わないヨ~
頭痛がする。

それより、誰かオレに休日をくれ~!
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日は、MA⇔YAの練習にゲストで文化人類学者のヒルカワ先生が遊びに来てくれた。
ポリネシアの儀礼に飲まれるという「カヴァ茶」をたずさえて。

このカヴァPiper methysticum)というのがまた不思議な飲み物で、味は決して美味しくはないです。(漢方薬みたいな味ネ)

独特の作法でカヴァ茶をたてて、ありがたく頂くとすぐに舌が痺れてくる。
そして、みぞおちの辺りがポカポカしてきてリラ~ックスってな感じになります。(※リーガルです!念のため)

皮膚感覚や聴覚が鋭敏になってきて、ディジュリドゥを吹いたり
ヒーリング用のチューナを用いてハミングしてみたり・・

んで、カヤさんが1968年風のベースを弾きはじめると
カヴァグルーヴの怪しげなサウンドが立ち上がる。

僕は、ギターとホーメイ。
ヒルカワ先生は、だんだん学者からミュージシャンに様変わり。
いつの間にか謎のメンバー「DR.T」となって、チベッタンベルや
口琴を弾きはじめる。

うわ~!なんか楽しい~。

いつもの「MA⇔YA」にはなかった音が出てくる。
メロディよりも音色。
リズムよりもグルーヴ。

みんなの意識が一つになって、フワ~っと心地よい感じ。

なんだか、本当の自分のナチュラルなところが深く広がる感じなんです。

スピリットに響くお茶。
AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日は、高尾の森わくわくビレッジと言うトコでライブをしました。
http://www.wakuwaku-village.com/home/index.html?cont=guide/kannai

メンバーは、
テルミン奏者のロムチアキさん。
パーカッションの夏秋文尚さん。
そして、ホーメイ&ディジュリドゥの僕。

盲学校と養護学校の生徒さん達と聞いていましたが、盲学校ではなく、聾学校でした。

つまり、耳の聞こえない人たちに音楽を聴いてもらうと言うことで

「どうすればいいのか~!?」

と考える間もなく、ライブ会場へ。
最前列は聾学校の子供達、後列の方は四肢障害や知的障害の子供達や親御さん達。

例年の倍の人数と言うことで、130名位。

夏秋さんのアイディアで、ジャンベの震動、テルミンの手の動き、
ディジュリドゥの響きを体感してもらおう・・という趣旨になりました。

ディジュリドゥを客席の中に入って吹くと、みんなが手をのばして触ったり、耳に押し当てたりして奪い合いに・・!
凄いストレートな反応!

かつてない、ダイナミックな反応にとまどいつつも楽しかった。

ピアノや声楽の方達の演奏が全て終わった後で
ロムさんのアイディアで実際にみんなに楽器を
「間近で体感してもらおう!」と言うことになった。

人数が多すぎるので、会場からみんなが退場する時に出口で
ディジュリドゥ、ジャンベ、テルミンの音に触れたり肌で感じてもらいながら帰って頂くことになった。

全身麻痺で車椅子の人もディジュを耳元や体に近付けて吹くと
最初は『キャ~!!』て言ったり口から泡を吹いたりするので、
「恐いのかなぁ?」とちょっと心配になったりしたけれど、耳をこちらに近付けてきて体を揺すって喜んでくれてると言うことが解って嬉しかった。

いや~、みんなむき出しで反応してくれるのでこちらも同じエネルギーで向き合って正直凄く疲れたけれど、いままでに味わったことのない感覚が楽しかった。

いろんな人達が、それぞれの言葉や波動で話しかけてくれた。

元気な知的障害の子に

「影虎さん~五木ひろしのものまねして~!!」

と100回ぐらい言われた。

残念ながら「五木ひろしのものまね」はレパートリーにはなかったので、来年はレパートリーに加えようかと、ちょっとだけ思った。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

ちょっと前の、日記からです。(8月某日)


お~!よく寝た。
今日はな~んも予定がないぞ~!うれしぃぃ~!!

めったにつけないTVをつけると、なんと水木しげる先生が!
これは妖怪からのメッセージに違いない。
うん!間違いないな!

妖怪大戦争を見に行けと言う事だな。
よしわかった!
しかし、水木先生はいい目をしてるな~。
話もめちゃくちゃだし。素敵すぎる。

「ワタシャ100歳まで生きそうな気がするんだよ」

と言っておられたので一安心。
きっと、いつかお会い出来ると信じている。

上映まで時間があるので、岡本太郎美術館に行く事にした。
鎮守の森の中にひっそりとたたずむ、タロウ先生の聖地。
いい感じに蝉時雨・・古民家もみえるぞ。

夏ももうすぐ、終わりだね。
蝉達が命の歌を歌っている。

「明日の神話展」
これは、メキシコオリンピックにタロウ先生が依頼され製作した
30メートルにおよぶ巨大な壁画の物語。

1969年以降そんなにも巨大な壁画が行方不明となった。
そして35年の時をへて発見された。
その大壁画を日本に持ち帰り修復しようとするプロジェクトでもある。

しかし、凄いエネルギーだ爆発寸前のダイナモのようだな。

等身大のタロウ先生のパネルがところどころにあったが、
とても、小柄な人だ。

この小さな身体に、あんなベラボウなパワーと宇宙が秘められていたんだな。

水木先生もタロウ先生も共につらい戦争を体験している。
地獄を見て生きて帰って来た、とてつもない体験からでてくる
平和への想いは、極彩色のエネルギーとなってほとばしる。

あ~フラフラになった。


んで、子供達に混じってみてきましたよ~
妖怪大戦争。
映画自体には正直、あまり期待は寄せていなかったんですが・・

これ!とてつもない映画ですよ!
回りにいた子供達以上に大興奮して、
「うぁ~!がぁ~!!」と叫んでいるオレはなんなんだぁ~!

まぁとにかく、見た方がいいよ。
いまの日本の妖怪達がどんな気持ちでいるかがわかるから。

そんなこんなで、ささやかなオレの夏休みは終わりました。

今年は、花火も見られなかったし海にも行けなかったけど、
楽しい夏だったよ。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
引っ越してからというもの、通勤で電車に乗ることがなくなった。

電車ライフも離れてみると懐かしいものです。

本日は、夜から吉祥寺で用事があったので終電で帰宅。

なかなか思うように時間が取れないので、電車の中でMDを聴いて
明日のライブのイメージを作ったり、MA⇔YAの曲を繰り返し聞いてみたり、影虎&ロードマンのサウンドを吟味してみたりする。

電車の中でウォークマンを聴いたり、本を読んだりするのが好き。
移動しながらだと、なんでか集中出来るんだよね。

でも、みんな結構思い思いに電車ライフをエンジョイしてるよね。
サラリーマンもマンガ読んでみたり、女の人はメールを凄い勢いで打ってたり、お化粧なおして見たり。

満員なのにそれぞれ自分のスペースを作って、小さな結界を張っているよね。う~ん、恐るべし高等技術だなぁ。

電車ライフから遠のいた僕は、無意識の結界が張れず人間ウォチングをしてしまう。
いろんな人のオーラを見てみたり。

女性のオーラは疲れてても明るさがあるんだけど、サラリーマンのオーラは首や肩のあたりに影があってくすんでいる人が多い。

疲れてるんだろな。
ホント夜遅くまで仕事して、お疲れさまです。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
TUVA NOVA 

ホーメイとボサノバの融合。
まったく新しい音楽であります。
命名は文化人類学者のヒルカワ先生。

また終電乗り過ごして、タクシーの運転手と世間話しながら帰宅。

地球屋でのボサノバ&ホーメイのライブは、どうなることかと思ったけれど、意外や意外。

アンコールが2度もありまして大盛況でした。
これも、美しき歌姫ボサノバシンガーのNICAさんと
ナタリーワイズの斉藤さんのお力によるところが大きかったです。
(ナタリーワイズはこちら)
http://www.five-d.co.jp/nw/

いい経験をさせてもらいました。
楽しかったな~!

その後もわらわらと、深夜を過ぎてからならず者ミュージシャンが
大集結。

以前、東京のチベット神戸岩でライブをした時に一緒だった
ホット・クマさんやロック画報の編集者の人達と盛り上がり帰るタイミングを失ってしまった。

いや~いい夜だった。
これからもどんどん行くよ~!
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日は、昼過ぎまで猫とスヤスヤ眠っていまして、
夕方から吉祥寺で野暮用。

時間まで吉祥寺のアジトのひとつ
「くぐつ草」で、ゆっくりとビールを飲んで読書。
ああ、至福なり。

樋口一葉 たけくらべ。

こころざすは完全無瑕の
一美人をつくらんの外なく
目をとぢて壁にむかひ
耳をふさぎて机に寄り
幽玄の間に理想の美人を
もとめんとすれば
天地みなくらく成りて
そのうつくしき花の姿も
その愛らしきびんがの声も
心のかがみにうつりきたらず

昔は着物ひとつで、その人がどこからやってきたのか、
武士の妻か、町人の内嬢か、茶屋の女か、遊郭の女か、
すぐにわかってしまう、そのひとのIDみたいなものだったんだね。

藤鼠縮緬地小花模様
桜紅葉文様振り袖
唐浅羽織
地岩流水草木雲模様振袖

さぞかし粋だったのであろうなぁ
妄想が膨らんでクラクラした。

しかし、街に出ると無惨な格好の人ごみ。
みだれまくった日本語。
乱立するカラオケボックス。
騒音。

今の東京の街の風情は心の中にしかないものだろうか?

ぜんぜん人のことは言えませんけど。

集団で不作法の限りをつくす、コギャル達もこんなであれば・・

襟もとばかりの白粉も栄えなく見ゆる
天然の色白をこれみよがしに
乳のあたりまで胸くつろげて
烟草すぱすぱ長煙管に立膝の
無沙法さも咎める人のなきこそよけれ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
といっても、ユダヤ教のアレでも、イスラムのアレでも、
皇室で密かに行われているというアレでもなく、

オレの青春時代を怪しく彩ってくれたバンドの「割礼」
10代の頃は、電車の中でも割礼
ベッドの中でも割礼
バイトの休憩中にも割礼

といった割礼ライフを送っていたけれど
足しげくライブに通うファンと言ったわけでもなく
曲を全て知っていると言う、熱心な視聴者と言うわけでもなく
醒めながらもどこか熱い想いで聴いていた。

そんな割礼の宍戸幸司のソロライブに行って来ました。

宍戸幸司の歌声、ギターはなぜか僕の寂しい心の琴線にクリーンヒットしてしまう。

見事なほどタイム感覚が歪んだギター。
どこまでも沈んで行く歌。

宍戸ワールドにどっぷり。
誰にも宍戸氏の歌は歌えないよ。

ちろっと近況報告などをして別れた。

宍戸氏の歌のせいで、僕はまた変な夢をみるだろう。
そして歩く速度もゆっくりになるだろう。

崖っぷちのモーテルにたどり着くまでは。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
月が美しかった。
本日、十五夜ですか?

秋は一年で一番好きな季節。
夜風が心地良いし、虫の声も気持ちを内省的にさせてくれる。

今日は、影虎&TheRoadMENのリハーサル。
いろいろと実験を重ねて来たが、本番にならないとどんな音になるかは、わからない。

お互いの内から毎回新しい音が出てくるのが、嬉しい。

壊してもいい、壊れてもいい。
動機が美しければ、それでも美しい音だと感じる。

秋のせいで、とても気持ちが静かになる。
出てくる音は激しかったり狂っていたりもするが、
音がうまれて来るあの空間はとても静謐なんです。

暗闇の中のあの一点から、全ての創造がやってくる。

★★☆ライブやります。★★☆★★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

「大曼陀羅!!四畳半の大宇宙!!」

@下北沢Lete
http://www.h7.dion.ne.jp/~lete/index.html

影虎&The RoadMen / 岡山守治

9月27日(火)
Open 19:30 / Start 20:30
Charge ¥2,000 + drink
■チケット購入:
メール(お名前、連絡先、希望枚数をご記入下さい)での受け付けとなり、先着順に受付番号(01~20)を返信いたします。ご予約チケットの引替えと精算は公演当日となります。尚、当日券の有無は公演日の17:30~18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。