倍音発声法と虚無僧尺八とヒプノセラピー 青山雅明のブログ

トゥバ共和国に伝わる倍音歌唱法ホーメイや日本古来の尺八(法竹)の演奏をベースに活動中!ヒプノセラピーサロンTLUSI町田オープン!


テーマ:
MAYAの相方kayaさんと新体道の師範紅天さん滝行者のKさんと飲みに行った。
このメンツでは、話はディープになるのも仕方ない。
武術の秘話から、超能力のスプーン曲げの実演までなかなか普段できない話が出来て楽しかった。

みんなと別れてから、leteに行ってマスターのシンタロウさんが貸してくれると言うオベーションのギターを取りに行った。
奥さんのアキさんもいたので、一杯ウィスキーを飲んで帰る事にする。
色々とこれまたディープな大人の話をした。こうやってふらっと帰り道にleteに寄るのもあとわずかだなあと思うと少し淋しい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
毎日、ハイとローの繰り返しだ。
僕はかなり気分にムラがあってアップダウンが激しい。
朝は割と調子がよくイケイケなのだけど、夕方のから徐々にテンションが落ちて来て、不安定になる。
なんだか、いろんな事で申し訳ない気持ちになる。
単に、自意識が過剰なだけかもしれない。
ここ数日、夜はいつもこんな感じ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
僕は毎朝ドトールコーヒーで、カフェラテを飲むのが日課だが一つ困ったことがある。常連のド派手な格好をした熟女に、妙に気に入られてしまっているのだ。いつもは胸元の大きく開いた豹柄の服が多いが、今日は顔の付いたシルバーフォックスの襟巻きを2本も巻いていた。女性としての色香を保とうとしている努力は認めて、マダムと呼ぼう。

マダムはかつて、新宿三丁目でゲイバーを経営していて新宿界隈では有名人だったらしい。何が困るかと言うと、朝っぱらから芸能人の誰がゲイだとか、ドドールに来ているサラリーマンや一般の人を見て、あれは隠れゲイねとかあれは変態の気があるとか朝っぱらからエグイ話を聞かされるのがうんざりするのだ。

 だから僕は見つからないように、マダムから一番離れた席に座るのだが、僕を目ざとく見つけては「あら、お元気?」などと話しかけてくる。基本的に来るもの拒まずなので「元気だよ」と話しに付き合ってしまう。まあ、面白いといえば面白いので、そんな感じでマダムとうんざりしながらも朝の時間を過ごすのが日課になっている。

ある時は、「私、若い頃はよくマンボを踊ったわ」とドトールのBGMに合わせて人目もはばからず大胆な振り付けでマンボを踊り出したり、「私、歌も上手なのよ」とカスバの女を熱唱してくれたりとまあ、楽しませてくれる。
(白い視線が集まるので恥ずかしいのだが)
またある時は、豹柄のハンドバックから、むき出しのイカゲソを出してきて、「これ食べなさいよ」とイカゲソをくれたりもする。

そんなマダムだが、今朝は「あなたの運勢を占ったの」と話しかけてきた。
「何、どうなの俺の運勢?」と僕。
「この三年間は最悪よ!大殺界でどん底ね」とマダム。
勘弁してくれよ!この一年間は本当に色んな事があって、もうどん底は経験済みだと言うのに。大体僕の生年月日も知らないくせに、そんないい加減な占いがあるだろうか?とは言え気にはなる。
「いったい何占いだよ、それ。」
「秘密。でも、当たるのよ私の占い」とマダム。
だんだん腹がったってくる。
「矢でも鉄砲でも、持って来いってんだよ!もうどん底なんて怖くないんだよ!」
「あら、私と一緒ね」マダムは大笑いしている。

やれやれ。朝っぱらから疲れるなあ。とため息をつきながら仕事に向かう。これが大体の僕の一日の始まりなのだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
leteに元「たま」の知久さんのライブに行って来た。
知久さんの歌は不思議だな、楽しいんだけど哀しい感じ。
ギターもウクレレも歌も全部、知久さんの色だ。
深い世界を持った人。
久しぶりに会ったけれど少し話しをして、あまり深酒をしないように早めに帰って来た。

夕方、鬱が勃発。
心臓がバクバクして闇の中に落ちそうになる。
知久さんの歌を聴いていたら少し楽になった。
こんな時は早く眠るのが一番だ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
もう、なんだか酔っぱらってます。
下北沢の、TIBET TIBETでさんざん飲んだ。

今日は、僕のホーメイワークショップ最終回の日。
沢山の人が集まってくれた。
花束まで頂いて、なんといっていいのやら。
一生懸命、ホーメイを習得しようと今まで通ってくれた生徒さん。
こちらが、沢山教えて頂いたような気がします。

酔っぱらってなんですが、きっと声を出す事って裸でむき出しなので全部自分が出てしまうので、恥ずかしい事だと思うんですよ。
本当は。
自分を隠せないし。

僕の場合は、自分の歪みや屈折、欠落した部分。
誰でも、そんな部分があると思うのですが、それでも生きるためには何かでそこの部分を補おうと思わなければ、生きている意味なんかないんです。

みんな、なんかで補おうとして、ある人は拒食症や、過食症。
ドメスティックバイオレンスやギャンブル。
表現活動も、突き詰めて行けばそういった病理の裏返しなのかもしれません。

なんか、ただの酔っ払いの愚痴になってしまいましたので、もうやめます。
自分でも何を言っているのかよく分からなくなって来た。

ただ、生徒さん達が聴くだけではなく表現者として立とうとしていることが、嬉しい。
先生はもう何も言う事はありません。

おやすみなさい。




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
世の中とは、解らないものである。

今日、不動産屋さんに引っ越しの立ち会いの日を決めるために電話をした。ついでに、泥棒に入られた事を話すと、「更新の時に保険に加入しているので保険会社に電話してみて下さい」との事。
保険会社に電話して被害状況を話すと、
「調査してから折り返し電話をします。」

夕方に電話がかかって来た。
「調査の結果、保険が下ります。ただし、上限があるので上限内になります。」との事。

なんとその上限とは、僕が盗まれた金額と一緒ではないか!
つまり盗まれた金額がまるまる戻ってくるのである。

ミラクル過ぎて、僕の理解を超えている。
今回の事件は、一体なんだったのだろう?
考えれば考えるほど解らない。
狐につままれるとはこの事だね。

大げさかもしれないけれど、僕は何かに守られているような気がする。

僕を可愛がってくれたおじいちゃんや、おばあちゃん。(反抗期はゴメンなさい!)
僕の可愛がっていた、愛犬のシロとロン。(一匹は事故死、一匹は天寿をまっとう)
スーパーマーケットでもらって来て、大事に育てたひよこのピーコ(オスなのに)。
逃げ出しても自分で必ず帰ってくるヒナから育てた手乗りインコ。(時々イジメて悪かったな)
その他可愛がっていたいろんな動物。 (面倒見切れずに、死んでしまったザリガニや金魚たちよ許してくれ)
みんな死んでしまったけれど、なんだかそんなような者に守られている気がするのだ。

僕はいわゆる「神様」は信じない。
いかなる宗教団体にも属さない。
侵略のための大義名分にされている神様なんて信じない。
きれいな言葉でストレスのたまった人たちを搾取する薄っぺらなニューエージ思想も信じない。

でも、小さな名もない僕だけの神様だけは信じられる。
ありがとうね!

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
同い年の友人はいいものだ。
昨晩、僕の生徒さんでもあるNさんがギターとビールを持って遊びに来た。お互いに同い年と言うことが解って、意気投合したのだ。僕も若く見られることが多いが、Nさんもかなり若く見える。

どちらからともなく、ギターを弾き始めてセッションが始まる。やがてブルースハープや尺八、ホーメイなど音の世界でひとしきり遊ぶ。
ポツリポツリとどんな音楽を聴いて育ったか話し始める。

僕は小学生のときにはRCサクセション、YMO、クイーン、ドアーズ、ジャニスが好きだった。
中学になってからは、ピストルズ、クラッシュ、オーティスレディング、あぶらだこ、INU、デビットボウイ。ああ懐かしい。Nさんとかぶるもの多いな。

そして、生活の話になる。仕事の話、親の介護、旅したところ、恋人の話。など。
同級生にしか感じられない微妙なニュアンスの共感やシンパシー。
きっと、60歳になっても70歳になってもそれは変わらないのだろうな。

歳をとるごとに、しがらみや社会的責任が大きくなってくる。
僕の友人も多くは結婚したり、仕事が忙しくなったりして一緒に過ごす時間が少なくなってきた。
僕もそれなりに忙しく、社会的責任もある立場になってきたが、そんなものや一般常識にがんじがらめになって、意味もなく単純に友達と遊ぶ楽しさを忘れたくない。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
この開放感は、何だろう?

考えてみれば、この5年間は数カ月先までライブのブッキングがびっしり決まっていて、タイトなスケジュールをこなす毎日だったなあ。
好きな音楽が出来て本当に毎日充実はしていたけれど、プレシャーの連続だった。
お客さんも沢山来てくれるし、いくら場数を踏んでいるからといっても、良いライブをして満足してもらおうと思えば、それなりに緊張感は走る。精神的に落ち込んでいたり、体調が悪いからと言ってステージに立たないわけにはいかないのだから。

今、僕のスケジュールはこの先真っ白!
それがこんなに嬉しいのは、どう言うわけだろうね。

僕の人生において大切にしている事は自由さと、夢を見る事だ。
自由さとは、なにも無責任なアウトローになる事ではない。
自分で決めたルールに従うだけの事だ。
人に決められたルールに従うのはどうしても出来ないのである。

夢を見る事などと、青臭い事は言いたくないのだけれど、本当にこれは大事な事だから仕方がない。
夢を見るのは誰にでも許された事なのにそれすらしない人も多い。
自分のイマジネーションの中でなら、ロックスターにでも乞食にでも何にだってなれると言うのに。

そして、自分の夢を見たらばそれに少しずつでも近付いて行けたら良いなと思っている。

ハジけ過ぎてめっちゃ恥ずかしい事書いてる?俺。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は、僕の倍音S引退ライブだった。
昨日の日記にも書いたけれど、午前中は泥棒に入られ、刑事に事情徴収を受けたり大変な一日だった。地震もあったしね。

ライブは、吉祥寺のマンダラ2超満員だった。
トランスパランスはすばらしいパフォーマンスを見せてくれた。倍音S食われちゃうぐらい面白かったな。

倍音Sは最後の曲で、かつてのメンバーも混ぜて演奏した。
実は、フルメンバーでライブをやった回数ってそんなにない。
たぶん、20本ぐらいなんじゃないかな?
なんか、やっぱりこの5人じゃなきゃ出せない音がある。
胸にしみた。

最後の曲。トランスパランスとサティのグノシエンヌを演奏したとき、僕の背後から冥界の使者がやってきて、死人にかぶせる三角の白いやつを僕の頭にかぶせた。
リーダーのたくらみだ。
でも、実は僕にはお見通しであった。
自ら客席に退場。
笑いが巻き起こる。
一度、生前葬をやってみたかったので、良い経験になった。

僕は、死んだのだ。
今後は、余生として好きなことをして生きてゆこう!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。